MENU

転職活動の不安と対処法とは

転職 不安

転職活動をはじめる前に「自信がない」「失敗したらどうしよう」「いい仕事が見つからないかもしれない」などの不安が先に思いつく方も多いと思います。また、転職が決まっても「内定ブルー」といわれる新しい勤務先への不安を感じてしまう方もいるでしょう。

そこでこの記事は不安によって「転職への第一歩が踏み出せない方」や「どのような解決方法があるのか知りたい」方のために「不安を感じる理由」と「対処法」をまとめました。転職活動をはじめると少なからず何らかの悩みはあるため、焦らず自分にあった職場を探すことが先決です。

転職活動に感じる不安の種類

あたらしい仕事を探す際の不安は以下のものが多いです。

・転職に失敗しないか

・希望の求人が見つかるのか

思う気持ちは、間違ったことでも悪いことでもありません。まず、不安の対処法を知る前に、自身の不安の種類をまず確認することが先決です。次に求職活動中に多い不安のタイプの詳細をご紹介します。

目次

転職前の不安現象

初めての経験であることや不安な活動内容によるものが多く、まず活動をはじめる初期の段階でつまずいてしまうパターンです。このようなはじめの段階でかかえやすい悩みの事例をご紹介します。まず一度ご自身に当てはまるか確かめてみましょう。

希望する転職先が見つかるのか

自身の条件に当てはまる企業が見つかるか不安な方は、まず求人を探しはじめましょう。実際に転職活動をはじめることで、希望する転職先が見つかりやすいのか判断ができます。あたらしい仕事を探しはじめると「どのような求人があるのか」「理想は高くないか」を判断できるからです。

希望する仕事や条件を満たす転職先があるのか不安は、自身がどのような条件で職を探すかによって変わってくるでしょう。スムーズに進まない場合、転職先に対する希望や理想が高いのかもしれません。条件を変えて求人を探すことで思ってもみない好条件で職場が見つかることもあります。

転職に失敗しないか

職を変えることは人生において大きな決断になるため、失敗しないようにと慎重になりすぎてしまうことがあります。しかし、現在の職を辞めて「あたらしい仕事を探そう」と思った理由があるはずです。あたらしい職場を探さない限り現状を変えることはできません。「転職に失敗するかもしれない」という不安によって転職を諦めてしまうより、まず求人を探しはじめてみてはいかがでしょうか。

勤務をしながら転職できるか

仕事をしながら転職活動をされる方の不安な点は、活動する時間がとりにくく体力的にも大変です。しかし、金銭面や精神的には退職してから転職活動をするよりも安定しやすいでしょう。また、辞めてしまうとブランクも開いてしまうので仕事をつづけながらあたらしい職場を探す方が多いです。

仕事をつづけながらの転職活動は体への負担もあるので、有給休暇などをうまく活用して無理のない範囲で仕事探しをすることをおすすめします。

内定後の不安

次に不安が襲いやすいタイミングが内定後です。「内定ブルー」という言葉があり、内定をもらえたことに一安心するのと同時に「この職場でよかったのだろうか」という点で悩んでしまうことをいいます。

内定が決まったことで他の企業に就職する道がなくなり、後戻りができないという状態に不安や怖さを感じてしまう「内定ブルー」の中でもよくある事例をご紹介します。

転職先での人間関係

転職に限らずあたらしい人間関係は誰しもが気になるものです。どうしても気になる方は会社の社風からどのようなタイプの人が働いているのか思い描いてみましょう。

しかし、実際のところは入社してみないとわかりません。人との交流関係は入社後に徐々に慣れていくものだと心の準備をしておくことがおすすめです。

自分のキャリアが通じるか

転職先でうまくやっていけないかもしれないという不安は、面接などで自分のキャリアを「アピールしすぎてしまった」「良く言い過ぎた」と思っている方に多いようです。このような方は他人からの評価を気にしてしまうため、余計に「キャリアが通じず仕事の出来ない人材だと思われてしまったらどうしよう」と考えてしまうのです。

