MENU

不安・緊張に負けない転職初日の過ごし方

転職 初日

やっとの思いで転職先が決まり、安堵する暇もなく訪れる不安と緊張。「新しい職場で自分はうまくやっていけるのだろうか?」と誰しもが体験したことがあると思います。

そんな不安や緊張を抱えるのはごく自然で当たり前の事です。新しい環境に足を踏み入れる瞬間はいつも不安と緊張はつきものです。

しかし、そんな不安と緊張もコントロールすることができれば良いスタートを切ることができます。今回はそんな転職初日の不安と緊張に負けない良いスタートを切るための準備をご紹介します。

目次

《不安や緊張に負けない転職初日のための準備》

事備準備を行うことで、不安や緊張に負けない強い自信を作ることができます。

「ここまで準備を行ったのだから大丈夫」と自分が納得するまでしっかり準備をすることが大切です。

<出社する場所・集合時間・出勤方法の確認>

出社する場所、集合時間は事前に会社側や転職エージェントに伝えられているものです。

では、あなたはその場所にどれくらいの時間をかけて到着できるかイメージできていますか?この事前準備をすることで、安心して目的地に余裕をもって到着することができます。

また初めて訪れる場所などはGoogleマップなどの地図アプリを活用していくことがポイントです。

次に出勤方法です。あなたが交通機関を利用する場合は利用する路線、バス停をNAVITIMEなどの交通アプリなどで把握しておきましょう。

このときに、どのくらいの時間帯が混んでいるのかなど調べておくことで、席に座れてリラックスして出勤することができます。

自家用車で出勤する場合も同様で、どの時間帯に道が混むのかを把握することで、余裕を持って出勤することができます。

余裕を持ってるということは、精神的にも落ち着きスムーズに活動することに役立ちます。

<身だしなみ>

メレビアンの法則を皆さんはご存知ですか?これは、アルバート・メレビアンという学者が人の印象に対して唱えた法則です。

それは、人の印象を決めるのは視覚・聴覚・言語情報の3つを参考に判断しているという内容です。

中でも、視覚情報では55%もの割合を占めています。人の見た目は9割りという言葉はあながち間違いではないのです。

どのような仕事でも第一印象は凄く大切なものです。それによって、あなたの将来が大きく左右されます。では、どのような印象を与えるのがいいのでしょうか?

それは、清潔感です。清潔感のある印象を与えることは、誠実な印象をも同時に与えます。

髪型は、基本的に男女ともにスッキリとしたショートヘアが良いです。その他にも顔全体がはっきりと見える髪型やボブのような髪にまとまりがある髪型も清潔感のある印象を与えます。

次に、服装です。スーツはシワなどがなく、サイズは自分の体形に合ったものを着用しているか?襟ぐりや袖ぐりに汚れが付着していないか?これらのポイントを男性と女性で下記にまとめています。

■男性

  • スーツやシャツにシワがないか(アイロンがけされている)
  • 袖ぐりや襟ぐりに汚れがないか
  • 自分の体形にスーツが合っているか
  • シンプルなネクタイを着用しているか
  • 奇抜なデザインな靴や色のものは着用しない

■女性

  • ベーシックなデザインの質の良いスーツ・シャツ
  • 自分の体形に合ったスーツ・シャツを着用しているか
  • ストッキングの色や柄が派手でないか
  • ミニスカートや短パンなどは避ける

<持ち物>

初出勤日にあれがないこれがないと慌てたくはないですよね?当日に慌てないためにも持ち物を事前に準備しておくことが大切です。

持ち物は、会社や転職エージェント側で要求されたもの以外に、下記のものを持っていくといいでしょう。

  • 筆記用具・印鑑
  • メモ帳
  • ハンカチやティッシュなどのエチケット用品
  • 腕時計

<自己紹介文>

初出勤日、絶対に訪れる自己紹介。自己紹介は、これからともに働いていく上司や先輩方に自分の第一印象を決める重要な場面です。

事前に自己紹介文を考えて、良い第一印象を与えましょう。では、どのような自己紹介が上司や先輩方に良い印象を与えるのでしょうか?

