MENU

知りたい!転職におすすめの業界は一体どこなのか

転職 おすすめ 業界

他の仕事に就きたいけれど、どういった分野に仕事を変えれば良いのか不明だという方もいるでしょう。そこで今回は、異なる分野をご紹介します。

転職などの仕事を変える分野の特徴と共にご紹介したいと思います。

これから転職する分野は、どうしても生活に欠かすことができない重要な分野です。

参考として、違う仕事に就く際の指標としてみてください。

目次

転職マッチング業界の特徴

最初に、他の仕事に移る場合に推奨される分野の特徴について解説いたします。おすすめの分野とは、一体どの様な特徴があるのでしょうか。

市場規模の大小

市場の規模が大きいか小さいかという点が転職に非常に影響します。

それにより、転職率も高くなってしまうのです。そして、新たな人材を雇用する資金も乏しくなってしまうでしょう。市場の規模は、企業の教育制度などにも関わってくるものです。そのため、市場の規模が拡大しているかという点が、大事になります。

教育制度が整っている

良い分野は、教育、トレーニング、研修制度がしっかりしているという見方もあるかもしれません。教育に関する制度がしっかりと整っている仕事の分野なら、経験がない方でも研修を受けられます。

転職する割合が低い

転職する人の割合が低い点も、着目点となります。これは、労働条件や環境が良く人材が定着しているということです。労働環境が良くなければ、誰しも長く働きたいとは思わないでしょう。

そうした点から、仕事を辞める割合が低い分野だと考えられます。チェックポイントとしてみることも一案です。

歴史のある分野を選ぶ

もし初めて仕事を変えるとすれば、歴史が長い分野に挑戦する手段があります。分野そのものが誕生したばかりであり業績などのバランスが取れていません。しかし初めて職を変えるとなると難しいのです。

転職のおすすめ分野や職種の紹介

・情報通信の分野

・インターネット広告の分野

・医療機器や介護の分野

・運送の分野

上記の4つの分野はいずれも今後確実な成長が見込まれ、且つ転職率の低い分野です。順次内容を紹介致します。

情報通信の分野に職を変える

情報通信の分野に移ることがおすすめされる理由はどこにあるのでしょうか。

成長継続

2019年度の市場の規模が2016年度に比べ上昇しているのが、情報通信の分野です。また2022年度以降は世界的な経済も回復してきており、働き方改革を推し進めておりAI分野も発展しています。

情報通信の分野における市場規模は、徐々に成長していくという見通しもあるでしょう。情報通信の分野は、将来性を見込める点が特徴です。

研修制度がある

それは、インターネットが急速に拡大したことが理由です。情報通信分野を経験していない場合であっても雇用を行っているのです。

高い需要のある分野となっていて、情報通信の分野では、内定した人に対しての研修を実施中の企業も存在します。入社前に研修があれば、新たに入る社員も安心かもしれません。

辞める人は少ない

雇用する企業側の立場で考えると、辞める人は少ない方が良いでしょう。2020年度に厚生労働省が行った雇用調査では、情報通信の分野は就職する人の割合が転職してしまう人よりも 多くなっています。

就職する人の割合が高いのは、成長している情報通信の分野が人手不足である点が理由です。それは資金が不足しているわけではなく、業務量の多さからきています。そうしたことから、社員はしっかりと給与をもらえるのです。

