MENU

転職での最終面接時の質問と回答、逆質問の要点

転職 面接 逆質問

最終面接は、転職採用プロセスの最終段階です。社長と経営陣が面接を担当することが多いため、「社長面接」または「役員面接」とも呼ばれます。ここでは、上流階級の人々が最終面接でよくみられる質問と回答の例、逆質問はどのようにすべきかについて詳しく説明します。

目次

転職での最終面接は?一次面接と二次面接の違い

最終面接は、採用プロセスの終了時に行われる面接で、採用提案を正式に提供するかどうかを最終決定します。

一次、二次面接では、人事担当者と現場担当者が面接を行い、希望する人物画像と職務内容が一致することを確認します。

一方、会社のビジョンと企業文化が一致するか、会社の未来ビジョンが一致するかを確認することになります。

転職しようとする会社と採用ポジションによって3回以上の面接を経て、経営者を含めた重要な最後の面接まで行く場合もあり得ます。                                

最終面接準備TIP

最終面接に先立ち、最終面接で何を話すかを整理することが重要です。これに対するコントラスト方法について詳しく説明します。

経営の理解深化

すでに複数の面接を経て最終面接に至ったので、この段階でサポートしている会社に関する情報を十分に収集しているはずです。

ただし、最終面接では経営陣が面接に参加して最終決定を下すことになるため、より高く広い観点から会社を深く理解することが重要です。経営の理解を本格的に深める姿勢は、彼らの高い願望の証拠になるでしょう。

例えば、会社のウェブサイトなどで最新のプレスリリースやIRを確認するほか、雑誌や新聞の面接記事を読むのも良い考えです。この情報を知ると、最終面接で逆の質問をするときにも役立ちます。

長期的な目で話すことができる

一次、二次面接段階で、リクルーターはすでにスキルが一致し、積極的な役割を果たす可能性があることを確認した。

最終面接では、最近の成就や習得した技術ではなく、長期的な観点から成し遂げようとすることと目標についての質問を受ける可能性が高いです。「5年または10年後に何をしたいですか?」などの将来の見通しについて話す準備をします。

転職の動機について慎重に考えてください

ほとんどの場合、一次、二次面接ですでに転職の理由を尋ねられています。今まで話した動機の全容を再確認して整理した後、最終面接で話すことになる未来ビジョンと矛盾する部分はないように注目してください。

最終面接から出る可能性のある質問と回答

最終面接でどのような質問が最も多いと思いますか?以下は、最終面接で上流の人々が投げる可能性が高い3つの質問とサンプルの答えです。

質問1:管理の最も重要な側面は何ですか?

回答例

成功したプロジェクトでは、メンバーは過去の失敗に基づいた確固たる世界観と明確な目標を提示し、半期のプロジェクト期間中毎日継続的にコミュニケーションをとりました。

単に目標を伝えるだけでなく、チームメンバーが簡単に共有できるチーム内のスローガンを考え、日常業務を通じてメンバーが自然に目標を認識できるように措置を講じました。

最初は目標達成に懐疑的だったメンバーたちも変わり始め、プロジェクト後半部には何も言わず自ら推進するチームになりました。

経営の面で重要なことは、チームの方向性を明確にし、それをどのように継続的にうまく伝えることができるかを揺るがない目標を設定することだと思います。

質問2:販売があなたにとってどのような意味であるかを教えてください。

回答例

販売は小さな信頼を築いて顧客の潜在的なニーズを明らかにするものだと思います。3年前、私が前任者から会社と取引量が少ない同種業界の中小企業を買収したとき、顧客が「前のように大丈夫です。提案は大丈夫です」と言われました。

少しずつ信頼を積むことが重要だと考えて隔週で定期会をお願いし、あきらめずに他の業界の研究をもとに提案を続けました。

半年ほど経つにつれて、徐々に顧客の態度が変わり、追加注文が入り始めた。これに着実な成果を出しており、さらに信頼が上がり、私自身もクライアントのビジネス問題をより深く理解するようになり、クライアントが気づかなかった部分についても提案ができるようになりました。

