MENU

転職するときに給与交渉する方法?

転職 給与交渉

転職で自分の経験と技術を評価されて年収を上げることに成功する人もいますが、やりたい職業の年収が望む水準に及ばないかと不安になる人も多いです。または、年間収入が減少することもあります。

この記事では、転職を通じて給与を増やしたい人と給与の減少を防ぎたい人のために、次の点について詳しく説明します。

・給与交渉の最適な時期、・給与交渉での印象のアップ方法、・給料交渉事例をパターンで伝える方法、・給与交渉中に内定はキャンセルされるか? ・給与交渉での禁止事項

目次

転職で年俸が上がる?下がる?

転職をすると年俸が本当に上がりますか?下がりますか?

厚生労働省の雇用動向調査(会社員の賃金変動)によると、調査結果35%が転職後給与を引き上げたことが分かりました。

逆に減少した人の数は増加した人の数とほぼ同じです。

転職後に同一年収または給与アップを希望する場合は、応募会社と希望する金額を協議する必要があります。

転職時に給与交渉は可能か?

多くの人々が転職するときに給与交渉が大丈夫かどうか疑問に思うようですが、給与交渉ができるのでマナー上も問題ありません。

給与がどのように決定されるか

給与は主に2つの基準に基づいて決定されます。

・会社の給与表に基づいて決定

・転職時の年収を参考に、機能と経験によって決定

多くの企業では、役職、職務、年齢、その他の要因を考慮して「給与表」を設定します。給与表と比較して転職時のスキルと経験を考慮して、転職者の最終給与額は決定します。

給与交渉はOK

多くの人が給与交渉を困難にしていますが、これは悪いマナーとは見なされません。特に給与が最優先であれば期待に及ばなくても引き続き仕事をすることは無理になるので、必要に応じて交渉ができます。

ただし、採用に影響を与える可能性があるため、交渉方法に注意する必要があります。

給与交渉はいつがいいか?

給与を交渉するのに最適な時期は内定後、または内定を受け入れる前です。ただし、会社は給与を採用プロセスの一部として考慮しているため、面接の際に希望する給与について質問することができます。

転職時の給与交渉時期は両方の時期に考慮することができるので、両方とも準備することが安全です。

内定後、内定を受け入れる前のタイミングは交渉しやすい。

給与交渉の理想的な時期は、内定の後と内定を受け入れる前です。

それには理由があります。

・採用に影響を及ぼすことがあるのは内定前の給与交渉です

・求職者は採用後に有利な交渉を進める可能性が高い

また、入社後の条件と入社日を決定するために会社にオファー面接がある場合は、その前に事前に通知することをお勧めします。

ただし、このような規則に従うとしても申請要件を大きく超える要求をしたり、低い希望年俸を伝えた後に引き上げるのは悪い印象を与えることがありますのでしないでください。

面接中に年俸に関する質問を受けたときに答える方法

雇用主は、面接中に雇用要件を満たしていることを確認するために給与について質問することができます。この時点で、希望する金額を明確に伝えることに問題はありません。

ただし、会社の募集要件と希望年俸が離れていると、採用が難しい場合があります。一方、所望の年収が低すぎるか、「いくらでもいい」と答えると自尊心が低くなります。

自分の希望を伝えたいなら、希望する金額に対する根拠を、元の職場の年俸と自分の能力と経験をベースに明確に提示して、相手に伝えましょう。

給与交渉で良い印象を与えるためのヒントとコツ

給与は雇用主と志願者の両方にとって重要な考慮事項です。しかし、お金について話すだけの印象を与えるなら、一緒に働きたいという気持ちを持つのは難しいでしょう。

ここでは、支援する会社に悪い印象を与えずに給与交渉をするために必要な準備と考え方について詳しく説明します。

給与交渉前にすべきこと

新しい雇用主と給与交渉をするとき、年俸の具体的なイメージで説明していただければ、会社を説得しやすくなります。

給与交渉前に準備すべき事項を詳しく説明します。

採用情報で新規採用の平均給与、年俸などを確認してください。

転職する会社の平均年俸、年俸など会社の給与水準を必ず把握してください。あらかじめ調査し、希望の金額を伝える際に参考資料として活用すれば、企業が積極的に採用を考慮する資料になります。

雇用通知は、給与に関するガイダンスを提供することが多いため、職務の種類と並んでいる会社の給与を確認することをお勧めします。

転職する業種と職種の給与市場を事前に確認してください。

給与は通常、業種や職業によって決まります。転職したい業種と職業の相場をあらかじめ確認し、相場を大きく上回る金額を提示し、拒絶されないようにしてください。

市場価値の見積もり

交渉時に市場価値が何であるかを知ることが重要です。市場価値を知ることで、論理的で合理的な金額で交渉することができます。

同種業界の他の企業で採用情報を探し、複数の企業に支援しながら提示された給与を参考にすれば、転職できる年間収入がどれくらいになるかを概算することができます。

交渉の根拠の準備

交渉時に希望する金額を計算する方法を客観的に説明する準備をします。

以前の職場の年俸の他にこれまで積み重ねてきた技術と経験に相当する金額であることをデータで具体的に説明できれば、面接官を説得する可能性が高くなります。

最低賃金の決定

転職には、希望する金額と最低の給与額とを判断すること。

最小限の線を明確にすれば、入社を悩むときに決定することの一つになることができます。やりたい職業であっても、最低賃金以下の給与では生計を維持できないことが分かったら、すぐに入社するかどうかを決めましょう。

