MENU

転職向きなのはどのタイプ?履歴書フォーマットについて解説

転職履歴書 フォーマット

転職と聞くと、まず履歴書が思い浮かぶ人は多いでしょう。現在、履歴書のフォーマットは、さまざまなものが出回っています。厚生労働省が推奨するものや転職に適したもの、パート・アルバイト用などいくつか種類があり、状況に合わせて選択することが可能です。

また、一昔前は書店などで購入するのが主流でしたが、インターネットでのダウンロードや自動作成などが可能になって選択の幅が広がった分、どれを選んだらいいのか迷いやすくもなったのではないでしょうか。

本記事では、転職に適した履歴書のフォーマットの種類や選び方について解説します。

目次

転職向けならどこを見る?履歴書のフォーマットを選ぶポイント

履歴書のフォーマットには、用途によっていくつか種類があり、その中には転職に適したものも多く存在します。しかし、同じ転職でもこれまでの職歴が多いか少ないかによって使うべきフォーマットが異なるため、どれでもいいというわけではありません。

ここでは、転職に適したフォーマットの種類や特徴をご紹介します。

JIS規格の履歴書と厚生労働省履歴書様式例

JIS規格の履歴書とは、日本工業規格(Japan Industrial Standards)の規定に基づいて作成された、全国で統一された履歴書フォーマットのことで、これまで公正な採用選考を確保する観点から、厚生労働省も使用を推奨していました。

しかし、2020年7月に日本規格協会によってJIS規格の様式集から削除され、その後厚生労働省から履歴書のフォーマットが新たに検討、作成されることとなりました。それが、厚生労働省履歴書様式例です。

厚生労働省はこのフォーマットの使用を推奨しておりますが、だからといって、必ず使用しなければならないというわけではありません。ただし、企業側から指定がある場合は、必ず指示に従いましょう。

厚生労働省履歴書様式集はインターネットから無料でダウンロードすることが可能です。学歴・職歴の記入欄が広めに取られているのが特徴で、最も企業が重視しているといわれる「職歴」部分をアピールできるつくりになっているため、転職に適しているといえます。

転職なら職歴欄が多い履歴書フォーマットを選ぼう

多くの職を経験してきた人には、職歴欄が多いタイプの履歴書がおすすめ。これまでどんな企業で勤めてきてどんな仕事をしていたかなどを省略することなく書けるため、強みを存分に発揮できます。多くの場合、「転職用」として職務経歴書とセットで売られています。

逆に、これまでの職歴が少ないという人は、職歴欄よりも志望動機や自己PR欄のスペースが大きなタイプを選ぶとよいでしょう。上記のタイプと同様のものを使用すると空白が目立ってしまい、あまり印象がよくありません。こちらは「一般用」として売られています。

武器になるような資格をたくさん持っている人は、資格欄が多いものを使用するのもひとつです。ただし、あまり関係のない資格は、たくさん持っているからといって並べても、あまりプラスにはなりません。応募に必須なものや関連性のあるものを書くようにしましょう。

たかがフォーマットですが、されどフォーマット。些細なことだと思われるかもしれませんが、人気の求人でライバルが多い場合、小さなことで採用を逃してしまうなどということもあり得ます。自分の状況やスキルなどに合わせて、適切なものを選ぶようにしましょう。

履歴書フォーマットはどこで手に入る?3つの探し方をご紹介

前述のとおり、以前は書店やスーパー、コンビニなどで購入するのが主流だった履歴書のフォーマット。ほかには、どんな入手方法があるのでしょうか。ここでは3つの探し方をご紹介します。

店舗で直接購入しよう

履歴書のフォーマットは、現在でも書店やスーパー、コンビニ、ホームセンター、百均など、多くの店舗にて購入することが可能です。市販されているものに関しては、どこで購入しても品質に差はないため、自分に適しているものを購入するのであれば問題ありません。

たとえば、百均で購入した履歴書だからといって、大企業に応募するのにふさわしくないということはありません。重要なのは、転職向きかどうか、自分の持ち味を最大限にアピールできるものであるかどうかです。その2点を見極めた上で決めましょう。

インターネットで無料ダウンロードしてみよう

現在は、求人サイトや就職・転職関連のサイトなど、さまざまなサイトから無料で履歴書のフォーマットをダウンロードすることが可能です。いくつか見て回って、これだ!というものを探してみるとよいでしょう。

また、求人サイトによっては、フォーマットに沿って必要項目を入力していくだけで簡単に履歴書を自動作成できるという便利なツールもあります。そのほか、ブラウザ上にて無料で作成でき、コンビニ印刷が可能なサービスなどもあります。

