MENU

転職方法のやり方解説

転職 やり方

転職活動を開始する前に、転職活動の全体的なプロセス、流れ、スケジュールを特定し、徹底的に準備することが重要です。この記事では、転職活動を「準備」、「書類作成/応募」、「面接」、「プロモーション/退職/入社」の段階に分けて段階別ポイントを説明しています。

会社に応募して提案を受けるまでにかかる時間は人によって異なるが、平均的には2~3ヶ月程度と考えるのが良い。長期間の転職活動は、スケジュール管理に対する意欲の低下と疲労を引き起こします。以下の転職活動の流れとスケジュールを参考に、限られた時間を効率的に活用してください。

目次

 [STEP.1]事前準備(自己分析および情報収集)(1.5週から)

応募の有無にかかわらず転職をしたいという考えが少しでもあれば準備を始めてください。本当に仕事を変えることにしたら、条件に合った仕事にすぐに応援できます。事前準備で練習したいのは「自己分析(転職目的整理、技術・キャリア調査、強み把握)」と「情報収集」です。各ヒントを確認してください。

事前準備要領(自己分析及び情報収集)

進路変更の最初のステップは「準備」です。まず「自己分析」で転職の目的を整理し、転職時に企業にアピールできる技術と経験を整理します。この時、徹底した自己分析をすれば応募企業選定の明確な軸を持つようになり、書類準備と面接準備も順調に進められます。

同時に、就職サイトで採用発表を確認してください。お気に入りの会社を見つけたら、採用公告だけでなく、会社のホームページに掲示された職員紹介やインタビュー、該当会社の業種情報も確認することをお勧めします。会社についてよりよく理解できるでしょう。

[POINT] 「転職」と「就職」は異なる

転職の可否をまだ決めていないか、「まだ考えたことがない」と、新たなことを始めるのを嫌う人々がかなりある。しかし、「転職」と「就職」はまったく異なるものです。

例えば、自己分析と情報収集は現在の作業に悪影響を及ぼさない。むしろ自分が関心を持っている産業や業務、職務に必要な経験とスキルを学び、働く方法について考えてみる良い機会にならなければなりません。

仕事を変えることに決めていない状況で応募してインタビューをすることも意味があります。さまざまな会社に会いながら、やりたいことや働きたい環境を見つけることができるかもしれません。現在の会社よりもよく合う会社が見つからない場合は、転職をしないでください。

転職活動を「働く方法を見直し、キャリアの可能性を拡大する手段」として考え、挑戦することをお勧めします。

 [STEP.2]書類の作成と応募(2週間)

興味のある求人情報を見つけたら、履歴書や自己紹介などの文書を作成してサポートしてください。書類選考に合格するためには、きちんと書く方法と魅力的な書類を仕上げる方法の確実な理解が重要です。

書類の準備と応募のヒント

文書を作成するときは、仕事用文書としてフォーマットし、限られたスペースで魅力的なポイントを整理して埋めることが重要です。採用担当者はすべての申請書を注意深く読むことはできません。短期間で採用のメリットを伝えることができる方案を講じなければなりません。

サポートする企業の視点を念頭に置いて、自分の強みとスキルを記録することが特に重要です。採用ポストに合った強みとスキルを選択すると、書類選考に合格する確率が大幅に高くなります。

アプリケーションの場合、速度と数字は重要です。中途採用は企業が当時必要な人材を補うことです。募集活動は、必要な人員が集まると終了します。魅力的な採用提案は、何をすべきかを心配しながら締め切ります。

多くの人が20社以上の企業に対応しています。興味のある企業がある場合は、すぐにサポートしてください。自分を適用することは、新しい出会いに発展し、可能性を拡大する機会になるでしょう。

[STEP.3] 面接/面接準備(4~5週)

書類選考を通過した後、次のステップは「面接」で主要な転職活動と言えます。徹底した準備が面接の核心です。面接当日を自信を持って迎えることができるようにポイントを押してください。