円滑な給与交渉のためのヒント

給与交渉を円滑にするいくつかのトリックがあります。

給与の質問に対する迅速な回答を避ける

給与について尋ねられたときに即時の答えを避けてください。面接で明快に答えることも重要ですが、会社の立場では給与も重要な問題です。

面接などで希望金額より少ない金額が提示されたら、その場でOKと答えると後で撤回しにくいです。一方、「無理!」とはっきりと答えれば良い印象を残すことができません。

もちろん、希望する金額を超える内定を受ければすぐに応対することもできますが、「もう少し考えてみたい」や「機会を持ちたい」と返信するのもオプションです。すぐその場で決定を下さないことです。

他の有望企業の条件による交渉

給与を交渉する1つの方法は、他の会社の内定条件に従って交渉することです。

重要なのはそれを伝える方法です。「この条件に近くなると嬉しいですが、考慮していただけますか?」

仕事の内容を金銭換算して伝える

希望する金額を提示するときは、その根拠を明確に提示することが重要です。

金額が確固たる根拠があれば、会社を説得しやすくなり、考慮してみるべき資料になります。そのため、業務をアウトソーシングする際にも金額を出すことをお勧めします。

具体的な金額があれば説得力のある説明ができ、交渉を有利に進めることができます。

転職エージェントの活用

自分で交渉することに確信がない場合は、転職エージェントを通じて交渉することを推奨します。

転職エージェントを利用すると、給与交渉相談が容易になり、場合によってはエージェントが直接交渉を行います。

また、転職専門家であるため、志願者の市場価値を判断し、条件と成果に合った企業を紹介することができ、転職が円滑に進行します。

転職に最大限の支援を受けることができるというメリットがあるので、悩みや悩みがあれば相談してみるのも一つの方法です。

給与交渉のパターン別例文

良い印象で給与交渉をするにはどうすればいいか?以下は、各給与交渉パターンの例文です。

就職内定後給与交渉開始

入社を積極的に検討していますが、給与について議論したいと思います。提示された年収400万円について見直しの余地はありますか?

以前の職場では、IT営業責任者であり、そこで得た知識と経験がWebサービス部門の仕事に十分に貢献できると信じています。

利己的ですが、現在の年所得が480万円なので可能であれば、転職後も同じ金額の年所得を考えていただければ幸いです。

面接中に希望する年間所得について尋ねるとき

パフォーマンスを考えると、可能であれば、現在の年俸より10%高い金額を要求したいと思います。

その理由は、前の職場で常に目標の100%~125%の新規開発売上を維持しており、貴社で十分活用できる経験だと自負します。

交渉の余地があれば検討していただければ幸いです。

金額が決まったら

現在の年俸より5%高い年俸を受けるには、貴社でどのような活動をすればいいですか?

また、実際に印象になるまでにどれくらいかかるのかを見てみましょうか?

給与の話題が面接から出てこないとき

面接で給料の話を最初からやって初めてから給与の話をすると気分が悪いでしょう。

仕事の詳細を聞くことができ、仕事のイメージが得られました。ありがとうございます。最後に、給与構造を確認してもらえますか?

給与交渉中に採用が取り消されることはあるか?

結論として、内定は給与交渉だけでは取り消されません。

ただし、交渉の結果、志願者と会社が望む金額が一致しない場合、契約は締結されず、就職を拒否するしかありません。

「最終決定に従いますが、ご検討いただきありがとうございます。」

給与交渉でやってはいけないこと

給与交渉で良い印象を与える方法をお知らせしました。ここでは、会社と給与交渉の際には行わないNG行動を説明します。

合格通知書提出後給与交渉開始

給与交渉は、企業側が合格通知書を提出した後ではNGです。

受諾書の提出は、会社が提示した条件に同意するという意思表示です。言い換えれば、就職内定を受け入れた後に給与交渉を開始することは、合意された条件を逆転させて信頼を失うことです。

給与交渉を行うには、内定前か内定合意に達する前に交渉する必要があります。

独自のスキルと経験に比例しない高価格を提供

また、スキルと経験に対応しない額を提供することも良い考えではありません。

客観的に判断できない人、お金だけ考える人は悪い印象を与えるためです。これを防ぐためには、事前に市場価値を調査することが非常に重要です。

業界標準とかけ離れた金額の要求

給与を交渉するときは、退職したい業界の基準に合った金額を交渉します。

職務内容が同じでも業種、会社によって給与水準が異なるため、本人も知らずに希望の金額を提示して採用されない可能性があります。

また、給与基準が高い業種で転職を行うと、職務内容は変更されなくても業種変更だけでも給与が低くなることがあります。

給与期待を伝えるときは、新しい雇用主のレベルを考慮することをお勧めします。

面接の際は、労働条件に関する質問だけをしてください。

面接段階で勤務条件だけ話すと会社の気持ち悪いことがありますのでご遠慮ください。

仕事の内容や会社の未来だけではなく、福利厚生、年俸、賞与金だけ話すなら、処遇だけで転職を決定する志願者と誤認されることがあります。

面接段階では、治療に関する積極的な質問を避け、相手が質問をしたり、内定を受けた後に詳細を尋ねます。

まとめ

一つ一つは難しくはありませんが、会社に悪い印象を与えずに給与交渉で難しい点があります。

自信を持っている人は自分で交渉をすることができ、年間所得の増加を目指すことができますが、交渉がうまくいかないとリスクがあります。不明な場合は、転職エージェントに任せるのは安全です。

希望の金額にマッチングしないからといって最初からあきらめないで粘ることです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次