MENU

転職の自己分析をしよう!

転職 自己分析

自己分析という言葉を知っている、もしくは教わった人もいるかもしれません!これらの言葉を聞いたことがありますが、完全に理解している人はほとんどいません。

今回は、できるだけ簡単に転職したい人が自己分析をする必要がある理由を紹介します。

目次

自己分析が必要です | 自分自身を見てください

他人と自分を比較するなど、自分の嫌いなことには過度に敏感ですが、自分の良さを知っている人はほとんどいません。

ほんんどの人は難しいことだと思うかもしれません。さらに転職したい企業は自分のことを何も知らないのです。

雇うことは会社に利益をもたらすので、自分の魅力や、自分しかできない成功能力を、できるだけ伝えてみてください。転職するときは、自分以外にもたくさんの人がいます。

それだけ多くの人から選ばれるためには、どれだけ人を惹きつけられるかにかかっています。

自己分析が必要 | 自分に合った仕事を探す

新しい仕事を探すときは、これまでに経験したキャリアの中で新しい仕事を探すか、これまでに学んだことを活かせる新しい仕事を探す人がほとんどです。

しかし、本当に自分のスキルに合った仕事を見つけることができるでしょうか?多くの人が自分の可能性を妨げています。

そのため、自己分析をすることで、メモを取ればいいと思っている仕事ではなく、意外な才能を発揮できる自分に合った仕事にたどり着くことが可能です。

自己分析が必要なのはギャップの把握

給料を上げたい、スキルアップしたい、現状維持よりも成長したいなどの理由で転職を考えています。

しかし、現状を変えることができるのは転職だけですか?

現在の職場や生活環境でスキルアップに苦労していませんか?

転職は決して悪いことではありません。ゼロからのスタートであり、新たなスタートです。今の職場環境をもう一度考えて、改善する方法はないか考えてみましょう。

本当に簡単な自己分析法

ポイントとは何かを詳しく解説します。

真似しやすい自己分析 | 得意なこと、苦手なことをイメージする

どこから始めればよいかわかりません。なんでもいいからランダムに書き出してみてください。

仕事の得意なことと苦手なこと、学校の得意なことと苦手なこと、恋愛の得意なことと苦手なこと、さらに、日常生活で苦手なこと、得意なこと、人間関係、友達など。

改めて書いてみると、すーっとやれる人もいますが、なかなか進まない状態の人もいます。だからこそ、頭に浮かんだことを書き留めておく必要があります。

勉強では国語が好きですが、算数は苦手です。仕事では単純作業が好きで、アドバイスが苦手。このように、得意なこと、苦手なことを書き出すことで、苦手なこと、得意なことを判断することができます。

すぐ真似できる自己分析 | 得意な理由、苦手な理由を探る

なぜそれが得意で、そうでないと思うのかについて具体的に説明します。

たとえば、上の例をもっと掘り下げて、数学を学ぶのは好きだけど、国語の問題は苦手だとしましょう。計算を学ぶのが得意 → 簡単に結果を計算できるので好き

国語問題が苦手→文章を読んで内容を理解してから問題を解くのが苦手。これは必要です。あまり考えずに、できる限り書きましょう。書くことと視覚化することで、自分の得意なこと、苦手なことがわかります。

真似自己分析|共通点の抽出

何が得意で何が苦手か?自分の性格のどの部分が自分の得意なことと共通点があり、どの部分が得意なのかがわかるはずです。

新しい雇用主は自分自身について何も知りません

この場合、自分のことをもっと知るためには、できるだけ具体的に自分にアピールする必要があります。 この仕事にどれくらい情熱を持っていますか? なぜ新しい仕事を見つけようと思ったのですか? それができるかどうかを適切に分析することで、新しい雇用主をより明確かつ自信を持って引き付けることができます。

