MENU

おすすめな転職時期は何月?理由や判断するポイントについて紹介

転職時期 おすすめ

「想像していた労働環境ではなかった」「肉体的・身体的に仕事が辛い」など様々な理由により転職を希望される方が増加しています。転職をするのは、当たり前の時代と囁かれるほどです。この記事をご覧頂いている方も「いつ転職をしようか」と転職の時期ついて考えていることでしょう。転職をより効率かつ効果的に行うには、転職時期を考えることは、大切です。当記事では、おすすめな転職時期やその理由について具体的に紹介していきます。転職するタイミングを見極めるための参考にし、転職活動にお役立てください。

目次

転職におすすめな時期とは

転職の時期には、おすすめな時期があります。ここからは、転職におすすめな時期について求人数、競争率、第2新卒の観点から転職におすすめな時期について紹介していきます。

中途採用の求人数が多い時期「1月〜3月」「7月〜9月」

まずおすすめする時期は、中途採用の求人数が多くなる時期です。具体的には、4月の新卒の新入社員と同時期入社と合わせて募集する企業が多い1月〜3月です。新卒の方と中途採用の方を同時に、研修を始められることから、求人数が多くなる傾向にあります。次に多い時期は7月〜9月です。下半期スタートになる10月に向けて新卒新入社員の早期退職への補充や事業拡大など人員を補強する時期になるため、中途採用の数が増えます。より良い転職先を見つけるためには、多くの求人数の中から条件に合う求人を探すことが大切です。多くの求人数から転職先を選びたい方は、中途採用の求人が多い時期から活動しましょう。

競争率の少ない時期「4月〜5月・12月」

「転職の希望者の活動が少ない時期」「求人の数が減少する時期」それが4月〜5月と12月です。4月〜5月の時期は、ボーナスの支給前であったり、企業の年度初めである上半期スタートであるためです。また年末調整など労務管理に忙しくなる12月も企業が忙しい時期にあたるため、求人の数も少なくなります。

よって応募者が少なければ、それだけ比較する対象者がいないため、求人の競争率が下がります。また企業からの求人も、なんらかの理由による急募の求人が多いため、適正よりタイミングを重視する企業が多いです。そのため採用率も高くなる傾向になる時期でもあります。転職の採用率を気にする方は、競争率の低い4月〜5月・12月の時期を狙って活動するのがおすすめです。

第二新卒者の求人が多くなる時期「4月前後」

高校、専門学校、大学など卒業後約1年〜3年の経験がある第二新卒者を歓迎する企業も多く、求人記載のなかでも『第二新卒歓迎』という言葉をよく見かけます。新卒で入社し、なんらかの理由で転職を検討する方は、第二新卒での募集を目指すと良いでしょう。

初めての就活では会社選びに間違いが生じるものです。そのため、ある程度の社会人の経験を積んだ第二新卒者は企業も欲しがる需要のある人材です。そのような第二新卒者は、早期退職した新卒の補充目的や新卒社員と同じ時期に研修などができることから、4月前後での第二新卒者の求人が増える傾向にあります。もし第二新卒者での転職を希望する場合は、4月前後の活動がおすすめです。

転職を決断する最適な時期とは

約3年で経験が材料になる

転職の回数や短期間の転職が続いている応募者のことを「早期離職リスクが高い人材」と言われています。企業の採用者が重要視するポイントは、経験です。以下の資料は、厚生労働省が行った転職者の採用理由についての企業調査です。「これまでの経験」が採用理由に大きな影響を与えていることがわかります。

出典:厚生労働省平成18年転職者実態量さ結果の概況

就業後1年未満では、経験を語るには短く、およそ3年間の就業であれば経験をアピールできる年数だと言われています。転職時期を検討するうえで、経験をアピールするのであれば約3年の経験を積んでからの転職がおすすめです。

現時点の年齢を考慮しよう

年齢は、企業が採用を選考するにあたって経験の次に重要視するポイントです。転職する現時点の年齢によって、企業の採用担当者の見方は変わります。以下が年代別による見方の例です。

