MENU

転職できない理由を見つけよう!|転職に成功するためのコツもご紹介!

転職 できない

「転職できない」という場合、2つのパターンがあります。1つは「転職したいけど、自分を雇ってくれる会社は今の会社しかない」「転職活動したいけど、時間がない……」というような転職したいと考えているのに転職活動自体していない場合、2つ目は「全然採用されない!」「面接でうまく話せない……」といった転職活動はしているが企業から採用されない場合。どちらの場合も根本的な理由があり、改善しないと転職に成功することはできません。転職できない理由を知り、解決策を見つけ、転職活動を成功させましょう。

目次

転職できない理由は?|【転職活動前】

転職したい気持ちはあるのになかなか行動に移せず悩んでいる場合は、一度自分の心を整理してみることが大切です。転職に対しての心のハードルが高いのかもしれません。心のハードルを下げると転職活動に前向きになれます。なぜ、転職活動ができないのか自分の心を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

自分に自信がない

「この会社以外に自分を雇ってくれる会社なんてない!」「新しい会社に行っても馴染めないかも……」など、自分に自信を持てないと転職活動に前向きになれず、転職活動ができません。心が行動の邪魔をしている状態になっています。転職を考えているのなら、自分の心と向き合い、自信を持って転職活動にあたりましょう。

時間をつくれない

仕事を辞めずに転職活動する場合は、日々の仕事に追われて時間をつくれず、転職活動ができない場合があります。大々的に転職活動してますと言うことはできませんので仕方がない面もありますが、時間は自分でつくらなければなりません。求人を毎日確認するなどの小さなことでも構いませんので、コツコツとやってみましょう。

なぜ転職したいのか理由がはっきりしていない

なぜ転職活動したいのか理由を明確にしていないと、転職に対する動機が弱くなってしまいます。そうすると転職活動自体がおっくうになり転職活動ができません。仕事を辞めていない場合はいつの間にか「今の会社を変える必要ってあるのかな?」「今の会社でもいいかも」という考え方になってしまいがちです。モチベーションを高めるためにも、転職理由ははっきりさせておきましょう。

転職できない理由は?|【転職活動中】

企業から内定をもらえず、転職できないときは自分の転職活動のしかたをもう一度振り返ってみましょう。何か理由があるはずです。やみくもに求人に応募するより、原因を探して弱いところに対処する方が転職できる確率が上がります。今一度自分の活動内容を振り返ってみましょう。

【転職活動中にできない理由】

  • 自己分析が不十分
  • 面接対策ができていない
  • 社会人としての自覚やマナー足りない
  • 年齢的に厳しい
  • 企業分析に力を入れていない

自己分析が不十分

自分のアピールポイントが把握できていなかったり、企業が欲しい人材とずれていたりすると、採用担当者に自分の良さが伝わらないため、採用されにくくなります。実は自分を客観的に見ることは非常に難しいことです。転職サイトの自己分析ツールを使ったり、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに客観的にみてもらい、フィードバックをもらうといいでしょう。

面接対策ができていない

面接で出される質問に対してうまく答えるためには、面接対策をすることが重要です。面接は日常的にするものではありませんし、書類のように回答を何回も見直して提出できるわけではないので難しいですよね。転職エージェントならキャリアアドバイザーに相談できます。また、キャリアアドバイザーが面接官になって模擬面接をしてくれる場合もありますので利用してみましょう。

社会人としての自覚やマナー足りない

社会人としての自覚やマナーがないと判断されれば、内定はもらえません。書類の内容だったり、面接に挑むときの格好なども判断材料になります。いくら面接での回答が良かったとしても社会人としてのマナーがなければよい印象を持ってもらえません。社会人としてのマナーはネットでも調べられますので、確認してみましょう。

年齢的に厳しい

未経験の業種の場合は年齢が上がると採用されにくい場合があります。企業の中には若いうちに採用して長期的にキャリアを形成しようと考えているところもあり、求人に年齢制限をかけているところもあります。30代以上で未経験の業種に挑戦しようと考えているときは、今までに培った経験やスキルを上手く伝え、未経験でもその他のアピールポイントで勝負しましょう。