自己分析は転職においては非常に重要な作業です。したがって、自己分析に満足するのではなく、より自分に合った仕事を見つけるという最終目標を達成することが最善です。

転職時の自己分析の長所

本格的に始める前に、徹底的な自己評価を行いましょう。

自己分析を行うことによって長所を見つけると下記の3つがあげられます。

  • 会社のミスマッチを避ける
  • 自分の経験やスキルを思い出す
  • 転職が不安な人も道案内が見れる

会社のミスマッチを避ける

仕事の選び方には、「やりたい仕事」と「自分に合った仕事」の2通りがあります。

やりたい仕事でも、好きだけど苦手だったり、自分の性格に合わなかったり…戸惑うこともあるでしょう。

自分の強みを活かせそうな企業を見つければ、入社後のミスマッチは起こりにくくなります。また、自分の強みを活かせる仕事を探すことで選択肢が広がります。

やりたい仕事だけでなく、自分にとって一番有利な仕事を見つけることが大切です。いろいろな仕事を考えながら、「やりたい仕事」と「自分に向いている仕事」のバランスを見つけましょう。

自分の経験やスキルを思い出す

応募動機や自己PR、履歴書の書き方がスムーズになります。

実務経験を最大限に活かすことが重要です。自己分析を通じて、自分の業績や強みを具体的に説明できるエピソードを十分に見つけてください。

転職が不安な人も道案内が見れる

転職の悩みも、自分に合っているかの悩みも、自分を徹底的に分析することで、今まで見えなかった自分の本質が見えてきます。逆に今の仕事を続けるべきだとか、今の仕事でベストを尽くすべきだと感じるかもしれません。

「自己分析をして自分で調べよう」と考えてみてください。自分を見つめ直すことで、進むべき道が見えてきます。

自己分析でできること、やってはいけないこと

転職活動にうまく活かすことができません。

自己分析を行って避けるべき行動としては下記の2つがあげられます。

  • あいまいな言葉を避ける
  • ネガティブ思考

あいまいな言葉を避ける

自己分析では、自分の特性に正直になり、学んだことを基にモチベーションと、他の応募者と区別がつかなくなりますので注意してください。

モチベーションや自己PRによく使われる言葉は、面接官にとって「なじみのある言葉」かもしれません。したがって、言葉を説得力のあるものにするために、独自のプロットを追加する必要があります。または、次のような表現を試してください。

例)

キャリア開発のため→私の目標は○○だから

協調性 → コミュニケーション能力があり、他者とじょうずに協同作業ができる

責任感→引き受けたジョブは最後までやり遂げる

ネガティブ⇒ポジティブへの変換

自分の長所だけでなく短所も見えてきます。このような場合でも、うまく視点を切り替えることで対応できます。

自分のネガティブなイメージを見かけたら、ポジティブな言葉に置き換えてみましょう。たとえば、次のように説明できます。

例)

優柔不断→柔軟

疲れた → 好奇心旺盛

悩む→予定

神経質→注意深い

頑固→自信家

私は強い → 私にはリーダーシップがある

表現をポジティブなものに変えることで、魅力的な視点にすることができます。

応募動機の作成(自己分析フォームに基づく)

作成したら、応募する理由を自分の言葉で書き始めます。

自分の強みを発見し、且つ他人の強みも見つける

自分の経験を掘り下げることで、自分の強みがわかるはずです。この強みが、企業が求めている人物像と合致していれば、面接でうまくアピールできます。

ただし、転職を成功させたいからこそ、企業が求めている人物像に近づきすぎないように注意しましょう。 転職に成功しても、それは長続きしません。

転職を繰り返すと、理由があって頻繁に転職している、採用されても長続きしないといった印象を会社に与えることがあります。ミスマッチな転職を繰り返さないためにも、転職に必要な「強み」をみつけるために自己分析を徹底して行いましょう。自己分析シートを活用しながら、自分の強みを活かせるドライブを作ってみてください。

自己分析は、過去の経験をより深く掘り下げて、自分の本当の強みを発見したときに最適です。 自分の強みをより詳しく分析すれば、やりたいことだけでなく、自分に効果的なものに集中できます。

転職をするか確信が持てない場合は、まず自己分析をしてみよう。自己分析を通じて自分を振り返り、支援動機を高め、自己紹介書を作成し、履歴書を作成してみてください。

それと同時に自分のことだけでなく他人のストロングポイントも見つけ出してあげれば、グループとしての共同作業もまた見ものです。

転職にはなぜ自己分析が必要なのか、自己分析の言葉しか知らない新卒転職者に向けて、わかりやすく解説します。 また、自己分析をすることで、新しい自分や、自分に合っているとは思っていなかった仕事を見つけることができます。とにかく転職ではいろいろな観点から考えることです。何度もよく考え抜くことです。そうすれば進むべき方向が目の前にしっかりと見えてくるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次