【20代前半】

  • 即戦力として見られない
  • 資格・スキルの有無が問われる
  • 仕事に対してやる気・態度が問われる

【20代後半】

  • スキルや実績が問われる
  • 新しい知識やスキルをつける意欲が試される
  • 就職したばかりの20代前半の取り組み実績が問われる

【30代前半】

  • 未経験の職種にチャレンジするラストチャンス
  • これまでの勤続年数・回数や理由について問われる
  • 20代での仕事内容の実績・取り組み内容が問われる

【30代後半】

  • 社会人としての完成度が問われる
  • 即戦力が試される
  • 経験や実績が問われる

このように転職をする現時点の年齢でも、企業の採用担当者から見られ方が違います。そのため、自身の年齢を確認し、転職の時期を決める判断材料にしてみてください。

ボーナス・賞与など損得の影響がない時期に

転職の活動に必要とされる期間は、およそ3カ月間必要とされるのが平均的です。転職活動によって経済的に苦しまないために「ボーナス・賞与を受け取ったあと」「退職金の受け取る資格を得てから」など収入面に、損得に差がでる場合は、時期を調整し考えましょう。しかし、応募したい求人がある場合には、経済的な面より転職に向けて行動することも大切です。

将来を見据えた転職時期を考える

転職は今後の人生設計を左右する重要な行為です。そこでここでは、これからの将来も考えた転職時期に考えておきたいポイントについて紹介していきます。将来設計は重要で、転職タイミングを見極める事が重要です。

住宅ローンなど勤続年数が求められることを確認

住宅ローン・車ローン・クレジットカードなど生活のなかで利用するために、勤続年数が問われる行事がないか確認しましょう。たとえば住宅ローンであれば、金融機関により違いますが、最低1年以上の勤続年数が必要と言われています。住宅を購入する予定がある場合には、住宅ローンを組んでから転職するなど検討しましょう。

女性であれば出産の時期を考慮

働き改革の影響もあり、共働き世代が増加しています。そのため、女性が社会へ参入する人の数も増加傾向です。そんな女性の仕事の悩みには、出産と仕事の両立に悩まされる方が多くいます。以下は、ZaPASS JAPAN 株式会社が働く326名に行った「女性キャリアに関するアンケート」のなかで今後のキャリアにどんな不安を感じているかに対したアンケート結果です。

多くの方が「ライフステージが変わったときの働き方(結婚・出産・介護など)」に悩んでいることがわかります。このような悩みを抱えないためには、出産に関して考慮した転職の時期を考えることが大切です。例えば転職後、数ヶ月後に育児休暇の申請が必要となる場合です。多くの企業では、転職後すぐに研修が行われます。研修終了直後に育児休暇になってしまっては、せっかく得た知識も期間が空いてしまい、復帰後の就業も苦労するかもしれません。そのため、出産の予定がある場合には、出産後落ち着いてからなど転職の時期を検討してみましょう。

転職する時期は、資格・スキルを習得をした後?転職後?

希望する業種で働くため資格・スキルを習得後、転職活動をしようと考える方もいることでしょう。ここで悩むのが「転職した後に資格を習得したほうがいいのか」「転職する前に資格習得をする方がいいのか」ということです。

資格をとる一番のタイミングは、働く内容や業種によって違います。たとえば、土木工事や建設関係の業界では、現場の経験が求められるため転職後がおすすめです。またフォークリフトやクレーンなど入社前に習得を希望する企業が多いため、転職前になります。よって希望する職種に転職するため資格・スキルの習得を検討している方は、転職前か後どちらが有利に働くか判断し、転職時期を検討しましょう。

まとめ:自分にとってベストな転職時期に転職するのが最適な時期

人生の新たなスタートを踏み出す転職という決断では「転職の時期はいつが最適なタイミングなのか」とお悩みの方も多いでしょう。結論、おすすめな転職の時期は、年齢・勤続状況・生活状況・経済面など自身の置かれた状況によって違います。そのため当記事では、様々なパターンでの転職するおすすめの時期について紹介してきました。参考にして頂き、自分にとってベストな転職の時期を見極める判断材料にしてみてください。私は30代半ばで結婚と同時に転職をしました。結婚をするという事は色々な責任が増えるので転職をするのは?と思う人が多いと思いますが、心機一転ここしかないと考えて飛び込んだ過去がありますので、自分が今がタイミングだと思ったらとびこんでみるのも面白いかもしれないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次