前職のキャリアも大切ですが、あたらしい職場では働き方や方法が変わることも多いので就職先では、まず環境に慣れることやキャリアの応用することを考えてはいかがでしょうか。

転職活動が不安に感じる人の特徴

ここでは不安を感じやすい人には「どのような特徴があるのか」をご紹介します。悩みをかかえやすい方は転職だけでなく他のことでも不安を感じやすいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

ひとりで考え過ぎてしまう人

転職に限らずひとりで考えすぎたり抱え込みやすい方は、不安を感じやすい傾向があります。職場や家庭内で相談できる人がいない場合はネットなどで情報を収集するなど、できるかぎり「不安要素を減らす」ことで心の負担も減るでしょう。

ひとりで考えすぎてしまうことで、どんどん深刻に考えてしまいます。考えることはとても大切なことですが、行動も大切です。考え過ぎてしまう前に求人を探したり、履歴書を書いてみるなど行動を起こしてみるのもおすすめです。

自分に自信がない人

自分に自信がない方はとくにアピールできるキャリアが少ない方が多く、履歴書や面接で自分を売り込むポイントがないと考えてしまうからです。キャリアがあっても年齢で気後れしてしまったり諦めてしまう方もいます。

しかし、全く違う職種へ転職する場合はキャリアに関係のないスキルが必要な場合もあります。自信がなく行動に移せない方は先に自己PRについて考えてみてはいかがでしょうか。自分にスキルがないと思っていても、面接などでアピールできるポイントがあるかもしれません。新たなアピールポイントを見つけていくことで自信をもって転職活動ができ、モチベーションも保つことができるのでおすすめです。

転職活動の不安を解消する方法

「あたらしい職場で何をしたいのか」など、将来に対する期待もあるはずです。不安に思うことを考えるだけでなく、転職後の楽しみであることを想像してみてはいかがでしょうか。

なぜ転職したいのか振り返る

まず「転職をしたい」と思うきっかけがあるはずなので、今の仕事をなぜやめたいのか理由を考えることで目的がハッキリし「この理由で仕事を変えたいんだった」と思い返すとモチベーションも保つことができます。

また、転職の理由が明確になるとあたらしい仕事を探す目安や、ゆずれない項目がみえてくるでしょう。

転職先のリサーチ

ぜひその会社をリサーチしてみましょう。最近はホームページに限らず、会社に在籍されている方や退職された方の口コミをネット上でまとめたサイトも運営されています。

しかし、情報が古かったり退職された方の口コミは一時的な情報の場合もあるため、すべてをうのみにせず参考程度に留めておくことをおすすめします。それでも就職先や気になっている会社に違和感を感じたり納得がいかない場合は辞退を検討してはいかがでしょうか。

転職経験者に相談する

一番参考になるのは経験者の方に相談することではないでしょうか。転職の方法はさまざまで、人によって手段や流れは違うかもしれません。しかし、転職活動における心構えや不安の対処方法はどのような方でも参考になります。

経験者だけでなく、誰かに相談することにより不安が軽減することもあります。職場や家庭内で相談できる人がいない方は、ネット上やSNSで相談してみるのも一つの手なので検討してみましょうか。

転職不安への具体的な対策

対処法 転職先の労働環境を事前に確認する

転職先での労働環境に不安がある場合は、事前に会社の働きやすさを確認しておきましょう。

同社の採用ページには、従業員のインタビューが含まれる場合があります。転職エージェントを扱っている場合は、専門家の意見を聞くことをお勧めします。

その会社の評判については、オンラインで検索することで知ることができます。

OpenWork などの企業レビュー サイトでは、従業員による企業評価を見ることができます。実際にその会社で働いている人たちの会社に対する印象はとても参考になります。

【まとめ】転職活動での不安は多いもの

いろいろな不安の種類とその解決方法や対処方法をご紹介しましたが、いかがでしたか。転職活動における不安はタイミングやご自身の状態によっても感じ方が変わってきます。自分一人がこのような悩みを抱えているような不安を感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、安心してください。転職活動をされるほとんどの方が上記の不安のどれかをしています。こういう方は、ぜひ参考にしていただき転職活動に役立ててください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次