MENU

転職でおすすめの職種は? 会社を選択する方法

転職 職種

転職を考えている人は、「今やっていることと違う業種で転職を考えたい」があるだろうかと考えます。

この記事では、職種別に必要なスキルと資格を紹介します。転職活動に活用してください。

目次

転職おすすめ業種

転職時にどの業種を選ぶべきかを心配するとき、特定の業種を念頭に置いていない人は長く働きやすく(成長、低い転職率)、勤務環境が良い(夜勤時間など)とかがよくわからないかもしれません。「良い待遇と勤務環境(年俸など)」の観点から業種を選択することをお勧めします。このような特性を持つ産業と企業は、安定した経営成果とストレスがたまる可能性が少ない環境を備えており、転職後も長期間安定的に働く可能性が高いのです。

IT

推奨業界の1つは1T業界です。人工知能(AI)、フィンテック、自律走行、スマートハウス、共有経済、ブロックチェーン、5G、モノのインターネット(IoT)など新技術が続々登場している。経済産業省は「デジタルトランスフォーメーション推進のための指針(DX推進指針)」を発表し、すべての産業でIT技術が必要であるとアナウンスしています。

経済産業省の「IT人材需給実態調査」によると、生産性の増加率が0.7%であれば、2030年にIT産業が79万人の人材不足に直面するという懸念が出ています。

したがって、IT産業の人的資源に対する需要は今後も継続的に増加すると予想されます。

超高齢化社会(全人口の21%以上が65歳以上の社会)を背景に医療、福祉、療養産業もおすすめです。今後は病院に行かなければならない人が増えて一人暮らしが困難な高齢者が増える可能性があります。

これにより、医療、福祉、看護産業分野の人的資源需要がさらに増加すると予想されます。また、最近では職場で働く良い改善が行われています。

改正医療法が制定されました。厚生労働省もこの事業を支援しており、今後の労働環境のより良い改善が期待できます。

看護界では「看護法改正」が議論され、「業務効率向上及び業務負担軽減」に関する項目を緊急で重要な課題に指定されました。

この努力は看護人材を確保するために必要です。需要増加と業務の利便性向上という点で、転職をご検討の方におすすめです。

インターネット広告/宣伝

インターネット広告産業も推薦産業の一つであり、今後の産業全体の成長可能性を期待できます。Dentsu Inc.が発表した「Advertising Expenditures in Japan」によると、インターネット広告の売上は従来の4大広告(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)に比べて毎年増加しており、ついにテレビ広告支出を追い越しました。

広告産業のメディア別広告費

広告産業を全体的に見ると下向きの傾向を見せるが、インターネット広告は目立つ売上増加傾向を見せています。また、広告産業とは異なる観点から、PR産業は今後注目すべき産業といえます。

海外では「PR」を上位概念で語るのが慣例であり、その手段の一つが広告です。SNSの普及により、第三者が自分の声を簡単に聞くことができるようになり、PRをマーケティング戦略として効果的に活用したい企業が増えると予想されます。

人的資源(HR)

日本は低出産と高齢化が急速に進んでおり、日本の総人口は2008年を頂点として年々減少しています。総務省の情報通信白書によると、日本の総人口は2050年には1億人以下に落ちると予想されます。これにより労働力の減少が加速すると予想され、企業の採用活動がさらに活発になる見通しです。

また厚生労働省が発表した求人求職率は2019年から2021年まで毎年上昇傾向を見せています。現在、新型コロナウイルス感染症の余波で一時的に下落しているが、今後の景気が回復すると、労働者の確保に対する需要が再び増加すると予想されます。

また、総務省統計局によると、2017年から2020年までの転職者は年々増加し、2020年には351万人が転職をしたという。2021年には新型コロナウイルスの影響で小幅に下落しました。

農業

農業に関する職業もおすすめです。農林水産部の2021年の新規農家実態調査によると、49歳未満の新規農家が増加していることが分かりました。これは、農地法改正で企業が市場に進出できるようになったことと新規個人事業者が増加したためと推定されます。

