MENU

転職時の挨拶について(転職の前後)!自己紹介の例文や、菓子折りはどうするかも

転職時の挨拶
目次

転職前の挨拶

転職前に必要になってくるのが挨拶です。退職時には、お世話になった会社に挨拶を行ってから、新会社に行きます。退職した会社には、ちゃんと挨拶をしたいものです。

退職する前に関係者に挨拶

退職前には、お世話になった方への挨拶が必要になります。今までの感謝の言葉などを伝えます。同部署や他部署への方へ、挨拶を行いましょう。どの範囲かというと、自分が関わってお世話になった人には挨拶を行いましょう。正社員などで会社の人と関わる機会が多かった場合は、会社の人ほとんどという場合もあります。辞める際に、個人的に挨拶に回る必要があります。退職日に、事情があって休みという社員もいるため、必要に応じて一週間前から挨拶を行うとよいでしょう。

スピーチがある場合

その場合は、一度に同部署の人などにしっかりと挨拶を行いましょう。スピーチの場合、朝礼などで促される場合も多いです。その場合、業務前ですので、手短に、しっかりと挨拶を行います。1分前後のスピーチがおすすめ。今までのお礼の気持ちや、入社から今までの印象深い事、部署の人達へのエールなどです。ネガティブな事は話さないほうが良いでしょう。一身上の都合により退職します、程度にとどめておくのもベストです。

メールでの挨拶(社内、取引先)

メールで挨拶する場合もあります。営業職などでメールでの挨拶が必要な場合は挨拶を行います。社内へのメールでの挨拶は最終日に行う場合が多いです。取引先への挨拶は、引き継ぎもあるため2週間前ほど前くらいから行いましょう。感謝の気持ちなどを、書いてメールします。フォーマットなどにそって、しっかりと挨拶を行いましょう。

新しい会社に行く準備

準備について、紹介をしていきます。会社に行くときは一番緊張すると思いますが、入念に準備をしておくと心に余裕ができるため、プレッシャーに潰されにくい状態を作ることができます。

持ち物の確認

持ち物の確認も大切です。忘れ物がないように、持ち物の確認をしてください。会社から指定された持ち物を前の日から準備しておくと良いでしょう。忘れ物があると、入社の準備も時間がかかってしまったりします。忘れものがないように確認をしましょう。会社から指定がなくても、メモ帳やペン、時計などしっかりと確認をしてください。忘れ物があると、挨拶にも身が入りません。忘れ物をしないように、可能な限り注意をしましょう。

身だしなみの確認

とても大切です。清潔感を意識しましょう。第一印象は、これから会社でうまくやっていくためにも、とても大切です。髪型や、服のシワなどよく確認しましょう。家を出る前に身だしなみを鏡で確認すると良いでしょう。挨拶の際も、見た目の清潔感、印象は大切です。ぜひ、身だしなみはしっかり整えてから、家を出たいものです。身だしなみの確認は、しっかりと行いましょう。

挨拶や自己紹介文を準備

挨拶や自己紹介文を準備しておくと安心です。実際、挨拶で、頭が真っ白になりあまり話せないというのがないように、メモを用意すると良いでしょう。

挨拶や自己紹介文について

挨拶や自己紹介文、入社日の前の日までに準備しておくと便利です。

当日になると緊張してしまう場合がほとんどなので、事前に自分が何を言うのかを決めた後に練習をしておくのがおすすめです。

盛り込んだ方が良い内容

取り上げる内容をみていきます。挨拶や自己紹介文に最低限、盛り込んだほうが良いのは、名前や意気込みです。名前は、新しい会社の人に、自分の名前を覚えてもらうために必要です。意気込みは、この会社でどう頑張って行きたいかなど。

他には、前職の職種や業種、趣味などです。前職の職種や業種も言っておくと良いでしょう。趣味は言っておくと後々、話題に繋がったりします。

例文

挨拶や自己紹介文の例文をのせていきます。ぜひ、自分なりに付け加えたりして参考にしてください。

1.今日からお世話になる○○と申します。前職では○○の仕事をしていました。頑張りたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

