MENU

転職を成功させるために知っておくべきポイント

転職 スキル

今の仕事、このまま続けていて良いのかな、転職したいけど不安だ…悩んでいるあなたに、転職を成功させるために必要なノウハウをお伝えしていきます。大切なのはゴール×やりたいこと×スキルです!

目次

転職活動前の基礎知識

転職活動をする前に知っておきたいこと①

今は転職が当たり前の時代です。とは言っても転職を考えたいけど漠然とした不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?きっと「転職」と言う文字が浮かんだあなたは今の仕事に何かしら不満や不安があるのではないかとお思います。ただ、その理由を深く考えずに、まず行動!と転職活動をスタートしてしまうのは危険です。例えば、「今の仕事がとにかく辛い。給与が下がっても良いからもう少し楽な仕事をしたい」「今の仕事の給与に対して不満。多少忙しくても良いからもっと稼げる仕事がしたい」こんな理由から転職してしまうと「前の仕事よりもずっと楽になったけれど、やりがいもあまり感じない…自分がやりたいことってこれだったっけ?」「稼げるようにはなったけれど忙しすぎて辛い…」こんな風に失敗してしまう方も少なくありません。これは、なんとなくの理由で転職活動をスタートしたために、結果的に「こんなはずじゃなかった」となってしまうパターンです。

転職する前に知っておきたいこと②

そしてもう一つ、気をつけなければならないことがあります。「自分がやりたいこと」と「できること」の整理です。極端ですが、やりたいことが企画だったとしても、今まで事務の経験しかなかったとしたら、運よく内定をもらえたとしても「望むところに転職はできたけれど、思うように活躍ができなくて苦しい」こんなことになってしまいかねません。これは転職先企業が求める人材と転職者との間でのミスとマッチです。内定が欲しいからこそ、転職先が求める人材に自分を当てはめてアピールするのはわかるのですが、自分にできること、持っているスキルが合っていなければ転職した先で活躍ができないとなってしまうことがあります。それを避けるためにはこの「やりたいこと」と「自分にできること=スキル」を分けて考えて整理した上で転職活動をする必要があるのです。

この「転職理由」×「やりたいこと」×「スキル」が、転職活動を成功させる上では非常に重要なポイントになります。

それでは、これらをどのように実践していくのかみていきましょう!

なぜ転職したいのか…あなたの転職のゴールを決める

「なぜ自分は転職したいのか」まずはこれを自分に問いかけてみましょう。ちなみに【退職理由ランキングトップ5】では1位給与が低い、2位労働時間や労働環境などの条件が悪い、3位職場の人間関係が良くなかった、4位会社の安定性や将来性に不安がある、5位仕事の内容にやりがいを感じない、などが挙げられています。

理由は1つだけでないことも多いのではないかと思いますが、ランキングで見えてくるように昨今では給与面での不満が理由となる場合が多いようです。自分の転職理由を考える際には、できれば紙に書くことをお勧めします。例えば「給与が不満」だとしたらそれだけで終わらずにもっと深く自分に質問していきましょう。

・給与の何が不安ですか?仕事量に対しての金額?

 └仕事量を減らして今と同様の稼ぎであれば良い?

  └仕事の量を減らすってどれくらい?実働時間や休日日数は?

 └同じくらいの仕事量でもっと稼ぎたい?

  └もっと稼ぎたい金額はどれくらい?

 └もっと仕事量が増えてもいいし、もっと稼ぎたい?

  └増えてもいい仕事量ってどれくらい?実働時間や休日数?

このように、不満を分解して自分を深掘りしていきます。そうすることで自分がどんなところに転職できたら成功と言えるのか、ゴールとなる指標が見えてきます。ただここで注意点が一つあります。例えば「週3日×6時間ずつ働いて、月収50万円稼ぐ」このようなゴールが出てきたとします。もちろん、それを目指すのも悪くはないのですが、現在の仕事で週5日働いて手取り20万円いくかいかないかの状況の人が、転職して急にそれを叶えることができるでしょうか?それに「3日間×6時間で50万円」はゴールの幅が小さすぎます。「週5日未満×8時間前後働いて20万円以上稼ぐ」などであれば、多少幅ができるのでゴールに沿う求人に出会える可能性も増えるでしょう。逆にゴールを考えて行った先に「それって今の会社で解決できるのでは?」となることもあります。解決できるのであればそれはまだ転職の時期ではないのでしょう。

転職してやりたいことは?

