MENU

「転職活動に必要な項目及び書類及び確認事項」

転職 必要書類

退職時、支援時、面接時、入社時に必要な書類、求職前、備品書類、確認すべき事項をまとめました。各タイミングで何を準備し、活動を進めながら、何を確認するかを想像して事前に準備します。

目次

転職前必須項目/書類及び確認事項

【必要なもの】

個人のメールアドレス

コンピュータ

携帯電話/スマートフォン

スケジュール管理ツール/スケジュールブック

お金(特に退職後職場を移す場合)

【確認する事項】

いつ頃退職できるのか

仕事を変える目的は何か?

職場を選ぶ条件は何か?

家族がいれば理解が得られるか?

転職中または退職後の財政的問題はあるか?

必要なもの

基本的には、離職活動を開始する前に事前準備する必要がある書類はありません。多くの人がすでに持っているので仕事を始めることができます。「個人Eメールアドレス」、「コンピュータ」、「携帯電話/スマートフォン」は、サポートしている会社とのシームレスな連絡に必要です。また、コンピュータはサポート文書を準備するために使用されます。履歴書はコンピュータで書くのが一般的です。

公共コンピュータを利用して離職をすることはお勧めできません。就職活動は多くの個人情報を扱います。不特定多数が使用するコンピュータに履歴書や職務履歴ファイルを残したり、ブラウザにログイン情報を残したりすると、個人情報が漏洩する可能性があるからです。個人情報が漏洩する恐れがある場合は、パソコンで支援書類を準備することをお勧めします。

離職の過程で複数の会社を同時に選択するのが一般的です。混線を避けるためには「一定管理ツールやスケジュール場」を用意するのが良いです。また、離職により年間所得が減少したり、退職後に就職活動が長くなった場合に備えて、現在の生活様式を維持するのに十分な資金を準備することも重要です。

確認すべき事項

「いつ退職することができるか?」という質問を求職を始める前に、自分に投げなければなりません。中途採用する企業は「いつ入社するのか?」について悩みが多いです。入社日が不明確な場合は、いくら経歴があっても採用が延期される可能性があります。

同時に、「転職目的」と「新しい職業選択条件」を構成することをお勧めします。何を得るために職業を変えても、決して妥協できない条件は重要ではないので、明確にしてください。これが明確でない場合は、サポート会社を選択し、入社提案を受けた後に入社するかどうかを判断するのが困難になります。最悪の場合、望むものを手に入れることができないかもしれませんし、最終的には退職に失敗するかもしれません。

仕事の変化の軸は何か? 「条件を整理して優先順位を決めよう

また、家族がいれば「家族の理解」も必要です。また、住宅ローンを受け取りたい場合は注意してください。住宅担保ローンをするとき、雇用期間を条件にすることができるからです。そのような「金融問題が発生しているか」も確認してください。

申請の際に必須項目及び具備書類

【必要なものと書類】

履歴書

送信手紙

写真

署名スタンプ

筆記具

【確認する事項】

申請書にスペースがあるか?

申請書にタイプミスがないか?

申請書の内容は、サポートしている会社と一致しているか?

必要なものと書類

サポート方法によって異なりますが、通常、サポートには「履歴書」、「就職履歴」、「送付状」の3つのサポート文書が必要です。市販の履歴書を購入したり、キャリア変更サイトで作成した履歴書をダウンロードしたりできます。

履歴書はコンピュータで書くのが一般的です。しかし、履歴書は決まった形式がないため、最初から作るのは難しいです。離職サイトで提供するサンプルをダウンロードしてまとめて作ってみるのも良いようです。最初から自己紹介を作成するのが難しい場合は、インターネットに配布されたテンプレートを活用することをお勧めします。

紙の履歴書を提出する場合は、ほとんどの場合、履歴書に添付する写真や印章も用意する必要があります。履歴書の写真は、書類選考結果に影響を与える重要な要素です。良い印象を与えることができる写真を準備したい場合は、服、ヘアスタイル、メイクなどが整理されていることを確認してください。写真館で写真を撮るのもおすすめです。もちろん、封筒や手書き履歴書に住所を書くためには筆記具も必要です。

確認すべき事項

支援の際に必ず確認すべき事項の一つは、支援書類が公式の業務文書として確立されたかどうかです。入社支援書に空白やスペルミスがある場合、重要な書類を不注意に処理する人や入社動機がない人の印象を与えることがあります。詳細をよくご確認ください。

書類選考に合格するためには、支援書類に記載された内容が支援しようとする会社及び職務と一致することを確認することも重要です。やる気や自己プロモーションだけを利用すると、合格確率が下がる可能性があります。心を尽くして一つ一つ作っていこう。

面接時必要なもの ・書類及び確認事項

【必要なものと書類】

履歴書

面接服装(洋服共通)

A4サイズ用バッグ

サポートしている会社の連絡先と住所のメモ

筆記具

【確認する事項】

サポートされている会社の住所と連絡先をメモしているか?