改正された農地法(優良農地確保、実効性確保、多様な農民の農地実効性増進)で農業進入が全面自由化された。これに伴い、この5年の間に農業に従事する企業の水道約4倍増加し、農業の企業水道および規模は今後も増加し続けると予想されます。

企業が増えるにつれて、農業分野で新たな雇用が創出されると期待されます。農林水産部が積極的に支援をしており、農業に従事する法人に就職したりできます。産業は大きな変化を経験しており、今後さらに成長する可能性があるため、農業産業をオプションとして検討することをお勧めします。

キャリアがなくても転職可能! おすすめ職種と各職業に必要な資格と技術

ここでは、キャリアがなくても比較的簡単にできる必要な資格と技術を説明します。

営業職

2021年5月と6月の営業職の活性求人比率は1.60倍で、前年同月には1.57倍でした。アクティブ求人率が「1x」を超えると求職者より求人が多いという意味で採用の可能性が高くなります。一部採用公告は「未経験」であり、営業経験がなくても潜在力を評価して採用する場合があります。

必要な資格/技術

営業はコミュニケーションと聴聞力が必要な職業です。不動産売買用不動産売買、金融業売買用FPなどの資格があればいいのです。

介護/福祉

2021年5月と6月の職業別活性求人比率は、療養サービス2.90倍、社会福祉2.70倍とも高い水準です。前年同月には3.43倍で、療養・福祉産業は就職率が持続的に高い産業といえます。つまり、人材は常に不足しているため、キャリアがなくても将来のキャリアビジョンと情熱に応じて採用することができます。

必要な資格/技術

療養・福祉業務に従事するためには、施設利用者の感情に近いだけでなく、細部まで配慮できるコミュニケーション能力が必要です。キャリアがなくても支援できる職業がありますが、職業によってケアマネージャー、療養保護士、療養保護士など資格が必要な職業もあります。サポートする前に、その職務に資格が必要であるかどうかを雇用通知を慎重に確認してください。

事務職(医療事務室含む)

一般事務職は特別な資格を求める職業がほとんどなく、キャリアがなくても比較的容易に支援が可能です。事務業務はどの組織でも発生するため、企業、機関、役所など様々な場所で事務業務が必要です。あらゆる産業分野で求められる職業であるためです。

必要な資格/技術

上記のように書記になるために必要な資格はありません。ただし、ワード、エクセルなど基本的なコンピュータ技術が必要な業務が多いため、業務を始める前に使用法と簡単な操作法を身につけるのが良いでしょう。

また、医療事務の場合、「医療院(R)」および「医療スタッフ管理者機能認証試験」の資格を有する者を優遇する場合があります。

ITエンジニア職業

経済産業省の「IT人材需給実態調査」の資料からわかるように、ITエンジニアが活躍するIT産業は人力難が持続しており、今後も需要が増え続けるものと予想されます。その中で、さまざまな企業で高度に専門化されたエンジニアを探しています。経験がなければ就職が難しいと思う人もいるだろうが、実力を証明できれば経歴がなくても採用する会社もあります。

必要な資格/技術

経歴のない入社後、スキルを積む方式で「潜在採用」を採用する企業は珍しいが、基本的には専門家であるため、スキルと経験を備えた人材を優先視する傾向があります。したがって、完全に未熟な場合は、ウェブで本や記事を読んで自分で学ぶか、学校に行って基本的なプログラミングスキルを習得することをお勧めします。

また、基礎情報技術者など自身の能力を立証できる資格証を所持していれば、選抜過程で有利です。

推奨業者の選定方法

上記の推奨業界や職種であなたのニーズに合った会社を見つけたら、次のステップは会社を選ぶことです。対象企業の範囲を絞り込み、状況を確認するには、次の方法を使用することをお勧めします。

求人掲示板や職場のサイトで希望する産業や職業の求人を検索する

さまざまな産業や職業について学ぶためのポイントの一つは、転職サイトを利用することです。スマートフォンやコンピュータでどの企業が仕事を探しているか見てみましょう。一部のキャリア変更サイトには、会社からスカウトメールを受信できるサイトがあります。

