MENU

3ヶ月でスキルなしの30代男性が転職できる方法

転職 30代 男性 スキルなし

皆さんは転職を考えているときに、こんな悩みを抱えたことはありませんか?

・転職したいけれどスキルがない

・転職に失敗したときの生活が不安

・今の業界以外で転職がしたい

こんな悩みは全てプログラミングスクールが解決してくれます。今回はプログラミングスクールで転職の悩みを解決する方法を紹介します。

目次

スキルなしの30代男性でも転職はできるの?

結論から言うとスキルなしでも転職はできます。ただし、注意点が下記の3つあります。

・今の会社より年収が下がる

・上司が自分よりも年下になる

・社内の雰囲気が合わない

どれも当たり前なことですが、上記3つ全てが耐えられないと感じるのであれば、転職はおすすめしません。もう1度転職する前に、あなたは転職してどうなりたいのかを想像してみてください。これらの注意点が別に気にならないと感じた方は、次のステップに移りましょう。

3ヶ月で転職するためにスキルなしから卒業しよう

前提として、30代でスキルなしで転職するには難易度が高いです。年齢制限がつき始め、即戦力やマネジメント力が求められることは明らか。じゃあ30代でスキルなしだったらどうしたらいいの?

結論、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけます。いわゆるIT転職ですね。エンジニアの需要はあなたが就活をしていたころよりも遥かに増え続けています。

なぜ転職でエンジニアがおすすめされているのでしょうか? まずは、あなたがエンジニアへ転職すべき理由を紹介していきます。

あなたがエンジニアへ転職すべき理由

あなたが転職したいならエンジニアを目指すべき理由は失敗しないからです。簡単にエンジニアに転職できる訳ではありません。しかし、きちんと3ヶ月間がんばってエンジニアとしてのスキルを身につければ失敗しません。

またプログラミングをマスターすれば、在宅ワークの希望を叶えることが出来ます。朝の満員電車でストレスを感じる必要もなくなり、高い家賃を払う必要もなくなります。最後にはフリーランスになって独立することも可能。

「楽に転職したい」「大変なことはしたくない」と思っている人には、エンジニアへ転職することはおすすめしません。間違いなく大変で、楽な道ではないでしょう。ただし、その先にはあなたの希望が叶えられます。

「大変でも確実に今の現状を変えて転職したい!」そう思っている人は次のステップに移っていきましょう。現状を変えられるのはあなたの「行動」次第です。

30代え男性にエンジニアへの転職をおすすめする理由

そもそもなんでエンジニアへの転職がおすすめなの? と言う疑問に答えていきます。結論から言うと、エンジニアへの転職はリスクが少ないためです。

ではなぜエンジニアへの転職はリスクが少ないのか、それは下記3つの理由があるためです。

・教材が多いため安心して学べる

・副業としても優秀なスキルだから

・フリーランスとして独立できる

上記3つの理由をそれぞれ紹介していきます。

理由①:教材が多いため安心して学べる

簡単に言うとプログラミングスクールにはロードマップがあるので、迷わずに学び続けられます。

エンジニアに転職するために独学で学ぼうとすると、かなり大変です。いい教科書を探さないといけない上に、その勉強方法が合っているのかもわからないまま進むことに。しかし、プログラミングスクールはここが違います。

プログラミングスクールは、教科書も用意し、つまずいたら質問にも答えて助けてくれます。さらに、転職のお手伝いをしてくれるスクールもあります。スキルを学びながら転職活動も支援してくれる最高の環境ですね。

理由②:副業としても優秀なスキルだから

副業として優秀であるのは、プログラミングが稼ぎやすいスキルだからです。少しでもプログラミングの知識があるとないとでは差が大きい。プログラミングを学ぶと論理的思考能力が高まり、問題解決へのアプローチが容易くなります。

自分の市場価値が高まるため、転職に向いているスキルだということが分かるかと思います。プログラミングは副業としても優秀なスキルなので、もしあなたの転職する理由が「収入が少ないから」だけだったら、転職せずに副業することをおすすめします。