IT技術職

また、今後の需要が増加すると予想されるIT技術職もおすすめです。

AIの普及とデジタル化が進むにつれて、2030年の予測ではIT人員79万人が足りないです。これはあらゆる産業で需要が高い職業になります。

需要の多いSEの年平均所得は551万円で、全職種平均455万円より高いです。キャリアがなくても転職が可能です。

資格例

基礎情報術師試験→高度なIT人材になるために必要な基本知識と技術を備えていることを証明

情報技術士実技試験→IT人材としての技術から経営管理に至るまで幅広い知識と技術を保有していることを証明

ITの資格とプログラミング言語の知識は仕事を続けながら習得できるため、多くの人が必要な最小限の知識を習得し、転職後も継続してキャリアを続けています。

資格は転職を行っても消えるものではないので、取得しておくのはおすすめです。

インターネット広告業界を選ぶ手段もある

インターネット広告は、どういった分野なのでしょうか。

インターネット広告費が2兆円

インターネット広告の分野は、2013年からどんどんと市場の規模が伸びています。インターネット広告費が、2019年には2兆円となったのです。

これまでのテレビの広告からネット広告へと移っている大手の広告株主も存在します。それは、以前の広告費に比べて高い費用対効果が得られるようになった点が、背景にあります。

スマートフォンが広まり、ターゲティング広告を簡単にスタートさせられるようになったことが理由です。

広告の分野向けの研修あり

Webマーケティングの分野は経験のない方がクリエイティブ職に移るのは難しいでしょう。しかし、映像ディレクターや営業の仕事であれば、前に就いていた仕事によっては職を移りやすい傾向にあります。

また多数の関係者と掛け合うことが必要であるため、コミュニケーション能力も求められます。また広告の分野に向けた研修を請け負う企業も存在します。こうした企業の研修を実施中の企業に移ることも一案です。

転職する人は多いというわけではない

インターネット広告の分野は、例えば広告代理店では、転職する人が多数いるというイメージもあるかもしれません。しかし実際には、多くはないという話があります。

仕事は忙しさがあるとしても、給与体系あるいは雇用が整っており福利厚生に関してもしっかりとしているからです。

大手広告代理店の勤続年数は、12年から15年ほどが平均となっており短くはないでしょう。

医療機器分野や介護の分野も選択肢

医療機器や介護の分野で働いてみたいという方もいるかもしれません。医療機器あるいは介護の分野も、次の仕事として選択肢となっています。

医療機器の分野は、国内が高齢化社会であるため高い需要となっています。医療機器については、医薬品医療機器法で4つのクラスに分けられていますが、一般医療機器などは移りやすい分野です。

また医療機器の分野を主としたベンチャーであれば、職を移りやすいでしょう。医療の分野は、今後も広がっていくものと考えられます。2055年になると、国民の25%が65歳になるとの予想があるのです。

若い労働力も減少していき、需要と供給がアンバランスになることで、介護の分野はますます雇用が活発化しています。

能力アップの取り組みを実施

医療・介護の分野が事業内職業能力開発計画をつくっている割合は、全部の事業所においてつくられているものが16%です。そして事業所の一部の場合は13%という数値です。

医療や介護の分野は従事者の能力アップに向けた取り組みが実施中なのです。

転職率は低くなっていく

医療や福祉の業界は、令和2年雇用動向調査によると転職する割合は14%です。反対に就職する割合は15%です。しかし、先述した通りにこれからも介護の分野はニーズの高まりが予想されます。

そして国から支援してもらえることも予想できるため、入職率よりも転職率の方が低くなる可能性があります。

運送の分野

運送の分野も、仕事を移る先として適しています。運送の分野とは、一体どの様なところなのでしょうか。

通信が定着している

運送分野の市場に関する規模は、2018年までアップしていました。それから2020年までは平行線をたどっています。ところが、2021年になるとまた上昇してきています。それは、新型コロナウイルスによる影響やインターネットの普及などにより、通信が定着していったというのが理由です。

外部のセミナーなどの実施

運送の分野で若手社員として働くなら、コミュニケーション能力が求められます。これは、お客様とのやり取りなどを行う必要があるからです。また、運送の分野に関する知識も持っていなければいけません。

例えば、道路交通法あるいは個人情報保護を知っておくことが大事です。運送の分野では、外部のセミナーを受講する取り組みを実施中です。また、OJTを実施中の企業も存在します。

廃れる可能性が少ない

運送の分野で仕事を辞めた人の割合(転職率)は、13%となっています。また新たに運送の分野に就職した人の割合は15%です。需要が高まっている分野であり、今後も活気がなくなっていくことが考えにくいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次