MENU

民間企業から公務員に転職できるか?

転職 公務員

民間部門から公務員に職業変更、売り手優待する転職市場が変わる!

2021年にコロナ事態中に開かれた東京オリンピックとパラリンピックが幕を下ろし、一方では不安を呼び起こす情報もあります。

経済が変わる時、転職を考えるときは慎重にしなければなりません。現在は景気好調で労働力が足りない状況であり、元市場は売り手にとって有利な傾向があります。転職を考えているなら、一日でも早く転職を考えたり、経済に容易に影響を受けない確かな選択をしなければならないでしょう。着実性なら一番先に浮かぶのが’公務員’です。

目次

社会人なら誰でも受験することができます

公務員試験

働く大人のための2つの主要なキャリア変更パスがあります。成功する職業変更の鍵は、合格の可能性が高い場所を採用することに焦点を当てた試験準備です。

キャリア職採用試験

必要な最大キャリア年数

キャリアを武器として公務員に転職してください!

会社員が働きながら公務員試験に受験できるよう、筆記試験の負担を大幅に減らす採用定員です。キャリアフレームに合格するために最も重要なのは、社会で働いた経験とこれまで積み重ねてきた技術を問うキャリア論文とキャリアインタビューのスコアです。

一般カテゴリ(大学卒業)

試験に受験できる最大年齢要件

様々な入試スロット!

一般フレーム検査シーン

新入社員を含め、勤続研修の要件を満たさない人は、一般職務試験を通じて公務員に転職を目指すことができます。一般分野では大卒に該当する教養試験が課せられるため、会社員が効率的に筆記試験を準備することが特に重要です。

公務員は何をしますか?

それでは、公務員は具体的にどのようなことをしますか?最初に浮かぶのは在留カード発行窓口です。公務員の本来の任務は、おなじみのことから地方自治体、都道府県、日本の未来像をデザインして実現することです。その中で住民対面作業と在留カード発行、世界各国との経済貿易交渉も行われる。たとえば、新しい道路を建設する場合、道路はどこから始まりますか?経済効果はどうなりますか?すべて公務員の仕事です。また、平和な生活を支える警察や消防署も公務員です。ご覧のように、公務員という職業は難しい面が多いかもしれませんが、公的な部分が多く、人に有利でやりがいのある職業といえます。

着実でいいのに…公務員がやりがいですか?

それぞれの仕事はやりがいがありますが、一部の人々は自社の利益と民間企業での顧客の利益の葛藤について懐疑感を感じ、短期ではなく長期的な観点から仕事をしたいと思います。それなら公務員に転職すると大きなやりがいを感じながら働けるかもしれない。

公務員は国家公務員法と地方公務員法によりその地位を強力に保障されています。また、結婚、出産、子育て、介護など、人生の出来事や転換点で安定した就職が保証されることが大きな利点です。

公務員として転職予定!

転職を考えるとき、最初に思い浮かぶのは個人企業です。しかし、公務員への転職が不可能なわけではありません。

公務員になるには、公務員試験に受験して合格する必要があります。そして公務員試験は基本的に来年4月から採用を始めるという前提のもと、前年度5月~9月頃に年1回行われます。ご覧のとおり、スケジュールだけの場合はいつ転職するかを決定することはできません。

たとえば、TACの公務員コースの場合、学習期間は6ヶ月から1年に設定されます。公務員に転職することに決めた後、試験前の勉強期間は6ヶ月から1年です。合格後、当該年度秋や冬に入社する場合もありますが、基本的には翌年4月です。

したがって、公務員として転職を決定した後、学業、試験、合格後、最終転職まで1~2年程度かかります。したがって、計画されたキャリアの変更が必要です。

公務員試験の時期は、国家公務員と地方公務員の両方を受験する公務員の種類によって異なります。一般定員の場合、国家及び地方職公務員(特別区、条例指定時、都道府県庁等)を対象に主要試験を5月と6月に実施し、民間キャリアの場合(成人就業)、9月頃になります。試験の種類と試験対象市町村の試験要件を必ず確認してください。

公務員への転職のための巡風!年齢制限緩和で試験受験確率がアップ!

