MENU

転職時の履歴書にどんな写真が必要か?

転職 写真

撮影ルールと撮影時の注意点を解説します。

転職のための履歴書を準備するときは、しばしば新しい写真を撮る必要があると思います。面接官に良い印象を与えるためには、写真のルールを守ることをお勧めします。この記事では、よく似合う写真を撮る方法と履歴書に写真を載せる規則について学びます。

転職を始めるための準備として参考にしてください。

目次

履歴書写真の重要性

履歴書のカラー写真は面接官の注目を集めます。写真で受け取った第一印象が会社が望む人と距離が遠いと判断された場合、書類選考段階で採用が延期されることがあります。

書類選考に合格しても、一次、二次面接などの面接官が変わるたびに写真が目を引きます。いくつかの面接に良い印象を与えなければなりません。

良い履歴書写真とは

良い印象を与える履歴書写真をご紹介します。写真を撮る前に必ず確認してください。

女性に良い印象を与える写真

前髪は目立たないようにし、髪が長い場合は後ろに束ねてください。口を閉めて口尾を上げて面接官に憂鬱な印象を与えない自然な笑顔を作ります。また、鎖骨が少し見えるように胸をはりましょう。胸が開けすぎていると、逆にみっともなく見えます。

どんな角度からハンサムなのか分かっても、履歴書の写真では正面を眺めるのが良いです。

男性に良い印象を与える写真

男性の場合、前髪が見えない長さが理想的です。額を見せるとすっきりとした印象を与えます。ネクタイがねじれていないことを事前に確認してください。あまりにもユニークなメガネやサングラスは避け、コンタクトレンズやあまりカラフルでないメガネを着用してください。

あごをあまり高く上げないで、背中をまっすぐにして撮影してください。

写真ルールの説明

次に、履歴書に入れる写真のルールについて説明します。基本的な事項なのでちゃんとフォローしてみましょう。

標準サイズで撮影

フォトフレームのサイズは履歴書によって異なりますが、ほとんどの場合、標準サイズは高さ4cm、幅3cmです。スピードアップ写真を撮るときは、「履歴用」と書かれた写真を選択するのが安全です。

一人で撮影する場合は、指定したサイズにトリミングした後にどうなるかを考慮する必要があります。写真の裏に名前を書いていただければ安全です。

3ヶ月以内の写真を使う

履歴書に添付された写真は、最近3ヶ月以内の写真でなければなりません。ただし、最近3ヶ月以内に撮影した写真があっても、ヘアスタイルや体型に変化があれば再撮影するのがビジネスエチケットです。

3ヶ月前と全く同じであっても、今の姿を示す写真を使用することをお勧めします。顔の印象が変わる可能性があります。

帽子をかぶらずに目に直面して撮影

履歴書に添付する写真は、身元を確認できる必要があります。帽子やサングラスをかけて写真を撮ることは礼儀ではありません。普段着用するメガネが珍しい場合は、よりおなじみのものに変更してください。

姿勢は撮影時に正面を見てカメラを眺めるのが原則です。

スナップショットとプリクラは厳しく禁止されています。

遊びに行くときに自分の写真を加工したり、スナップショットやプリクラをカットして貼り付けられますが、履歴書では悪いマナーとなります。このような写真や選抜過程での態度は面接官に良い印象を与えず、選抜が延期される可能性が高いです。

身分証明書の写真は仕事用にのみ使用されます。

履歴書写真のチェックポイント

ここでは、履歴書の写真を撮る前に考慮すべき点をいくつか紹介します。男性用と女性用でそれぞれ説明がありますので、当てはまるものにチェックを入れてください。

服装について

履歴書の写真の服装について、いくつかの注意点があります。

女性のための注意点

スーツは通常、黒または紺色です。インナーに白のブラウスやシンプルなカットソーを合わせて。イヤリングなどの装飾品は事前に外してください。女性なら、胸の部分に注意を払う必要があります。開きすぎるとだらしない印象になってしまうので、少し鎖骨が見えるくらいがベストと考えてください。

男性のための注意点

スーツは黒か濃紺。シャツは無地の白で、ボタンを上まで留める必要があります.派手なネクタイは避け、ゆがみのないようにしましょう。ボタンダウンシャツは避けるようにしましょう。カジュアルに見えるから。ジャケットのボタンとネクタイまたはシャツの中心線を合わせます。

髪型について

履歴書写真のヘアスタイルで気をつけたいポイントを紹介します。

女性のための注意点

髪が長い場合は、ポニーテールまたはハーフアップにして顔を露出させます。眉毛と耳が見える方が良いです。前髪をヘアピンで留めたり、流したりするなど、すっきり感を出す工夫をすると良いでしょう。髪の色は、明るすぎず、自然な髪に近づけてください。