面接の際に話すべき内容を整理して練習したか?

衣装、ヘアスタイル、メイクに乱れはないか?

携帯電話/スマートフォンをオフにしたか?

必要なものと書類

オンラインサポートなどを通じて、面接時間までに履歴書またはキャリア事項を提出していない場合は、面接当日の履歴書およびキャリア事項の提出を要請することができます。封筒に入れてお持ちください。

面接に適した服装も必須です。スーツは基本だと思います。スーツは事前に洗濯し、シャツとブラウスはアイロンをかけてください。面接ですっきりとしっかりとした姿がとても大切です。A4サイズに合ったバッグをおすすめします。持ってきた履歴書や履歴が毀損されるのを防ぐためです。

面接対象会社の連絡先と住所をメモしてください。約束の時間に遅れたり迷子になったりすると便利です。スマートフォンにも保存しておくと良いです。インタビュー中に筆記用の筆記具も持参することをお勧めします。

確認すべき事項

必要な項目と書類が重複していますが、面接出発前日または前日にサポート会社の連絡先と住所を必ず確認しておいてください。また、インタビューの前日までにインタビューで話す内容をまとめて練習してください。多くの人が特定のキャリアを築いたら、あえて面接練習をする必要はないと思います。しかし、自分の背景や感情について公に話すのに慣れている人はほとんどいません。キャリアがあっても面接では話せないことが多いので、ぜひ練習を上手にしてください。

面接当日 面接直前に服装、ヘアスタイル、メイクがうまくいっていることを確認します。面接時の外見も評価される。整理を終えて受付に移動しましょう。また、携帯電話/スマートフォンの電源を切ることをお勧めします。

求人/退職時に知っておくべきこと/書類及び確認すべきこと

【必要なものと書類】

非公式決定通知/労働条件通知

退職申請/退職通知書

健康保険カード

年金手帳

辞職

雇用保険カード

源泉徴収伝票

健康証明書

【確認する事項】

就職提案を受けた会社に入社し、離職の目的を達成することは本当に可能か?

非公式提案書の内容と労働条件のお知らせが選抜過程で会社で説明した内容と異なるか?

退職日と退職日について現在の会社から同意されているか?

退職時に仕事の移動とスケジュールが適切であるかどうかは明確か?

必要なものと書類

非公式な決定と退職の時点でさまざまな手順が発生します。これに必要な書類の数と種類は、会社や状況によって異なります。ここで主な内容を選んで紹介します。

まず、採用公告を受けると、選抜過程を通過した業者から「就職通知書」と「労働条件通知書」を受けなければならない。これらの文書がある場合は、確認し、必要なものと一致していることを確認してください。複数の会社から採用提案を受けた場合は、規約を比較して入社する会社を決定し、受諾意思を会社に知らせます。

次に、「辞職」が必要です。退社申請書は、現在在職中の会社に特定の日付に退職するよう依頼する文書です。会社によっては、書面による要求を提出する必要はなく、場合によっては口頭の要求で十分である場合があります。辞職は、辞職が確定した後に辞職するという事実を会社に知らせる文書です。ここでも書面ではなく口頭で申請する場合もあり、システムで申請する場合もあります。

また、退職時には、「健康保険証」、「年金手帳(会社に委託した場合)」、「別紙」、「雇用保険証」、「出所」などを会社に返却しなければなりません。登録した会社から受取伝票を受け取ります。

新規会社に提出しなければならない代表的な書類は「源泉徴収証明書」と「健康診断書」です。会社の要請に応じて源泉徴収伝票を提出すればOKです。健康診断書を直接作成するか、会社が指定した病院で健康診断を受ける必要があります。

確認すべき事項

就職提案を受けた後は、提案を受けた会社に入社し、本当に離職の目的を達成できることを常に確認する必要があります。多くの人が転職するとき、転職の本来の目的を忘れる傾向があります。求人を受けた会社が目的を満たす会社であることを確かめなさい。

また、採用公告および労働条件の通知内容をよくご確認ください。年間所得、月収、ボーナス、福利厚生など様々な項目を確認できます。月給の内訳、年俸に対するボーナスの割合、ボーナスの変動幅は企業ごとに大きく異なりますので、必ずご確認ください。何も知らずに就職提案を受け入れると、後で後悔したり、問題が発生する可能性があります。

退職の観点から退職するという事実と、退職日について現会社の同意を得たかどうかを確認することは絶対に必要です。退職と退職日は自分で決められるものではありません。手順に従い、会社の承認を得てください。

辞職書を受け入れた後は、後任者に職務を譲渡する必要があります。無理なく業務を引き継ぐことができるスケジュールを組んで、後任者や取引先に過度の負担を与えないように注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次