MENU

年齢による変化で「転職が難しい」理由とその対処法

転職 年齢

特に、「未経験職業」に転職することを考えている場合です。年齢別に理由と原因」、対処方法を紹介します。

目次

[年齢別]転職難の理由とその対処法

「20代序盤/後半」、「30代序盤/後半」、「40代以降」に分けて転職難の理由(原因)を見てみよう。また、各ソリューションについて詳しく説明します。

20代前半の転職難易度

20代前半(第二新卒)の転職は難しい。

準備された必要人員としては見えない

その理由の一つは、20代前半では即時の力になりにくいということだ。時々彼らは第二新卒として評価されますが、すぐに効果を期待している企業にとって、スキルと経験の欠如は簡単にボトルネックになる可能性があります。

採用時に「3年以上経歴」を条件とする企業など多くの企業が即時の可能性を期待しており、20代前半には不利だといえます。

20代前半に正常に転職する方法は次のとおりです。

・卒業生を歓迎する職業を目指して

・潜在的採用を目指して

・業績と技術をアピール

基本的には、すぐに働く準備ができている人よりも、今後成長することが期待される仕事を狙うことが重要です。

「第二新卒を歓迎します」、「潜在採用」などのフレーズが書かれた採用公告は、成長を期待して積極的に採用する可能性が高いです。

面接では、自分の独創性と業績、会社に貢献できる方法をアピールできるはずです。

すぐにやめると思います。

20代前半には転職も難しい。「すぐ辞める人」というイメージが容易だからです。

会社に入ってもすぐにやめると思うだろう。

次の点を念頭に置いて、否定的なイメージを克服できる方案を講じましょう。

・転職理由を明確にする

・説得力のあるやる気

面接で聞かなかったとしても、なぜ職業を変えることにしたのか説明してください。

「会社が悪かった」のような否定的な理由ではなく、「欠けている技術を学びたい」のような肯定的な理由を提示することが重要です。

転職したい理由と一致し、面接が満足できる方法で働きたい理由について話す準備をします。

 20代後半になると実績と能力が必要

次に「20代後半」では転職難の理由を説明する。20代前半に比べて高い技術と実績が要求されます。

キャリアのない職種であると転職するのは不利。

20代後半には「経験がなくても歓迎」、「採用可能性」など20代前半に有利だった雇用に支援するのが難しい見通しです。

一部の企業では20代後半が「第二新卒」ですが、年齢差がほとんどないかもしれませんが、「潜在力」の面では若者が有利です。

既存の業務経験を活かせる分野では有利だが、「未経験職業」に支援するときは不利な傾向があります。

20代後半でキャリアのない職業で転職を希望される場合は、次の点に注意してください。

・新しい知識とスキルを習得したいという意志

・過去の経験をどのように活用できるかアピール

未熟な分野に支援するときは、20代前半に比べて成長の余地が少ないと心配しやすいため、新しい知識と技術を吸収しようという意志を示すことが重要です。その点を念頭に置いて面接をお楽しみください。

また、学んだスキルが次期業務に活用できれば積極的にアピールすることも重要です。

20代前半よりも能力と実績を強調

「キャリア」のある雇用に支援しても、20代後半の採用で強調する「能力と業績」が弱いと判断されると、転職が難しい。

20代後半に転職するときにすぐに働けると期待が高いときは、次の点に注意してください。

・スキルと実績を整理します。

・自分が会社に貢献できる方法について説得力のある説明を提供

自分が習得したスキルと実績を整理し、サポートする会社にアピールできる要素があるかを慎重に分析します。

また、アピールできる技術と実績があっても効果的にうまく人に伝える能力が必要です。説得力のある説明ができるように十分準備して面接に取り組んでください。

30代前半が未熟な職業に挑戦できる最後の機会だろうか?

「転職できる最後の機会」とも呼ばれますが、果たしてどんな姿なのでしょうか?