企業分析に力を入れていない

企業が求める人材を理解し、自分がその人材に当てはまることを伝えましょう。面接で話しが盛り上がったとしてもきちんとした受け答えができていないと採用に繋がりません。企業が欲しい人材がどういう人物なのかを考え、それを想定した回答を心がけてください。

転職に成功するための6つのコツ

転職は自分で少しずつ進めていくものなので途中で投げ出したくなったり、辛くなったりするときもありますが、できるだけスムーズに転職活動を行うために必要なことを紹介します。転職活動は自分の人生を考えることにも繋がります。「今までは仕事中心で生きてきたけど、プライベートも充実させたいから休みが多い会社に転職したい」といった条件面も考慮し、よりよい生活ができる会社に転職しましょう。

転職したい!という強い気持ちを持とう

転職はモチベーションを高く保っていないと、続けることが困難です。特にまだ仕事を辞めていない場合は、このままでも生活ができるのでやる気がおこらない理由になってしまいます。「転職して年収を上げたい」「キャリアアップしてワンランク上の仕事がしたい」など、なぜ転職しなければいけないのかを自分でしっかりと把握し、転職したい!という強い気持ちを持って転職活動に励んでください。

徹底的に自己分析をしよう

自己分析は、絶対に必要です。企業分析も一緒に行い、自分が行きたい企業に求められる人材かどうかを考えてみてください。もしかしたら、自分が行きたい企業だと思っていたところが自分の強みと合わないところかもしれません。逆に自分の強みとぴったりの企業が見つかる可能性もあります。また、転職活動は自分の生き方を考える機会でもあります。自分をしっかり分析し、自分の人生で何が大切なのかを考え、充実した人生を送るための職場を見つけましょう。

転職先に有利な資格を取ろう

少しでも有利に転職活動を進めたいなら、行きたい企業にとって役立つ資格を取っておきましょう。不動産会社であれば、宅地建物取引主任者などの資格を取っておくと企業にアピールできます。行きたい企業が未経験でも、役立つ資格を保有しておけばこのために努力してきたという意気込みが伝わるでしょう。

複数の企業に応募しよう

やりたい仕事がある企業にはいくつか応募しておきましょう。第一希望に内定するのが一番いいのですが、第二希望~第五希望ぐらいまでは同時にエントリーして転職活動の効率化を目指しましょう。

いつまでに転職するかを決めておこう

期限を決めて転職活動しないと、だらだら長引いてしまったり、途中で諦める理由になったりします。まずは、この日までに転職を決めるという目標を立てて転職活動のスケジュールを組みましょう。目標があれば、この日までに自己分析を終わらせる、この日に書類を提出するなどの計画を立てて実行しやすくなります。

転職期間の目安は状況によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月程度かかることは視野に入れておきましょう。早く決まる場合もありますが、時間をかけてじっくりと転職先を選ぶことによって、自分に合った職場が見つかる可能性があります。自分自身が優先する条件に適した職場の場合は率先して行動していくのがおすすめです。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントに登録すると求職者一人一人にキャリアアドバイザーがつきます。キャリアアドバイザーは転職のプロですので安心して何でも相談してください。自己PR文の添削や企業分析を行ったり、模擬面接をしたり、面接に進んだ場合の日程調整もしてくれます。転職エージェント会社はたくさんありますので、自分に合った会社を見つけて登録しましょう。

転職できない→転職成功!に変えるために

転職できないと考えているのは実は自分自身です。転職できない理由を探し、改善策を探すことで転職できる道が開けます。まずは、自分自身のやりたいことを明確にし、それに合った仕事を探すことから始めましょう。「これがやりたい!」と強く思うことが転職活動の第一歩です。やりたいことが決まったら、転職活動をはじめ、希望する企業の内定を手に入れてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次