MENU

後悔する転職をしないために。転職が成功する人の特性

転職 後悔

いざ転職を決意しても、「周りで転職したはいいが後悔した人の話を聞いて不安」「アピールできるスキルや経験がなく不安」と言った人は少なくありません。

しかし、転職が成功する人には共通の特性があります。その特性を知ることで転職の成功率は格段に上がります。後悔する転職をしないために、成功する人の特性をしっかり押さえておきましょう。

目次

転職して後悔しやすいポイント

転職したはいいものの、転職を失敗と思い後悔する人は少なくありません。後悔してしまう理由は大きく3つあります。それは、転職先の「待遇面」「職場環境」「業務内容」です。まずは、転職して後悔しやすいポイントを解説します。

待遇

待遇面と言っても、給料、休日、残業時間、研修制度、福利厚生など、実際の内容は様々です。中には、残業時間のように実際に入社して働いてみないと分からない点も多くあります。さらに、求人票や選考の場で聞いた内容と内定後に提示された条件が異なっていたりと内定前後で認識のズレが起こる可能性もあります。

待遇面に対する後悔は、残業時間の改善や給与(年収)アップなどを目的として転職をした人はもちろんですが、そうではない人にとっても後悔する原因になってしまうことがあります。

職場の環境

職場環境の後悔は、人間関係や働きやすさに不満を抱く方が多いです。入社後に業務で関わる上司や同僚がどういった人間かは、入社するまで分からないことが多いため、事前に判断することが難しいです。

また、「自分の性格と合わない」や「上司との相性が悪い」「思っていた働き方と違う」など後悔しやすい点は様々です。事前に判断が難しい点だからこそ、この点で後悔する人も珍しくありません。

業務の内容

業務の内容は、求人票や面接で確認できます。しかし、実際に入社してみると事前に教えてもらっていた内容と実際の業務内容にズレがある可能性もあります。転職の軸をやりたい業務内容にして転職をした場合、それが実現することができず後悔してしまうこともあります。

また、具体的な業務の内容に対してだけでなく、いつまで経っても簡単な業務しか任せられず、キャリアアップが望めなかったり、自身の成長につながる業務ができなかったりといったことも、後悔の原因となってしまう場合があります。

転職が成功する人の特性

転職が成功する人には、下記のような7つの特性があります。

  • 転職の目的や軸が明確になっている
  • 待遇や年収にこだわりすぎていない
  • 希望証券の優先順位が決まっている
  • 自分の強み、弱みを把握している
  • 面接対策を行っている
  • 在籍中に転職活動をしている
  • 入社までの決断が早い 

それぞれの特性を解説していきますので、転職を成功させたい人はチェックしてみてください。

転職の目的や軸が明確になっている

転職に成功する人は、転職する目的や軸が明確になっています。例えば、「今の職場では、キャリアアップできないから転職したい」「アプリ開発をしたい」「ワークライフバランスを改善したい」などといった、転職先に求めることがはっきりとしています。

そのため転職先の選定の際も迷うことがないので、転職活動がスムーズに進みます。入社後のミスマッチも少なくなります。

給料にこだわりすぎない

年収にこだわりすぎてしまうと、転職先の選択肢が限られてしまいます。また労働条件も悪くなってしまう可能性もあります。転職に成功している人は、年収だけにこだわりすぎず、待遇やライフワークバランスを考えた働き方ができるのかなど、幅広い視点も持ち合わせて転職先を探して選んでいきます。

転職を成功させるために、給料だけではなく、社風や職務内容、待遇など様々な視点から考えるようにしましょう。 

希望条件の優先順位が決まっている

転職の目的や軸が明確であっても、複数の目的や軸が複数重なったうえで転職することを決意した人は注意が必要です。希望するすべての条件を満たす転職先を探すのはとても難しいと考えておいた方がいいです。

もちろん、希望するすべての条件を満たしてくれる転職先が見つかれば全く問題ありません。しかし転職先を探すのにかなりの時間がかかってしまう可能性があります。選考に入る前に希望条件の優先順位を決めておくことがとても大切です。

