MENU

転職活動にかかる期間を長引かせたくない!転職にかかる期間を最短にする方法

転職 期間

転職活動をするにあたってのひとつの課題として「転職活動が長引く」という悩みが多いです。

実際に現在の仕事をしながら転職活動を進めていく人がほとんどなので現職との兼ね合いでなかなかスムーズに行きづらいのかもしれませんね。

しかし、実は仕事をしながら転職活動をする「コツ」や「ポイント」があるのです。

このコツやポイントさえ掴めば短期間で転職活動を終えることも充分可能です。

今回の記事では、転職活動の長期化、スケジュール、短期間で成功させるコツやポイント、実際の体験記などを紹介していきます。

転職活動しようとしている人、まさにしている人は必見です!

目次

転職活動のスケジュールの目安と長引く理由

転職活動をするにあたって、長期化する人と短期で終わらせる人の違いにはスケジュールの組み方があります。

転職しようと決めてからのとりかかり、準備、しっかりとして下調べをしていたら3.4ヶ月もかからず転職できます。

まずは一般的な転職準備から内定までの期間、スケジュールの目安、長引く人の理由を説明します。

転職期間準備から内定までの平均期間を説明

平均的な転職活動期間は3ヶ月と言われています。

これから転職活動をしようと考えている方は、まずは3ヶ月を目標設定してください。

そして逆算して開始時期やスケジュールを組むようにしましょう。

①活動準備「平均1週間」

②転職活動スタート!求人を探して応募「平均3週間」

③書類選考・面接・内定「平均6週間」

④退社交渉・入社準備「平均2週間」

この流れは後でまた詳細をお伝えします。

だいたいそれぞれにかかる時間がわかったら、まず内定目標日を設定しましょう。

そこから逆算して、面接を受ける期間、求人票を探す期間、現職の交渉のスタート期間などを定めていくことになります。

転職活動のスケジュール一般的目安をご紹介

前述した流れの詳細としてスケジュールの中で具体的にすることと目安を紹介していきます。

①活動準備「平均1週間」

転職すると決めてから活動の準備をします。ここでする具体的なことは、

・書類選考、面接、内定までの目標日時を立てること

・現職になんと伝えるか考える事

・家族に伝える事

・自己分析

ここでは自己分析をすることがとても重要で、自己分析ができていれば求人探しもスムーズですし、面接などの対策にも役立ちます。

②転職活動スタート!求人を探して応募「平均3週間」

ここで実際に動き始めます。

求人を絞ってを絞っていきますが、できれば書き出すことをおすすめします。

会社名、特徴、気に入ったポイント、マイナスポイントなどを書き出して会社を一目で比較できるようにしておくと便利です。

そしていくつかピックアップして応募します。

③書類選考・面接・内定「平均6週間」

ここからが一番大変な時期です。

今の仕事をしながら時間を見つけて面接をしていく必要があるからです。

今の仕事に支障が出ると退職もし辛い状態になりますので、現職をしっかりまっとうしながら合間の時間で面接に行くことを繰り返します。

そしてこの6週間を勝負に内定を出しましょう。

④退社交渉・入社準備「平均2週間」

未来が決まったので現状整理が必要です。

ここから退社にあたり上司面談や引継ぎなどの作業があります。

退社するからと言って適当に仕事をせず最後までしっかり納めましょう。

引き留めなどで長引かないよう、意思ははっきり伝えることが重要です

転職活動が長引く理由はコレだ!

今まで書いてきたようにスムーズにいけばだいたい長くても3ヶ月で内定を貰って退職をして新しい就職までできるのです。

就職活動が長引く理由はズバリ、

  • 求人が少ない時期に転職活動をしている
  • 業界の繁忙期に応募している
  • 応募書類や面接対策が不十分
  • 自己分析が不十分
  • 職種の絞り込みができていない
  • 計画を立てていない

このような原因です。

主にタイミングスケジュールの問題か自分の対策の甘さのどちらかということです。

計画や自己分析、職種の絞り込み、面接対策などの不十分さは自業自得です。

一方求人が少ない時期、業界の繁忙期などのタイミングの問題に関してもある意味調査不足でもあるのです。

ですから転職活動というのは下調べ、準備を制したものが転職を制す!といわれるほど最初が肝心なのです。

最初さえ押さえれば、長引くことはほとんどないでしょう。

転職活動を短期間で成功させるコツとポイントを解説!

転職活動が長期化するのはリスクがあります。

自身の生活面でも精神面でも安心を得られないためどこか不安な毎日を送ることになってしまうのです。

転職活動はできるだけ濃密に短期間で終わらせるのが一番!