場合によっては、思い切って自作もあり

履歴書のフォーマットは、既存のものを使用しなければならないというきまりはありません。前項にて紹介した厚生労働省履歴書様式集も、推奨はされていますが強制ではないため、企業からの指定がなければ、どんなものを使用しても問題はないとされています。

職歴や資格の数などによっては、市販のものやインターネットでダウンロードしたものでは書ききれなかったり、逆に空欄が目立ってしまったりして、なかなかしっくりくるものがないといったケースもあるでしょう。

自作してしまえば、そういった悩みとはおさらばできます。住所・氏名・連絡先・学歴・職歴など、必須項目さえしっかり記載してあれば、ダウンロードしたフォーマットをカスタマイズして自分流に作り直すのも、WordやExcelなどで一から作成するのもありです。

履歴書を書くのは手書き?それともパソコンで?

さて、履歴書のフォーマットは決まったけど、手書きのほうがいいのかパソコンで書いたほうがいいのかわからない、そんな悩みもあるでしょう。しかし、履歴書において企業が重要視するのは、あくまでも中身です。企業からの指定がなければどちらでも構いません。

今ほどパソコンが普及していなかった時代は手書きが一般的で、パソコンで書くよりも手書きのほうがいいと言われていました。しかし、時代とともにその認識も変わってきています。現在も履歴書=手書きのイメージは強いですが、パソコンも主流になりつつあります。

手書きには手書きの、パソコンにはパソコンのメリットとデメリットがあります。下記にそれぞれのメリットやデメリット、注意点などをまとめていますので、ひとつずつ確認していきましょう。

手書きで書く場合

手書きにもパソコンにも共通して言えることは、読みやすさが大事だということです。手書きの場合は丁寧に楷書で書き、あとでスペースが足りなくなったりなどしないよう計算しながら、バランスよく仕上げる必要があります。

手書きで書くメリットは、書き手の人柄が感じられたり、整ったきれいな文字であればそれだけでいい印象を持ってもらえる可能性があること。デメリットは、作成に時間がかかるのと、誤字・脱字が致命的になる点です。

万が一間違えてしまった場合は新しい用紙に書き直すのがベターですが、最後の一枚で失敗してしまったときなど、どうしてもその用紙を使いたいというときは、間違えた箇所に二重線を引き、その上から訂正印を押しましょう。

サイズは、A4が望ましいです。以前はB5が一般的でしたが、現在はビジネスシーンをはじめ、全体的にA4の用紙を使用する傾向にあります。B5でも問題はありませんが、A4のほうが書きやすく読みやすいため、とくに指定がなければA4を使用したほうが無難でしょう。

パソコンで書く場合

パソコンで作成するメリットは、なんといっても手書きより速く書けることと、間違っても簡単に修正できること。データも保存しておけるので、ひとつ作っておけば、それをベースに、それぞれの企業に合わせたものを作ることができるため効率的です。

ただし、手書きと比べてミスに気づきにくい点には注意が必要です。書き終えたら必ず入念にチェックするようにしましょう。また、パソコンに馴染みのない業界ほど、履歴書=手書きという印象が強いということもあります。相手によって選択を変えることも大切です。

フォントは明朝体が一般的。変わったフォントは使用しないほうが無難です。装飾はせず、シンプルを心がけます。また、フォントサイズは10.5ptか11ptを使用し、どちらかに統一するようにしましょう。名前は大きめに、14pt〜18pt程度にするとメリハリが生まれます。

サイズは、手書き同様A4が望ましいですが、B5でも構いません。企業からの指定があれば、それに従うようにしてください。A3やB4を二つ折りにして使用するのも、A4やB5が2枚に渡るのもとくに問題はありません。

職務経歴書とは?履歴書とセットで用意しよう

履歴書とは別に、職務経歴書というものがあります。履歴書は応募者の基本情報を確認するためのものですが、職務経歴書はこの人がこれまでどういったことをしてきたのか、どういったことができるのか、という、企業が一番知りたいことを確認するための書類です。

転職する場合は当然前職が存在するので、基本的に職務経歴書は必須と考えましょう。そうすると職務経歴書を履歴書と一緒に提出することになりますが、書類選考の際に重視されるのは、主にこの職務経歴書です。

職務経歴書がある場合、履歴書には基本情報が書かれていれば問題ありません。基本情報をしっかりと書き、あとは職務経歴書に注力しましょう。自分の経歴を頭の中でまとめておくことは、面接においても役立ちます。

たとえ提出不要であったとしても、作成しておくことは自分にとってプラスになるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次