また、「経験なし」や「夜勤が少ない」など、興味のある条件に基づいて仕事を検索し、お客様のニーズに合った会社を見つけることができます。

会社の四半期レポートで収益予測を確認する

企業の選定には、業績と株価を含む「四半期別報告書」を参考にすることをお勧めします。会社の四半期ごとのレポートは書店で見ることができます。

四半期報告書には、「会社分岐報告書」と「雇用四半期報告書」の2種類があります。「会社四半期別レポート」の収益予測記事では、現在および将来の問題の予測を確認できます。業績見通しに関するコメントには、「前年度実績との比較、前号の見通しとの差、会社の計画と比較した今年会計年度の見通し」などが含まれており、会社の現状と将来の可能性を知ることができます。会社を選ぶときに手がかりを見つけることができます。

証券レポートで財務諸表を確認する

会社の財務状況を知るためには、財務諸表を活用した調査をしてみるのも良い考えです。上場会社の場合は、会社のホームページのIR(Investor Relations)ページで財務諸表を確認できます。

またはEDINET「金融商品および取引に関する法律に基づく証券報告書等の公示書類に関する電子公示システム」で上場会社の財務諸表を確認することができます。

財務諸表には、損益計算書と貸借対照表が含まれます。損益計算書で赤字と黒字を見ることができ、貸借対照表で経営の健全性を見ることができます。企業の財務状況を見ると、長期的にビジネスが安定していることを確認できます。

各会社のホームページで財務諸表を確認

会社の業績の現状と将来の可能性を知るためには、当社のウェブサイトに掲載されている「財務結果」を確認することも重要です。財務諸表を見ると、会社がどのように書いたのか、どのくらいの利益を残したのかがわかります。上場企業でなくてもホームページに財務諸表を公開する企業もあるので、一度確認してみるのが良い考えです。

財務実績の要点をまとめた「財務諸表」は、売上と成長率を簡潔に要約し、初心者リサーチにおすすめです。過去の期間に対する売上の変動率と前の期間に対する営業利益の変動率により、企業のパフォーマンスの現在の状態と将来の可能性を判断できます。

年齢によって企業選定方式も変わらなければならないか?

転職を心配するときは、年齢に応じて会社の選択を変える必要がありますか?ここでは年齢別に注目したい点を説明します。

20代の方へ

20代に転職をすれば潜在力が評価されるので、経験のない業種や職業に挑戦してみるのも良い考えです。また、25歳未満の青年求職者または勤続3年未満の青年求職者を「第2の新入社員」といい、会社によって同じ職種で新入社員教育を受ける機会があります。

教育の質は会社のホームページに紹介される場合がありますので、ホームページの「募集ページ」を必ずご確認ください。

30代の方々へ

30代に転職する際に強調すべき最初の2つのポイントは、既存のスキル、経験、人脈を活用できるのか、そして将来のキャリアビジョンに合うように働くことができるのかということです。

20代に比べて自分の潜在力だけで採用される可能性が少ないので、自分の能力と経験をある程度活用できる会社を探すことをお勧めします。

また、将来のキャリアビジョンを念頭に置いて会社を選ぶことを忘れないでください。入社を通じて理想的な職務内容と業務スタイルが達成できることを慎重に確認してください。

事前に確認しないと、入社後異常との不一致を発見し、引き続き転職をする可能性があります。このような事態を防ぐため、事前に必ずご確認ください。

40代の方へ

40代以上で企業を選ぶときは、自分の「経験と技術」を活かせるかどうかを優先します。以前の職場で管理職を務めたことがあれば、ビジネス技術に加えて管理経験も重要な魅力ポイントです。

したがって、自分の業績、スキル、経験、資格などをすべて把握し、強みを分類して強みを活用できるという認識を持つ企業を選択することが重要です。

キャリアのない職種で転職を考慮している場合は、該当業種や職種で使用できる資格証の取得を考慮するのが良いでしょう。即時の戦闘力で活躍できるアピールできる条件で選抜過程に取り組んでみよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次