MENU

未経験からコンサルタントへの道程、年齢・資格・能力は?

転職 コンサルタント

コンサルティング会社は中途採用が中心になっています。

不確実性が高まる社会の中で、コンサルティング会社の存在感は増しています。一般的な採用活動のパターンは、ある程度の実務経験のある中途採用です。

一部の企業は新卒者の採用に積極的ですが、それはこれらの企業が中途採用を尊重しないという意味ではありません。

つまり、現在これらの企業で活躍しているコンサルタントの多くは、業界経験のない潜在的な人材もドアをノックしています。

では、コンサルタントに転向した人(未経験)は、どのようなプロファイルを持ち、どのように評価されているのでしょうか?過去の事例をもとにご説明いたします。

目次

未経験からコンサルタントまで勤務|年齢は主に第二新卒~30代

中途でコンサルタントになる人の多くは、第二新卒か、実務経験10年程度の枠に収まっています。

難易度が高く希少な状況(40~50代で未経験のコンサルティング業務)

二者択一のアップ・オア・アウトという言葉が象徴するように、コンサルティング業界は非常に厳しい評価の世界です。

30代になる頃には、一般的な商社の経営者と同等の責任を負い、もちろん営業も担当しています。

ある日突然、コンサルティングの基本さえ理解していない人物が、優秀な部下のチームを率いて、コントロールして結果を出す。

カウンセラーが多忙なため、若者の体が回復力に優れていることも理由の 1つかもしれません。

MBA保有者であれば、エントリーレベルの1つ上のポジションで入社できる可能性があるためです。

未経験からコンサルタントへシフト

学歴については、具体的な学校名を聞くファームはありませんが、旧帝大一橋東京工業大学や早稲田大学上智など、国内外の学校を卒業した人が多いことがわかります。

コンサルタントは知識ではなく知恵を売る仕事をしているため、知識のレベルで判断されない場合があります。 「限られた時間の中で問題や欠点を見つけ、効果的に補う力」「努力を続ける精神力」「困難に立ち向かい、乗り越えてきた経験」などは、コンサルタントの最も基本的な資質です。ベースが合っているからこそ、合格と判断されます。

逆に言えば、上記の資質を備えていれば、一般的な学歴がなくてもコンサルタントになるチャンスは十分にあります。実はこの会社にも、大学に進学せずに専門学校に通い、数年勤めた後、コンサルティングに入社した男性もいます。

MBAは必須ではありません

MBAについてもう一度お話したいと思います。

リーマン ショックの後、MBA を取得することは、もはやコンサルタントへの直接のチケットを取得することを意味しませんでした。基本的な財務スキルの習得と、解決できない経営問題との闘いの経験は、確かに肯定的に評価されます。業界への適合点も差別要因ですが、そのために仕事を提供するファームはおそらくほとんどありません。

MBAを取得する前は何をしていたか? この一連のストーリーが確信を持って伝えられる場合にのみ、MBA は強力な武器となります。

キャリアにメリット/デメリットはあるか?

経歴に関しては、学歴など特定の目的にフォーカスしたものではありませんが、ざっと見てみると、有名企業や大企業での勤務経験者が多いです。

クライアント企業がコンサルティング会社に支払う手数料は決して安くはありません。プロジェクトによっては、数千万円から数億円を投資します。中小企業にはこの資本がありません。つまり、潜在的な顧客は、主に上場企業やその他の国内外の大企業です。

コンサルタントになると、会議室で出会う人々は、一流企業でゼロから徹底的に訓練されたトップのビジネスマンです。その内容や規模など、彼らが直面している問題を現実的に捉え、自分たちの問題として捉えていることを理解してもらい、解決策を探っていく必要があります。そういう意味では、クライアントとして似たような境遇の仕事をしたことがある人なら、アドバイザーが親近感を持っていることは理解できると思います。

会社の歴史

もちろん、多くの場合、上記は当てはまりません。小規模であっても、関連業界でコンサルティングサービスを強化したい場合、高度なサービスと絶対的なシェアを持つ企業に勤めている人にオファーすることが考えられます。

また、これは他の業界でも同じようですが、年齢以上に頻繁に転職すると、転職者と見なされ敬遠される可能性があります。

未経験からコンサルタントへの移行過程で必要な資格と能力

ご存じのとおり、コンサルタントは独占企業ではありません。 「この資格を持っていればコンサルタントとして認められる」というものはありませんので、以下にほとんどのコンサルタントが持っている資格を挙げてみましょう。