絶対に譲れない(マスト)条件、必要に応じて妥協しても良い(ウォント)条件などと整理しておくことで、その企業に応募すべきかどうかの判断基準が明確となります。さらに効率的に選考を受ける企業を選べるようになります。

よくあげられる項目としては、以下のような条件があります。

  • 給与
  • 仕事内容
  • 就業環境
  • 働き方(リモートワーク・転勤の有無)
  • 雇用形態
  • キャリア
  • スキルアップ
  • 社風
  • 福利厚生

条件を整理することによって、自分に合った転職先を見えてきます。転職で後悔しないためにも、絶対に譲れない(マスト)条件、必要に応じて妥協しても良い(ウォント)条件はしっかりと考えてから探しましょう。

自分の強み、弱みを把握している

多くの人が、転職活動するにあたって自己分析をすることが大切ということは理解していても、現職の仕事が忙しいなどの理由で不十分な自己分析のまま転職活動をしています。

転職に成功する多くの人は、自分の強みだけでなく欠点や課題を理解していて、面接で自分について客観的に説明できています。

面接対策を行っている

転職が成功している人は、面接対策を念入りに行っています。中途採用の選考は、筆記試験よりも面接の重要度も高く割合が多い傾向にあります。企業によっては、一度の面接で内定が決まる企業もあるくらいです。

具体的な面接対策は『面接で質問される内容をリサーチもしくは予想する』『面接で質問される内容を事前に想定し、回答を用意する』など、十分な準備をして挑んでいます。しっかりと面接対策を行うことで、面接時に緊張することなく話すことができます。

また、質問内容を事前に想定し回答を用意しておくことで、最良の回答ができるようになります。

在籍中に転職活動をしている

在職中に転職活動をしている人は、成功している人が多いです。その理由は、転職活動している最中でも給料をもらえるので、お金の心配がないため、冷静に判断して転職先を決定することができるからです。

離職後に転職活動していると、多くの場合定期収入が途絶えてしまうので、常にお金の心配をしなければなりません。お金や生活に不安で、自己分析や応募先企業の情報収集など、しっかりとした事前準備ができなくなってしまう可能性があります。

中には、早く収入が欲しいがために、満足のいく条件の企業でなくても最初に内定が出た企業に決めてしまう人もいます。ストレス過多で正常な判断ができるか自信のない人、体調不良で休職する寸前の人など、特別な理由がない限りは、在職中に転職活動をすることをおすすめします。

入社までの決断が早い

内定をもらった後の決断の早さも、転職が成功している人に多くみられる特性のひとつです。その企業に応募した理由や転職の目的や軸、その優先順位が明確になっているからこそ、すぐに決断することができます。

承諾の連絡をするまでに時間がかかる人は、転職の理由や現職の悩みや解決したいことがあいまいなまま転職活動していることが少なくありません。また、口コミサイトの悪い評判や周りの意見などに影響されて、入社に踏みけれない人もいるようです。

さらに、内定者からの承諾の連絡が遅くなると、企業側の採用意欲が下がってしまう恐れもあります。また、企業側も入社意欲が見えづらい求職者よりも、入社意欲が高い人を獲りたいと思うケースも出てくるでしょう。

まとめ

転職に成功する人には特性があります。転職で後悔せずに成功させるために、成功する人の特性を学ぶことが大事になります。

転職が成功する人の特性をまとめると、下記の7つがあげられます。

  • 転職の目的や軸が明確になっている
  • 待遇や年収にこだわりすぎていない
  • 希望証券の優先順位が決まっている
  • 自分の強み、弱みを把握している
  • 面接対策を行っている
  • 在籍中に転職活動をしている
  • 入社までの決断が早い 

これから転職活動をしようと思っている人は、転職が成功する人の特性を押さえて、後悔しない転職をしましょう。また、転職が成功するか不安な人は、転職エージェントの活用もおすすめです。

特にはじめて転職活動する人は、一人で転職活動を進めるのは難易度が高く、不採用が続き挫折してしまうこともあります。そこで、転職活動のプロである転職エージェントを活用することで、企業選び、履歴書や職務経歴書の添削、面接練習などサポートしてくれます。

転職活動をスムーズに進めたいのであれば、転職エージェントの活用も視野に入れておくと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次