キャリアのない職業で転職を考えている場合は、早く始めてください

30代前半が「未経験職種」に転職できる最後の機会になる可能性が高いです。

この年齢にキャリアがなくても採用が可能だが、20代に比べて直撃弾力で期待感を高める傾向があり不利だといえる。

30代前半にキャリアのない職業に転職するときは、次の点に注意してください。

・できるだけ早く転職計画立案

・20代と差別化された魅力アピール

30代前半に職場を移動することにした場合は、できるだけ早く始めることが重要です。いつまで何をするかを決定し、職業変更のための措置を開始します。

だが、急いで転職をして条件が良くないのを選ぶよりは、転職計画先に立ててよく考えることです。会社を選択し、雇用条件を確認するときは注意してください。

今までの経験をどのように活用して貢献できるか、20代より自分をより魅力的にする側面が何かを知るように面接を準備することも重要です。

ジョブの変更回数によっては不利な場合があります

これまで「職場変更」が多かったら、その点が短所になる可能性があります。

30代前半以前に転職を繰り返すと問題が生じる可能性があるという警告を受けることができるからです。

回避策と注意点

回避策として、次の点に注意してください。

・今までの転職に「一貫性」があるというアピール

・転職を通じて得た技術と成就を強調

これまで職業を変えた目的と理由を積極的に説明することが重要です。 「目標に必要な経験を積むために」など、一貫してアピールできるはずです。

転職回数の否定的な面ではなく、何度も転職を通じて得た能力と成就の肯定的な面を感動させることがポイントです。

35歳以降は転職が難しくなりますか?

30代後半に転職がより難しくなるか?注意すべき事項と対処方法について学びましょう。

30代後半以降、年齢に合った技術と経験が必要

30代後半は、技術と経験の種類が変化しなければならない時代です。

会社で中心的な役割を果たす年齢通りに見るため、管理職の経験が求められる傾向が強いです。この年齢には担当者としての履歴だけでなく、チームを統率した履歴がなければ、転職は難しいです。

実務経験が必須なので経験のない職業に挑戦しにくいです。しかし、それでも30代後半に職業を変えることは不可能ではありません。次の点に注意してください。

・業務経験がある場合、異議申し立て

・採用必要に応じて強調する技術を選択、考案

・業種を絞りすぎてはいけません。

管理職にキャリアがあるとアピールする可能性が高いので積極的に強調してください。

また、30代後半には様々な技術と経験があり、「縮小」が必要になることもある。サポートしている会社の「必要に応じた技術」に焦点を当てることが重要です。

「産業」を絞りすぎないように注意してください。業種が違っても「職業」が同じであれば役に立つことが多い。 30代後半には有利な求人が制限されていますので、業種に関係なく考慮してください。

40歳以降は、より高度なスキルと経験が必要です

40代からは高度な技術が必要です。会社で大きく動く能力と利益に直結する活動が必要な時代です。

40歳以降は、次の種類の職業が対象となります。

・スタートアップおよび新規プロジェクト立ち上げに関する職務

・専門能力を備えた専門家の募集

キャリアの短い企業、中小企業、短期間で新しいプロジェクトを立ち上げたい企業など、「就職準備ができたキャリア」を採用する仕事を探そう。

「専門技術を持つ専門家」を求めても年齢よりは能力と業績を重視するため、40代にも採用される可能性が高いです。

40歳以上の人にとって、性格は実績と同じくらい重要です。

40代以上の人々のボトルネックは、長い経験のために考え方が固定される可能性があると考える傾向があるということです。

上司がより若いかもしれないので、良い関係を築くことができるかどうかを簡単に確認できます。次の点に注意してください。

・コミュニケーション能力にアピールできる実績を見せます。

・面接の際は自分に安住しないように回答にご注意ください。

・謙虚な口調

自身の「コミュニケーションスキル」を強調するために管理経験があるという点だけでなく、部下職員や仲間たちと良い関係を維持できる方案を講じたという点をアピールします。

「自分で実力を増やした」のような自己満足の訴えは危険だ。控えめな性格を伝えることができるように、面接などで話す方法に注意してください。

まとめ

人々が年齢に応じて職業を変えるのに困難を感じる理由はいくつかあります。理由に応じて適切な措置を講じれば、この年齢(20代から40代)での転職は難しくありません。年齢に合った求職活動を進めてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次