さて、転職のゴール(成功したといえる転職先の指標)が決まったら自分のやりたいことを考えていきましょう。「やりたいこと」そう言われてぱっと出てくる人はそれでいいのですが、なかなか出てこない方も多くいらっしゃいます。まずはあまり難しく考えずに「好きなことは何か?」と自分に問いかけてみてください。書くこと、人と話すこと、企画すること、など、作業レベルで構いません。その上で複数出てきたものがあればそれでも構いません。また、なぜそれが好きなのか、理由や好きになったきっかけとなるエピソードもあれば、併せて紙に書き出しておきましょう。

自分の考えを実際に紙に書くことによって、自分の頭の中を整理することができます。さらに、やりたいことと合わせて自分が転職する際に何を望んでいるのか、優先順位を絞っていくことができるため、自分に合った職場が見つけやすくなります。紙でなくても、スマホのメモ機能に箇条書きするだけでも整理されるため、ぜひ実践してみてください。

大事なのは「スキル」

次は「スキル」についてです。それはあなたが得意とすることと、今までの仕事の中で積んできた経験です。自分に得意なことなんてあるのかな、なんて不安になることはありませんし、他人と比べる必要もありません。今まで評価してもらったことや、自分で「これなら他のことよりも自信を持てる」と感じるものを書き出してみてください。

ご参考までに【転職で役立ったスキルランキング】では1位OAスキル、2位コミュニケーションスキル、3位語学スキル、4位系理系資格・スキル、5位クリエイティブ系スキル、6位IT・プログラミングスキル、7位接客スキルなどがあります。8位以下にはビジネスマナーや営業スキルなどが上がってきています。自分の得意スキルが上位にあれば、転職の際に役に立つかもしれませんね。このスキルについても「なぜ得意なのか」「そのスキルを身につけたエピソード」なども併せて書き出しておくことをおすすめします。

もし、あまりスキルを書き出せないから不安…という時には、今から勉強しましょう!ビジネススクールに通うのも良いと思いますし、独学で勉強するのもいいと思います。転職活動と並行しながらスキルを磨き、より良い転職先とマッチできるように自分の市場価値を高めていくことは、経験として自分の役に立つはずです。

また、年齢によってもスキルの見られ方は変わります。20代での転職であれば、スキルについて強く求められることは少ないですが、30代以降はかなり重要視されることとなります。即戦力として求められることが増えるので、専門的なスキルの有無やこれまで経験してきた仕事内容、リーダーやマネジメントなどの経験があるかどうかなどが大きく左右する場合も出てくるでしょう。これらの経験がある方は自分のスキルとしてどんな経験だったのかを思い返して伝えられるようにしておくと良いでしょう。

転職活動をスタートして成功へ!

ここまでできたら、転職活動をスタートしましょう。転職先の企業を探すには、特に「転職のゴール(成功となる転職先の指標)を忘れずにみていきましょう。ただただなんとなく見ていると、そのまま「なんとなく良さそう」という理由で応募してしまいがちです。また、その企業が求めている人材もしっかりとチェックしましょう。それが自分の考えたやりたいこととマッチするか、スキルとして無理はなさそうかも見ておく必要があります。目的は「内定をもらうこと」ではなく「転職を成功させること」なので、数を打って当たればいい、のような考え方は決してしないでください。そうして自分の希望する企業、そしてマッチしそこmうな企業が見つかれば、書類選考や面接へと進みます。

ここでは、紙に書いておいた「転職のゴール」×「やりたいこと」×「スキル」が役立ちます。上記で述べてきたように、自分への問いかけをして、自分を深く理解しておけばおくほど、転職の希望も鮮明になって企業とのマッチ度も上がり、実際に転職した先ではスムーズに新しい職場での生活をスタートできるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次