自己紹介は自分を知ってもらうための行為です。なので、まず初めに相手に自分がどういう人間なのかを伝えるために、聞き手を意識して大きな声ではきはきと喋ることを意識しましょう。

そして、表情も緊張などで強張った表情ではなく、明るい表情を意識しましょう。もしも、自己紹介中に間違えたとしても明るい表情がその場を助けてくれます。

最後に自己紹介文の内容としては、親しみやすさをだすために趣味や出身地を織り交ぜながら、今後の仕事に対する意気込みをポイントにおいて自己紹介文を作りましょう。

特に仕事に対する意気込みとしては、会社の経営理念などを調べておき、その情報と意気込みを繋げることで意気込みの強さがより伝わりやすいです。

最後に、自己紹介文での注意事項ですが、自分のことを良く見せすぎようとしないことです。良い印象を与えようと意識しすぎて、話を盛りすぎてしまい失敗してしまう話をよく耳にします。

そんな盛りすぎた話は相手にいつか嘘だと感じさせます。そうではなく、話を盛りすぎずに簡潔にありのままの自分を伝えることが大切です。

<<転職初日の振る舞い>>

転職初日は企業によって様々な一日のスケジュールだと思います。どのような振る舞いをすることで一日を快適に過ごせるのでしょうか?

ここでは、そんな不安や緊張を解いて円滑に新しい職場での初日をスタートさせる振る舞い方を一般的な転職初日の流れに沿って紹介していきます。

〈出勤〉

まず、スタートは出勤です。家を出る前に、持つべきものは持ったか、電車の乗り間違いがないよう今一度確認しておきます。

そして、会社の到着時間としては5分前。ではなく、10分前くらいが妥当です。なぜ、10分前なのでしょうか?

その理由は、上司や案内役の人事など様々な方とお会いするわけですから、最後に自分の身だしなみを確認または整えるための時間として10分前が妥当だからです。

〈配属先部署への移動〉

上司や案内役の人事の方とともにいよいよ新しい仕事場へ移動します。この時にも、より良いスタートを決めるためのポイントが隠れています。

配属先へ移動している間、たくさんの先輩社員や他の部署の方々とすれ違うと思います。その際に、『おはようございます』と一言明るい表情で挨拶しましょう。

先程でも述べましたが、人は第一印象が大切です。あなたの何気ない明るい挨拶が回り回って、仕事を助けてくれる力や新しい職場での人間関係をより良いものにしてくれます。

〈オリエンテーション〉

正式に社員になるためには、手続きは欠かせないものです。また、改めて会社の方針、組織図や業務内容など様々なものがここで説明されます。

ここで、ポイントとなるのがメモ帳と質問するということです。メモ帳を広げて書き込むことで、案内役の担当者にやる気などのポジティブなイメージを与えることができます。

質問も同様です。分からないことは後々に苦しみを生みます。苦しむ前に、自分の中で理解できなかった部分などは積極的に発言していきましょう。

ここでの注意としては、ただ書くだけでなく、分からない点やしっかりと自分の中で咀嚼して整理した点をメモするように心がけましょう。

〈配属先での挨拶〉

挨拶で重要となるのは、振る舞いと話す内容の2点です。初めに話す内容のポイントは、下記の点を押さえておくと良いでしょう。

  • 氏名
  • 経歴
  • 趣味や休日の過ごし方など
  • 入社のきっかけや意欲
  • 入社後の抱負

最後に挨拶での振る舞いポイントは、すごく単純です。表情を明るくハキハキと喋ること、聞き手を意識すること以外ありません。

聞き手を意識することで、話す内容も明確かつ短いものとなるため結果的に良い挨拶ができます。

また、長すぎると相手を退屈にさせたり、自己中心的なイメージを相手が思う可能性もあるため要注意です。

〈業務〉

前任の方からの引き継ぎや業務内容の説明などを受けていよいよ業務開始です。

ここでポイントとなるのは、分からない部分があればすぐに上司や先輩方に聞くことです。理解していないのに業務を進めることは、大きなミスにも繋がります。最初はどんな人でも仕事内容はわかりません。わからない事をしっかりとわからないといえる人こそ成長します。

間違えた時や仕事内容がわからない時には、何故自分が理解できなかったかを細かく分析し次にいかすことが重要です。

自分の行う業務を明確にすることで、仕事がスムーズに進みます。また、聞く事によって上司や先輩方との信頼関係が築くことに繋がります。

まとめ

転職初日は自分の人柄を相手に伝える大チャンスです。自分がどんな人かを共有する事によって仕事上での付き合いや関係性が大きく広がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次