男性のための注意点

前髪を眉上でカットするとすっきりとした印象に。耳やこめかみにかからないように、髪全体を短く切ります。表情がはっきり見える長さがベストです。

また、髭にも気をつけてください。加工の際は、あご下の削れがないか確認すると良いです。場合によっては、もみあげが剃っていないように見えることがありますので、もみあげをカットしてきれいに保ちます。

メイクについて

化粧をしすぎると華やかに見えてしまいます。ナチュラルなメイクを心掛けましょう。ファンデーションは薄く、目の色に近いアイメイクを選ぶと好印象に。

面接官に新鮮な表情を与えるために、唇と頬にコーラル色を選択してください。コーラル系の色が苦手な方は、程よいツヤと透明感のあるシアーカラーのリップを選ぶと、濃すぎず安全なメイクが完成します。

撮影ポイント

撮影時の注意点をご紹介します。取り入れられるものばかりですので、参考にしてみてください。

膝の上に白いものを置く

機種によっては、スピードフォトで顔が暗く写る場合があります。目の下や頬骨の下は特に黒ずみがち。膝の上に白いものを置くと、リフレクターの役割を果たし、光を集めて顔色を明るく見せてくれます。

明るい顔色は面接官に好印象を与えるので、ぜひ試してみてください。採用担当者が文書を白黒コピーで保存する場合でも、顔が黒く塗りつぶされません。

自然な表現を練習する

写真を撮る前に、顔の筋肉を動かして自然な表情を作りましょう。スピード撮影の場合は撮影者がいないので、表情が緊張していても指摘する人がいない。

無表情だったり不機嫌だったりすると、それだけで面接官の印象は悪くなります。撮り直しの回数には限りがありますので、事前に練習しておくことをおすすめします。

平常心を保って

スピード撮影の場合は、椅子の高さを直接調整する必要があります。悪い姿勢は面接官にとんでもない印象を与えます。また、顔からカメラまでの距離が短いとサイズ感が低下します。

椅子の高さを調整し、胸を伸ばして座ると、バランスの取れた写真を撮ることができます。あまりにも胸を出すと傲慢な印象を与えるので注意しましょう。

明るい色や白を組み合わせてください

明るい色や白い服を着てください。濃いインナー層のある濃いスーツを着ると、顔全体が暗く見えます。インナーウェアであまりカラフルではない明るい色と白を着用することをお勧めします。

しかし、白いシャツだけを着て撮影すると、写真がぼやけて見えることがあります。黒または藍色のスーツやジャケットを着てください。

カメラガラスを拭く

カメラガラスがぼやけると当然画質が悪くなります。汚れた場合は、撮影前に拭いてください。また、照明がどこにあるかを知ると、荷物などによる照明への影響を避けることができます。

屋外に設置されたカメラで写真を撮るには、日光の当たる日を選択するのが最善です。

どのように撮るかによって履歴書写真の印象が変わる

写真をどのように撮るかによって履歴書に付く写真の印象が大きく変わります。ここでは、写真館、スピード撮影、自分撮りの長所と短所について説明します。

写真館

写真館ではプロの写真家のアドバイスを受けながら写真を撮ることができます。履歴書に入れる証明写真を撮りたいと言えば、おそらく満足のいく写真を撮ってくれるでしょう。

労働力と時間が必要であるという欠点があります。写真館に行って写真撮影を準備し、写真が撮れるまで待つ時間と労力が必要です。写真館で写真を撮る予定なら、完成まで残った日数を逆に数え、希望の日まで撮影が可能かどうか確認します。

スピード写真

スピード撮影のメリットは、忙しい時も服をきてすぐに撮影できるという点です。もう1つの利点は、証明写真の撮影コストが写真館よりも安いことです。

欠点は、仕上げが写真館に比べて劣るという点。リクルーターは毎日多くの履歴書を見て、どれが採用されたかがわかります。スピードアップ写真の場合、「写真が時々準備されていない」と認識される可能性があります。

自撮り

自撮りの利点は安いだけではありません。もう一つの利点は、自宅で満足するまで写真を何度も撮ることができ、緊張せずにリラックスできることです。

反面、誰のアドバイスも受けられず、髪が粗雑なのか、服が少し汚れていたり、体が傾いているのか気づかないという短所があります。また、きれいに印刷されず、仕上げが良くない場合があります。

まとめ

履歴書に写真を貼るときに守る必要がある最小限のエチケットがあります。これを怠ると書類選考段階で採用されない可能性があります。不明な場合は、写真館に行き、写真家に指示を求めてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次