公認会計士・税理士

最も人気のあるものの 1つは、CPAです。資金の流れから会社の評価まで、B/SやP/Lまで理解できる会計士は、最終的に「どうすればクライアントの会社が儲かるのか」を考えるコンサルタントと相性が良く、比較的汎用性の高い資格です。また、現在グローバルスペシャリティとされている企業の多くは、会計事務所のコンサルティング部門に根ざしており、会計士とコンサルタントの親和性の一因となっている可能性があります。

税理士資格をお持ちの方でも、税の専門家、特に金融の専門家である方は、事業再生などの分野で評価が高くなる傾向にあります。

IT コンサルタント、SAP、Oracle などの場合

その他の資格が、会社や部署がカバーする分野と一致していれば有利です。例えば、社会保険労務士の資格を持っている人が人材会社に入社したり、医師免許を持っている人が医療系の会社に転職したりのケースです。また、IT企業では、公的資格以外にも、SAPやOracleの認定コンサルタントとして就職するケースが多いです。

資格・能力

英語力が最重要

最後に、最近の採用傾向として、他の資格よりも英語力が重視されています。少子高齢化の影響で、内需が避けられない日本では、企業は将来の成長ドライバーを海外に求めなければなりません。つまり、自社をサポートするアドバイザーが世界規模で活動できる必要があります。

数年前までは「TOEICスコア〇〇以上」という目安がありましたが、今ではネイティブスピーカーと会話できることが普通の要件になっています。TOEICで100点であっても、仕事で英語を使っていないと評価されないところまで来ています。目標がコンサルタントになることなら、英語力を向上させることを強くお勧めします。

職歴について

現在どのような仕事をしているかというと、戦略コンサルティング会社と他社では傾向が違うので、分けて説明します。

第一に、戦略会社が業界未経験の人を選ぶとき、それは十分に潜在的な採用スタンスをとります。ファームというと、「事業会社の企画部門や事業開発部門での勤務経験がある方」「経営者・非経営者問わず、やりがいのある経験をお持ちの方」などの言葉をよく耳にします。これは、ポテンシャルを見積もる方法の例です。

官僚、研究者、医師、NPOなど、さまざまなバックグラウンドを持つ人がいます。いわゆる「グラウンディング」と対人スキルが卓越したレベルにある限り、戦略的ファームの選択には経験や知識はほとんど必要ありません。

一方、他のファームでは、対象産業に関する多かれ少なかれ知識が必要です。実際、システムに触れたことのない人がITコンサルタントになることは非常に難しく、財務諸表を見たことがない財務会計コンサルタントはいないでしょう。

ただし、必要な知識を持っていても、淡々と日常業務をこなすだけでは評価点にはなりません。大きなミスなく仕事ができたということではなく、仕事自体の仕組みを改善して作業効率を上げた経験や、設計管理手法を通じてプロジェクトメンバーの生産性を向上させた経験が必要になります。

重要なのは、「現状を正確に把握した上で問題点を洗い出し、論理的に解決策を導き出し実行する」というコンサルティング的なアプローチで、日々の業務の中で目に見える成果を上げてきた経験です。

なぜ未経験からコンサルタントに飛びつくのか? |モチベーション

未経験からコンサルタントの仕事に就くまでの年齢、学歴、会社歴、資格、職務内容について解説してきましたが、コンサルタントに転職したいというモチベーションも重要な要素です。

コンサルティング会社として、なぜコンサルティング業界に飛び込んだのか、複数のコンサルティング会社の中からその会社を選んだ理由、入社後に何がしたいのか、何ができるのかを事前に知りたいものです。

応募の動機付けのポイントとして、自分のキャリアを振り返り「何ができるか」を整理し、「競合他社が応募しているかどうかを知る」ことがポイントです。

コンサル会社特有の面接対策 

コンサルタントへの転職を希望する場合の「面接対策」が、他の職種との選考プロセスの違いです。

過去の転職成功事例を理解し、自分に当てはめることも大切 |

仕事をカウンセラーに変えた高齢者の事例について学ぶことは、彼ら自身の将来をモデル化するための良いヒントになるでしょう。

転職成功事例

一人で悩むのではなく、まずは業界専門のエージェントに相談しましょう。

要件をいくつかの項目に分けて紹介していますが、ここで話していることは大まかな考え方にすぎません。実際の転職事例は一様ではなく、過去の常識が今後も通用するとは限りません。 コンサルティングに興味はあるが、最初の一歩を踏み出す方法がわからない場合は、いくつかのコンサルティング会社の専門家に相談することをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次