面接とインタビューの準備のためのヒント

面接の質問はほとんど常に受け取ります。 (1)自己紹介及び自己広報、(2)転職理由、(3)応募理由、(4)有用な経験、業績、スキル、(5)逆質問(面接官にする質問))。サポートしている会社と適切にコミュニケーションできるように準備してください。

実際の面接を控え、模擬面接を練習することも重要です。多くの人が自分自身を組織し、コミュニケーションすることに慣れていません。家族や友人を模擬面接官として質問して答える練習をしたり、スマートフォンで自分の写真を撮って練習することができます。声のトーン、話すスピード、表情を確認してください。

新型コロナウイルス感染症拡散で大勢に位置づけられたWebインタビュー(オンラインインタビュー)

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散後、多くの企業がWebインタビュー(オンラインインタビュー)を導入し始めています。Webインタビューは会社までの移動時間を短縮できるという長所がありますが、画面を介してコミュニケーションをとって面接官の雰囲気と性格を伝えることが難しいという欠点もあります。事前に画面で本人の様子を確認し、対面する時よりはっきりとした口調で語り、首をうなずくなど大きなジェスチャーをするなどの措置が必要です。

[STEP.4]求人、退職、移譲、入社準備(4~6週)

就職提案を受けることは求職の終わりではありません。まだ会社に出て、現在の職場で辞職する必要があります。最後まで気をつけて、転職の成功を目指してください。

求人/退職/入社準備TIP

就職提案を受け取るかどうかに対する回答の締め切りは通常約1週間です。複数の企業が審査を行っている場合は、抱負が高い企業の最終面接が近づくように、抱負を整理してスケジュールを調整する必要があります。

また、退職手続きや引き継ぎが成功しないと、現在の職場関係に問題が発生する可能性があり、有給休暇を使用できなくなり、最悪の場合は新しい入社日を延期する必要があります。退職する日まで迷わずに、後任者や取引先に迷惑をかけないように引き受けた任務を誠実に遂行しなさい。

進行方法と転職方法に関するQ&A

転職活動の進行方法についてよくある質問と留意事項をQ&A形式でまとめました。転職活動開始前後の不安解消に活用してください。

転職が長くなるのが怖い。長すぎないようにする秘訣はありますか?

転職の目的(転職を通じて成し遂げたいもの)と入社時期を明確にして、転職時に揺れないようにすることが重要です。新しい職場を選択する条件と入社時期が不明であれば、より良い条件の会社があるのではないかと考えられ、活動が増えます。

転職活動が会社にバレないようにするにはどうすればよいですか?

「いつものように振る舞う」というのが基本的なルールです。服装や出席に特別な注意を払う必要があります。「普段は普段着姿なのにスーツを着る日がある」、「突然午前、午後休憩を取って遅く入るか、早く退勤する。」アクションの代表的な例です。不自然だと思わなくても、周りの人が気づくから注意して行動してください。

1年目の新人ですが、転職は可能ですか?

中途採用は基本的にすぐに働ける人を求めており、キャリアが不足して書類選考合格率が低いことがあります。しかし、やめなければならない強力な理由があるにもかかわらず、仕事を続けるのは健康には良くありません。転職したら、会社を辞めたい理由、転職したい理由を改善するために努力したこと、次の会社で長く働きたい心を誠実で情熱的に会社に話してください。

今の仕事が忙しくてなかなか転職できない。スムーズに進めるコツは?

転職する時間がない場合は、興味のある企業に次々と応募して、結果が次の企業に移るのを待つ必要はありません。転職の目的や過去の実績、能力などを明確にすることで、転職の「軸」を決めると同時に、さまざまな職種に応募し、比較しながら転職することができます。転職活動を効率的に進める秘訣とも言えます。

忙しくて転職できない人への対処法

転職したいが、仕事を探す時間がない。それは、毎晩 10時以降に仕事を辞めることが多いからです。今の会社を辞めて新しい仕事を探した方がいいと思う人もいるでしょう。しかし、もう一度考えてみてください。定年後の転職はデメリットが多く、やむを得ず転職する場合は最終手段です。

ここでは、今の仕事が忙しくてもすぐに辞めず、最短で効率よく転職する方法を解説します。

キャリアの変更にはどのくらいの時間がかかりますか?