とはいえ、就職することが目的となってしまい興味のないところや今より状態の悪いところに転職することになってもいけません。

転職活動を短期間で終わらせかつ成功させるにはコツとポイントがありますので紹介していきます。

転職活動を成功させるポイントを紹介!

まずは転職活動を成功させるポイントを紹介します。

  •  転職の目的を明確にすること
  • 「自己分析」をしっかり深くすること
  • 「企業研究」をしっかりすること

この3つが主なポイントです。

①転職の目的を明確にすること

まずはなぜ転職をするのかという原点をしっかり自分で明確にしておくことです。

その理由が解消、もしくは叶えられなければ転職の意味がありません。

例えば現在は残業と休日出社など多忙なので転職してマイペースに働いてプライベートの時間を有意義にしたいという転職目的だったとしましょう。

次の仕事を探すときに重要視するのは

  • 定時で確実に終わる会社
  • 休日出社がない会社
  • 通勤距離が短い職場

など条件がしっかり出せます。

条件を出すことができれば、業種・職種・勤務形態など絞れてくるのです。

自分が転職する目的を明確にしておくことが成功の大きなポイントです。

②「自己分析」をしっかりする

自分の能力の棚卸をしてください。

転職先のアピールにも転職先を絞ることにも重要になってきます。

自己分析をする上で一番大事なのは自分の価値、つまり自分の強みを出すことです。

自分がその会社に入ってどのように役に立てて貢献できるのかというアピールも明確にできますし、自分の強みを活かした仕事に就ける事でやりがいも生まれます。

転職時には「自己分析」の深さが成功の元です。

③「企業研究」をしっかりすること

転職先の企業研究をしっかりしてください。

現在の仕事も興味があって入社したはずなのです。

それなのに転職となっているのは「何が違ってどこが嫌だったのか?」「どこが合わないのか?」という自己分析をしたうえで行きたい企業とマッチさせなければいけません。

企業の気質、会社の風土、仕事内容、勤務体系、どんな人がいるのかなど企業側の研究も深堀することで自分にマッチできる会社が見つけやすいのです。

自分の強みと企業の求めるものがマッチするように企業研究はしっかりしておくことです

転職活動を短期間で納めるコツを知りたい

転職活動を短期間で納めるにはコツがありますので紹介していきます。

  • 自己分析、企業分析などの準備をしっかり行う
  • 目標期日設定を細かく行う
  • 転職のサイトやエージェントの利用をしてみる
  • 退職に際しての仕事の引継ぎを早く終わらせること
  • 意思を明確に現職に伝えること

①自己分析、企業分析などの準備をしっかり行う

自己分析や企業分析など自分や会社の情報をしっかり事前に分析しておくことで転職先も絞り切れるので求人を探す時間も省けます。

②逆算目標期日設定を細かく行う

まず、一番最初に新しい就職先へ内定をもらえる目標の日付を設定します。

その後そこから逆算していき、面接、応募、求人を探す期間、自己分析期間などを細かく設定します。

その目標期日が明確であると行動もしやすいため短期間で転職活動がはかどります。

③転職のサイトやエージェントの利用をしてみる

複数の転職サイトや転職エージェントに登録してみましょう。

そう言うサイトは幅広い情報を持っていますし絞り込むこともできます。

自分のペースで転職活動ができるようにネットで完結できるので時間短縮におすすめです。

④退職に際しての仕事の引継ぎを早く終わらせること

自分の今の仕事をしっかり引き継がなければ転職は遅くなる一方です。

早めに引継ぎにとりかかり、誰にどの仕事をいつまでに引き継ぐかを明確に決定し計画通りに行動していくことです。

求人にばかり目を傾けていたらいざ面接などになっても今の仕事が残っているため介ジュース確保ができなくなったりします。

同時進行で現職の仕事もしっかり納めていきましょう。

⑤意思を明確に現職に伝えること

転職活動が滞るひとつの大きな理由に会社、上司からの引き留めがあります。

これに対応していてはかなり時間がロスします。

態度を一貫して替えないこと、意思が固いことをしっかり見せましょう。

そして上司や会社にも期限を切って必ず退職できるように自分でコントロールしましょう。

まとめ

転職活動は期間が短ければ短いほど良いものです。

長期化することで精神面も生活面にもマイナスでしかありません。

転職活動を短期化するには、自己分析、会社分析などの事前準備をすること、内定目標日設定をして逆算した計画を立てる事等が重要になってきます。

現職の仕事をしながら同時進行での転職活動なので、効率良く進めて短期間で現職にも迷惑をかけず新しい環境へ飛び込むスタンスを作るのは自分次第なのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次