2.今日からお世話になる○○と申します。○○という趣味もあります。もし同じ趣味の方がいましたら、ぜひ声を掛けてください。精一杯頑張って行きたいと思ってます。

転職後の新会社での挨拶

準備した内容をベースに挨拶

転職先の会社の朝礼などで挨拶を促されたら挨拶を行います。用意した紙は、見ず暗記して挨拶するのが一般的です。朝礼などの場合もありますし、全体会議など人が比較的多い場所での挨拶もあります。始業前なので、長くなりすぎないようにしましょう。また朝礼などの他に、個人的に挨拶を行う場面も多くあります。その場合も、良い印象になれるよう挨拶をしてください。準備した内容をもとにしっかりと挨拶を行いましょう。

挨拶は笑顔で簡潔に

挨拶は笑顔で行うと、印象が良くなります。また大きい声で、ハキハキ挨拶しましょう。挨拶は勤務前に、朝礼などで行う場合が多いです。数分にまとめて、挨拶してください。あまり長くなると、仕事の開始時間に影響が出る場合もあります。簡潔にまとめて、挨拶を行いましょう。

菓子折りは持って行く?

菓子折りは、持って行かないのが一般的です。しかし、人数を把握している場合、持っていっても問題ありません。なかにはお菓子が苦手な社員がいる場合もあるので、注意が必要です。同期が数人いる場合、一人のみ手土産を持ってくると浮いてしまう場合もあります。しかし、空気に合えば好印象になる場合もあります。あまり気を使いすぎる必要はありませんが、お菓子は個包装のものがおすすめです。入社日の、菓子折りは持っていかないのが一般的ですが、持っていっても良いです。

転職後の日常の挨拶

新会社では日頃からの挨拶も大切です。今から転職した会社で、日頃からの挨拶についてのせていきます。

日頃からしっかりと挨拶を

新会社で働きだしてからも、毎日の挨拶が大切です。毎日、挨拶を行うと顔を覚えてもらえますし、コミュニケーションのきっかけにもなります。日々、挨拶はしっかりと行うようにしましょう。普段から同じ仕事の人以外に、他の部署の人へもあったら挨拶は行うようにします。

挨拶は自分からハキハキと

挨拶は、自分から積極的に行うのが大切です。相手が挨拶してくるまで、挨拶をしないというのはやめましょう。自分から挨拶を行うのが大切です。また、笑顔でハキハキと挨拶を行うと良いでしょう。相手の目を見るようにして挨拶すると印象が良いです。

会社メールではなく「個人メール」に送信

雇用規制の観点から挨拶を送信すると、会社のアカウントではなく個人的な電子メールで互いに通信できます。会社の電子メールで送信されるすべての内容は、特に顧客向けの場合は、「退社の挨拶」や「後継者の紹介」などの公式レポートに限定する必要があります。

退職時には、業務を通じて得た業務に関するすべての情報を返却しなければならず、会社から搬出することはできません。したがって、「職場で縁がある人」を除くのは基本的にNGです。たとえば、会社のアカウントで自分の世話をしてくれたお客様に、「次はXX会社に行きますので、よくお手伝いしてください」というメッセージを送ったら、お客様のものを盗み、うまくいかなければ訴えられます。

だが会社を離れて’人対人’関係なら話が変わる。自分の個人メールから相手の個人メールに送るだけで、次の会社にいくら言及しても構いません。相手のメールアドレスを知らなくても、FacebookやLINEなどのSNSを介して接続されていれば、これを活用して人事を伝えることができる。

相手の会社のメールだけを知ると、突然個人のメールアドレスを見つけるのは難しいかもしれませんが、SNSで接続するのは簡単だと思います。

まとめ

転職のときの、挨拶について紹介してきました。長年勤めた会社と新しい会社での挨拶です。第一印象は大切なので、挨拶はしっかりと行いましょう。事前に、挨拶や自己紹介文を考えておくという方法もあります。入社日に菓子折りは、持っていかなくても大丈夫です。しかし、人数を把握していて、持っていきたいという場合は持っていっても大丈夫です。個包装のものが良いでしょう。

入社日は、個人的に挨拶を行う場面も多いです。悪い印象にならないようにしましょう。挨拶は、自分から積極的に行いましょう。ぜひ、成功させたいですね。

転職となると、勤めた会社と新会社での挨拶が必ずあります。特に新会社では最初の挨拶の第一印象は、やはり大切です。挨拶では、自分を知ってもらい、良い印象を与えるチャンスでもあります。しっかりと、挨拶を行いたい所です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次