MENU

あなたの転職回数は大丈夫?転職は何回まで許されるのか?

転職 回数

転職の回数が多いと就職できないの?みんな何回くらい転職してるの?と、転職についての疑問・不安はいろいろあるでしょう。転職が多かったり、転職してきた職歴は自分だけの問題でなかったりなど様々な事情もあります。転職問題はあまり他の人には聞きづらい話で、悩む時間が多くつらいですよね。

本記事では、転職の回数が多いと就職は不利に働くのか?転職は何回まで許されるのか?という疑問を解決できるように解説していきます。自分は転職が多いのでは?と不安を抱えてる方は、参考にしていただければ幸いです。

目次

転職回数が多いのは不利なのか?

転職の回数は人により異なり、何回は不利、何回は採用という厳密な正解はありません。自分自身の能力を高めたい、成長したい、異業種へ転職して挑戦する、といった同じ転職でもそれぞれに応じて様々な背景があります。転職が多いことや職歴が複雑だとしても一概に不安にならなくて大丈夫です。

キャリアアップでなくても働く中で自分自身の心境が変わっていくのは普通のことです。就職した当時の自分と比べると経験や環境を経て、知らず識らずのうちに成長しているとも言えるでしょう。世の中、「石の上にも3年」という言葉もありますが、時代も少しづつ変化しています。

それでも企業は働いている期間を見ていると思いますよね。確かに大手企業の勤続経験や履歴書の内容、長く働いていることなどに重きを置いている企業も現状あるといえます。そのような企業に就職するとなると、履歴書だけみられて、先ほどもお伝えした背景は伝わらない可能性もあります。

そのときは決してあなたに非があるわけではありません。自分が悪いなどとは考えずに、「その企業との縁はなかったんだ」ととらえてください。会社は一つではありません。世の中にはたくさんの会社があります。少し視野を広げてみると、自分と縁がある会社はあると思います。

平均的な転職回数は何回?

転職の話は気軽にできる人もいれば、ちょっと聞きづらいという方もいますよね。職歴が気になっていると話しづらい内容ですよね。そこで年代別でどのくらい転職しているのか?解説していきます。転職の平均回数は全体で1回から4回が平均値となっています。

20歳以降は平均2回から3回の転職をしており、40歳以上は平均3回となっています。転職の回数が多すぎると、キャリア全体の統一性などが目立ち、場合によっては選考に左右されます。

20代では「転職の経験がない」人が7割を占め、30代になると転職を経験している人が多くなります。40代以上となると転職したことがある人は大半を占めています。一度も転職していない人は少ないです。ただ、これはあくまでも集められた平均値であり、人によって様々ですが、一度も転職していない人は少数派です。

転職の回数を会社はどのように見ているのか?

会社は転職の回数をどのように見ているのでしょうか。やはり企業によって転職に対するとらえかたは変わってくるようです。メーカーや不動産などの大手企業の場合、短い勤続年数での転職となると、気になるようで各社の在籍期間を重視するようになります。

では、どの程度の勤続年数があれば有利になるかというと、各会社で勤続年数が3年以上あると「あまり気にならない」と安心材料の一つになるようです。合わせて転職した内容が明確であったり、一貫性があったりすると企業側はマイナス要素とはとらえなくなります。

商社やクリエイティブな業種の企業は転職の回数や内容よりも個人の能力やキャリアビジョンなど書面では伝わらない部分を重視する傾向にあります。他にも飲食やアパレルなどのサービス業も転職の回数より、今までの経験内容やその人の人柄、働く上で素質が合うかなどを重視しているようです。

転職は何回までOKか?

「自分は転職をしているけど何回までなら許されるのか?」気になる方は多いですよね。結論から言えば、ほとんどの企業が「転職の回数が全てではない」と考えています。どのような理由で転職したのか?を重視しています。

ただ、平均的に転職の回数が4回以上だった際は気になるという企業も多いです。面接では理由を聞いて、その人の背景を確認します。しかし、書類選考の場合、文章のみでは背景を伝えきれなかったり、転職の回数が理由になったりして、面接まで至らない事例もあります。

転職の回数は企業にバレるのか?