その結果、クライアントは「今後、役員と定期的な会議を開催しよう」と提案し、より多くの注文を受け始めました。現在、売上上位5位圏まで事業を拡大しています。

質問3:最も成功した、または失敗したビジネス経験、成功のポイントと考えについて教えてください。

回答例

現職で社内事業提案公募で受賞後事業化を担当したプロジェクトは、失敗経験を通じて多くを学びました。営業現場経験をもとに構想したプロジェクトで、既存の顧客にクロスセル(cross-sell)が可能な「○○人的資源管理サービス(SaaS)」を作ることが内容でした。

本業との親和力が高く、事業化のためのサインを受けて5人で始まった。しかし、私を含む会社ではSaaS製品の製作に関する知識が全くなく、無料で使用しても使用できない状況が続いています。会社で半年以内に続くかどうか決めると連絡を取り、窮地に追い込まれた。

マインドを変え、事業計画を整え、問題点を把握し、すぐに改善し、既存事業体の営業を訪問するなど、着実な努力を重ね、1年ぶりに月間収益性を達成できました。

たとえ売上規模が5億円でまだ微小ですが、今回の失敗経験を通じて製品と組織構造を徹底的に考え、絶えず改善しなければならないことを学びました。この経験は、新しいビジネスの創造と既存のビジネスの移行段階に役立つと信じています。

最終面接で聞く逆質問

最終面接では、面接を担当する経営陣にあなたが逆質問をする場合もありますが、会社の今後の方針について直接聞く良い機会です。

目標や重点分野などの管理に関する質問

1、2次面接では、人事担当者と現場担当者が面接を担当することが多いため、会社の全体的な経営について質問をしても明快な回答を申し上げにくい場合があります。

一方、最終面接では経営陣に直接質問をして答えを聞くことができ、今後の方向性と将来の可能性についてよりよく理解することができます。

「どんな会社になりたいか」、「集中したい分野」について聞くことができれば、複数の会社から提案を受けたときに会社を選択するのに役立ちます。

以前の面接で回答できなかった質問

最終的な面接は、通常、応募者が直接対面して質問する最後の機会です。一次面接と二次面接で気になった点、十分に聞かなかった点について質問することも忘れないでください。最終入社かどうかの正しい決定を下すためには、疑問点を解消することが重要です。

質問するとき、経営陣に尋ねるべき質問(会社、事業、組織の方向など)と職員等に後で尋ねるべき質問(勤務条件等)を適切に区分しなければなりません。最終面接では経営陣に尋ねるべき質問だけを行い、その他の質問はHRにメールで確認して解決します。

動機付けの質問

逆質問して入社動機が高いことを示すのも良いアピール方法です。たとえば、「私が会社に入ったら…」や「私が…」などのフレーズを追加すると、所有者の意識があることがわかります。あなた自身について。入社動機が非常に高いことをより明確に伝えることができます。

また、質問する際に「○○についてどう思いますか?」などの質問は避けてください。産業と企業の研究に基づく仮説に基づいて具体的な質問をしましょう。たとえば、「自分自身ではこう考えていますが、市場でのXXの位置についてどう思いますか?」

会社への願望と働きたい意志を測定するために

かなりの量の会社調査を行ったすべての者はすぐに質問をします。質問があるかどうかを尋ねることで、会社と事業自体に対する理解度を通じて、会社に対する抱負と入社意志を見てみようと思います。

コミュニケーション能力を確認するために

面接官は、逆質問内容、より深く掘り下げたい内容、質問内容から興味のある内容を探しています。また、質問に応じてトピックをさらに拡張できるかどうかを確認するためのコミュニケーション能力を確認します。

企業文化や業務内容の理解を深め、互換性を確認するため

また、応募者が自由に質問できるようにすることで、企業文化と職務に対する正確な理解度を高め、互換性を確認したいと思います。また、応募者の注目事項に応じて、企業や職位との互換性を測定することもできます。

まとめ:会社に関する懸念と質問を解決するために

一部の応募者は、サポートしている会社について懸念や疑問があるかもしれません。したがって、直接質問する時間を別に設けることで、入社後の応募者の気がかりを解消し、不一致を防止するためでもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次