転職活動を始めるのにどのくらいかかりますか?一般的に、お仕事を探し始めてから内定が決まるまでには、2~3ヶ月ほどかかります。

この期間に必要な最低限の時間は、週に 1回の面接の時間と、少なくとも 1日 1時間は新しい仕事を探す時間です。求人広告を探したり、企業を調べたり、応募書類を書いたり、面接の準備をしたりして、1日 1時間費やしてください。

柔軟な時間帯の方には、幅広い求人応募に対応しており、何度か面接を重ねた結果、「この会社は自分の希望する会社ではないので、次は希望する会社を探しましょう」と言っていただけると思います。

しかし、転職までの時間が限られている人にとって、そんな「試行錯誤」は不可能です。

「いい会社なの?」という思い込みで仕事を探すな

転職は恋に落ちるようなもので、自分がどんな人間なのか、どんな人が好きなのかを知らなければ、いい人に出会えません。 「いい人はいますか?」という立場にいると、自分に合う人や紹介された人に出会っても、ほとんどの人はきちんと理解されず、何も起こりません。

同じように、転職の際、実際に希望条件を満たしていたのですが、面接ではそれを言えずに断られてしまいました。

したがって、転職を決定するとき、最初にすべきことは理由を理解することです。「定年退職したら何を求めるか?」自分の進みたい方向性が分かれば、自然と志望職種が絞り込まれ、転職の「軸」が定まります。仕事と優先的に入社する会社。自分で判断できない場合は、転職先の知人や家族、キャリアカウンセラーなど、信頼できる人に相談するのも客観的な意見を得る方法の1つです。

興味があるからといってすぐに企業に応募しない

また、時間がないことを理由に、興味のある企業に 1つずつ応募し、結果を待って次の仕事に進む人もいます。その後、内定になっても、他社と比較せずに合格か不合格かを判断する必要があります。

転職の「軸」を見つけたら、同時に複数のキャリアに取り組むことをお勧めします。時間が足りなくても、何度も試験を受けると、うまくいくか心配になるかもしれません。基本的には、代理サービスを利用する人が複数の企業にヒアリングを行い、そのうちの 1社または 2社から提案があったことを確認します。書類審査の平均合格率が20%~30%であることを考えると、約18社に応募する必要があります。

面接の時間調整は会社任せにしない

休日や退社後など、希望の時間に企業研究、お仕事探し、応募書類作成ができます。ただし、面接の回数が限られているため、調整が必要です。平日の通常の営業時間内に外出できない場合、面接に出られるかどうか不安になることがあります。

基本的には営業時間内(9:00~18:00)に面接を行う企業が多いですが、有給休暇を好きなだけ使えるのであれば、有給休暇を使って面接を行うべきです。

しかし、求職者が仕事をする時間がないことを考えると、企業は午前8時以降など、勤務時間の前後に面接時間を調整することはめったにありません。特に一次面接では、人事担当者と現場担当者の両方が面接官となることが多いので、コーディネートがしやすいでしょう。

二次面接後、部長、役員、場合によっては社長も面接するため、勤務時間外の調整が難しい場合が多いです。したがって、就職活動のための有給休暇の日数が限られている場合は、2次面接以降に有給休暇を取得することをお勧めします。

また、有給休暇がある場合は、同日に複数の会社説明会や面接を予定しています。

基本的な考え方は、面接のスケジュールを取得することは、仕事の予約を受け入れることと同じです。会社から提供された面接日時が候補者にとって都合が悪い場合は、よく考えて、都合のよい日時を設定して、簡単に仕事を終わらせることができるようにする必要があります。

企業が面接時間を調整する場合、調整や交渉などのビジネススキルがあるかどうかも重要です。

まとめ

転職活動は「準備」「書類・応募」「面接」「内定・退職・入社」に分けられますが、それぞれの段階でポイントや大切なことがあります。時間をかけてよく調べ、行動を起こす前によく考えてください。特に、転職の目的を明確にする必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次