転職の回数は自分から申告しない限り、バレることはありません。ただ、経歴や履歴書を偽造することは違法であり、何らかの処罰を受けることになりかねません。経歴や履歴書の嘘がバレるきっかけは、社会保険の手続きの際です。

会社側としてはその人の今までの経歴を知ることは個人情報保護のため、できません。しかし直近で社会保険に加入していた会社の履歴を見る機会は出てきます。新しい会社で社会保険の手続きをする際、一つ前の会社で社会保険から外れましたという履歴を見ることになります。

正社員であったり、契約社員でも社会保険に加入していることがあります。社会保険加入状況について新しい会社は意図してなくても見る機会が出てくる可能性が高いです。仮にアルバイトや派遣などで社会保険には加入していなければ、その履歴は残っておらず、確認されるのは社会保険に加入していた際の会社にさかのぼります。そのことを知ったうえで新しい会社に臨みましょう。

転職の回数が多い人の特徴

転職が多い人の特徴としては「好奇心が旺盛」「いろんなことに挑戦したい」「様々な人生経験をしたい」「環境適応能力が高い」などがあります。転職の回数が多いから悪いとは一概に言えません。長所は短所であり、短所は長所です。良いところ、悪いところの基準は人それぞれであり、転職回数が多くても、その人の資質に問題があるわけではないでしょう。

それでも、「転職の回数が多いのは就職に不利」という風潮もあります。一方で、「そんな経験をしていておもしろい」と捉える人もいます。終身雇用の時代も終わりを迎え、個人の経験や能力、人柄などが重要視されるようになってきました。転職の回数が多いと自分を悲観的に見過ぎず、自分と相性が良い会社で働くことが今後の人生にプラスに働くと言えます。

自分自身の特徴をとらえ、転職をしていくのも良し、長く会社に勤めることも良し。一部の会社の「長く働く人が正解」といった常識のみにとらわれず、様々な会社があるということを知り視野を広げてキャリア形成していきましょう。

転職の回数が多くても就職するには?

転職の回数が多くても就職するにはどうしたら良いのでしょうか。転職の回数や勤続年数を気にする企業はまだまだあるようです。経歴や履歴書を偽造するわけにもいかないですよね。どのような対策をするべきなのか解説していきます。

転職活動の準備を徹底する

転職の経緯や理由を説明できるよう準備しておきましょう。何か理由があって転職したのですから、それを今一度思い出して整理します。考えずとも自分の断固たる信念があって転職してきた方は準備しなくても転職活動に臨めると思いますが、そのような方はこの記事に辿りついていないと思います。

一方強い信念はあるが具体的に伝えることが不得意な方やそのことを転職活動の際に、上手く関連づけることが苦手な方もいらっしゃいますよね。全てに一貫性を持たせるのは難しいかもしれませんが、当時の心境や今の思いを洗い直し、伝えられるようにしておきましょう。

経歴を重視しない会社を選ぶ

「経歴を重視しない会社はここです」と名指しすることはできません。しかし前述したようにクリエイティブな職種やサービス業などでは、経歴をあまり重視していない会社も多いです。その人の目指すところや能力、人柄など、見てる部分などを見ています。

ただ、一般的には第一印象や経歴で判断するところも少なくないのが実情です。そのような実情に負けず、「今までこれをやってきたから自分にはこれしかない」など限定的な考えだけにとどまらず、あらゆる業種に目を向けて調べてみましょう。

就職・転職アドバイザーに相談する

自分自身に向き合ってみたけれど、なかなか答えが見つからない、やりたいこと、向いてることがわからないという方は多いです。よく「好きなことで生きていく」というキャッチフレーズを目にしますが、「自分の好きなことはこれだ」と見つけられる人は少数派です。

わからなければ就職や転職の専門アドバイザーに聞くことも一つの手です。無料の就職・転職サービスは多くあるので活用してみましょう。

まとめ

自分で調べて挑戦することは素晴らしいことです。しかし、相性が良い会社と出会うことは難しいことです。そんな中にあって、自己分析や会社の幅広い情報を得るために専門サービスに頼るのもおすすめ。望み通りの転職先が見つかるかもしれません。面倒などとは思わずに、専門サービスの利用も検討してみてください。

自分のことは自分がよくわかっていると思っていても、まだ気づけていない相性が良い仕事がある可能性もあります。人の思いや考え方も日々変わりゆくものです。自分の「この考え方はおかしいのかな?」と思ってもおかしいとは誰も決められないことです。ぜひ、いろいろなことに目を向けてみてください。何か新しいものが見えてくるかもしれません。

転職の回数が多いけど就職できるかな?みんな何回くらい転職してるの?気になる方は多いのではないでしょうか。転職が多かったり、転職してきた職歴は自分だけの問題でなかったり様々な事情があります。シビアな話で、あまり他の人には聞きづらい話で、悩む時間が多くつらいですよね。本記事では、転職の回数が多いと就職に不利に働くのか?転職は何回まで許されるのか?という疑問を解決できるように解説しました。自分は転職が多いのでは?と不安を抱えてる方は、参考にしていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次