公務員試験を考えたことがある場合は、公務員試験に年齢制限があることを覚えておきます。公式の年齢制限がある民間企業はほとんどありませんが、公務員の場合は年齢制限があります。年齢別に見ると、国家公務員は30歳未満、地方公務員は30歳程度だ。しかし、ますます多くの地方自治体が年齢制限を緩和しながら、試験受験の機会が拡大しています。

1 公務員の仕事は本当に残業なしに簡単だろうか?

多くの人々が公務員としての転職を考慮する理由の一つは、民間で働くときよりも夜勤なく時間に家に帰ることができるからだと思います。職員が定時に帰宅できる部署があるのは事実ですが、ほとんどの公務員が長時間夜勤をして休日をあきらめるのは国民と住民のために働くことです。

今までより多様化した社会のニーズに応えるため、様々な国と地方自治体の法と制度が急速に変化しており、社会状況は市民と住民の細心の対応が求められています。

一方、公務員の固定数は減少しており、公務員の数は年々減少している。言い換えれば、作業の数は増加し、労働者の数は減少する状況で一人当たりの作業量が増加しています。

また、日中は勤務時間には顧客応対に忙しく、退勤後や休日には業務を処理する必要があります。

では、なぜこんなに難しいことを続けるのでしょうか?つまり、結局「社会を改善したい」、「人のために最善を尽くしたい」という使命感を実現することで、いくら夜勤をしても諦めるか、昼夜もなく一生懸命働くことができます。公務員の給与は出した税金からなるので、望む公務員は、国民と住民に対する感謝の気持ちが常にあり、謙遜と奉仕精神が充満した人です。

2:驚くほど高価ではありません!公務員の給与について

公務員が「高賃金」と考える傾向があるが、これは事実大きな錯覚だ。公務員の給与は、毎年民間企業の平均給与に基づいて法律で決定されます。

イメージ上、大企業よりも低く、中小企業よりも高くポジショニングされるでしょう。標準を安くするか高く見ているかという個人の定規です。実際、民間部門で働いていたときよりも給与が低かった可能性があります。

3:福祉特典について

公務員を目指す理由の一つは、民間に比べて福祉プログラムが充実するためです。その代表的な例が魅力的な休暇制度だ。

民間企業は最初の6ヶ月が経過しなければ年10日の有給休暇を提供されませんが、公務員は初年4月から年20日の有給休暇を提供されます。また、夏休み、介護休暇、ボランティア休暇、妻の出産、育児休職など民間では使用できない特別休暇があります。

ただし、休暇を出しやすいかどうかは部署と業務量によって異なりますが、前述のように仕事がタイトで休暇がとりにくい状況です。

公務員のための社宅を低価格で賃貸できるという点も福祉制度を強化した理由として挙げられます。公務員のための安価な住宅があるのは事実ですが、2011年から老朽化により撤去され売却され、最近では住宅自体も減少しています。家賃が安いのは事実ですが、住むことができる家は場所と家族の状況によって制限されます。会社住宅のほとんどは、老朽化した配管やエレベーターのないのは数十年に過ぎません。(30年前、公務員の社屋に住んでいましたが、当時はサラリーマンの家よりも古いです。今でも外壁だけを除けばその時と同じです。)住宅施設がやや不便です。安い住宅で生活しながらお金を集めること、または住宅手当のある快適な家で暮らすことには長所と短所があります。

4 公務員は学生と青年のみ受験できる

結論的に良い人材なら学歴、キャリア、転職回数は問題になりません。

ほとんどの公務員試験には年齢制限があります(職務経験フレームには長年の経験が必要です)。公務員試験は20代前半に行われるというイメージが強いようですが、実際に多くの人が大学を辞退し、専門学校を卒業し、何度もフリーターを経て公務員となり、20年間民間部門です。公務員に転職するなど、事情の異なる公務員が公務員として活動しています。

最近は優秀な人材を多様に求めており、試験方式も人中心に変わっています。

まとめ

公務員は高額給与というイメージを持っている人も多いですが、高額給与になるには時間がかかるとともに、残業になってしまうケースも多いです。転職を考えている場合は良し悪しを知ったうえで考えるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次