理由③:フリーランスとして独立できる

先ほどの続きのようになりますが、転職するしないに限らず、エンジニアとして活動するとフリーランスとして独立できるようになります。もし、副業として活動していても実績が溜まれば、相手側から依頼されることも増えていくでしょう。

フリーランスになれば、仕事や場所を自分の好きなように出来ます。もちろん誰にでもおすすめできるとは言えません。縛りがない分、自分で仕事のスケジュール管理をしなければいけないためです。

フリーランスの良い点だけではなく、悪い点も理解し納得した上で、自分はどちらの働き方が向いているのか、考えてから行動しましょう。注意点としてフリーランスになるかどうかは、より多くの意見を聞いた上で、自分の頭で考えるべきだということ。

ここまで、30代男性にエンジニアへの転職をおすすめする理由を3つに分けて紹介しました。そこで次では、おすすめのプログラミングスクールを紹介します。下手なプログラミングスクールに通って挫折する確率が減るので必見です。

転職におすすめのプログラミングスクールを3つ紹介

プログラミングスクールを選ぶ基準がわからないと思うので、興味がある方を選んでいきましょう。まずはプログラミングで何をしたいか。

・ホームページを作ってみたい!→Web系の言語を学ぶ

・アプリを作ってみたい!→アプリ系の言語を学ぶ

さらにここから、Web系の中でも言語がたくさんあり、選択しなければなりません。ここは需要で選びましょう。Web系であれば「PHP」を、アプリ系であれば「Swift」を選びましょう。

では次にプログラミングスクールを下記の3社から紹介していきます。

・TechAcademy

・テックキャンプ

・Kredo

上記3つのプログラミングスクールをそれぞれ紹介していきます。

プログラミングスクール①:TechAcademy

TechAcademyの特徴は「オンライン完結」で学べること。通う時間がもったいない。自宅でコツコツ勉強したい人におすすめのプログラミングスクールです。

※2022年10月6日:無料体験できます

現役のプロに直接、勉強方法とコース選びなどが相談できます。プログラミングの基礎とアプリ系を学びたい人は試してみるといいでしょう。

≫TechAcademyの無料体験はこちら

プログラミングスクール②:テックキャンプ

テックキャンプの特徴は「プログラミング教室」で学べること。直接会って勉強したい人や家では勉強できない人におすすめのプログラミングスクールです。さらにテックキャンプには「転職できなかったら全額返金保証」がついています。

さらにテックキャンプには「14日間の無条件返金保証」もついてきます。こんなにも自信のあるプログラミングスクールはなかなかありませんね。無料のカウンセリングもついているので、とりあえず行動してみましょう。

≫テックキャンプの無料カウンセリングはこちら

プログラミングスクール③:Kredo

Kredoの特徴は「英語とプログラミング」を同時に学べること。現在はオンラインまたは東京校で受講でき、時間が余っている人におすすめのプログラミングスクールです。もしフリーランスとして独立したいと考えているなら、最もおすすめします。

現在エンジニアは世界中で足りていません。そのため、英語も話せるエンジニアの価値はとても高いです。さらにKredoは現在、スキルなしから無料でプログラミング技術と英語を習得+転職サポートもついたプランがあります。

定員は6名までなので、早めに応募することをおすすめします。

≫Kredoの無料プランの申し込みはこちら

まとめ:スキルなしの30代男性は転職のチャンス

プログラミングスクールはどこも20〜30万円ほどかかります。高いと感じるかもしれませんが、プログラミング技術を習得すれば、簡単に取り返せます。フリーランスでWeb制作を受注したときの価格感は下記の感じ。

・大企業が発注するWeb制作代金:300万円以上

・中小企業が発注するWeb制作代金:30万円以上

・クラウドソーシングのWeb制作代金:10万円程度

上記を見れば分かる通り、プログラミングスクールに支払ったお金もすぐに回収できることが分かると思います。この機会にぜひIT転職してみましょう。最後にプログラミングスクールをもう1度まとめておきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次