MENU

転職に最適なタイミングは?流れや転職しない場合の対処法を解説!

転職 タイミング

「転職するとしたら、いつすればいいのだろう」と、転職で悩んでいる方もいるかもしれません。せっかく転職するのであれば、転職先の企業でよりよい人材評価を受けられるタイミングで行動に移したいですよね。そこで今回は、目的別や年齢別に転職に最適なタイミングについて解説します。転職する際の流れやしない場合の対処法に関しても解説するので、ぜひご覧ください。

目次

【目的別】転職に最適なタイミング

ここでは、目的別の転職に最適なタイミングを3つ解説します。「転職したい」と思い立ったのには、より高いスキルを得たかったり、未経験の業種へ挑戦したかったりとさまざまな理由があるからでしょう。自分が転職したい目的や理由と本記事を照らし合わせて、転職するべきか否かを検討してください。

1.さらに自分の能力を向上させたい

現状の会社で勤務を続けていてもあまりスキルが取得できなさそうな場合は、転職するべきでしょう。転職先の企業が気になるのは、以前の会社で培ったあなたの経験や得たスキルです。

1の転職目的では、現状の会社で得られるスキルの限界を感じたことが理由の前向きな転職ですので、転職先の企業もよい印象を持たれるでしょう。転職面接を行う際には、自身が目指す今後のキャリアや転職後に得たスキルでどのように会社へ貢献する予定なのかを具体的に語れるようにしておくとよいですよ。

一方で、現状の会社で得られるスキルを取得しきったと感じていないのであれば、まだ転職するべきではありません。もちろん現状の会社でパワハラやセクハラに悩まされているのであれば、転職したほうがよいです。

ただ、仕事内容に飽きたからであったり、上司が嫌いだからであったりとマイナスな転職理由であれば、まだ得られるスキルのために現在の会社の仕事を行った方がよいでしょう。転職を検討する際に、自分の今後のキャリア形成やキャリアを形成するためにした行動を実際に書き出して可視化すると、よい判断材料になりますよ。

2.結婚や育児など自分の人生における転換期

結婚や育児など自分の人生における転換期に沿って、転職する方もいるでしょう。現在の会社の休みが取りづらかったり、結婚を機に彼女の実家へ帰省したかったりと転職を検討する理由はさまざまです。

もちろん結婚や育児などが理由であれば、そちらを優先して転職活動をするべきです。しかし、下記の2つの場合は、転職先に「採用してもすぐ辞めてしまうのではないか」と不安に感じられるかもしれないので、気をつけてください。

  • 入社から半年以内での離職
  • 新卒で入社した会社への離職

上記に当てはまる転職であれば、離職する必要性と転職先ではどれぐらい長く働く予定であるかを明確に説明する必要があります。

3.未経験の業種や職種に挑戦したいとき

未経験の業種や職種に挑戦する際は、一般的に35歳までといわれているため、早めに行動するべきです。35歳を過ぎた人材は仕事の癖が抜けない傾向にあるため、周囲の社員が仕事をやりにくく感じやすいです。35歳以上でキャリアチェンジする際は、以下の3つの条件を兼ね備えておく必要があります。

  • 組織や部下のマネジメント経験が豊富
  • 自分の専門分野があって、そこそこの実績がある
  • 自分の専門分野の知識を活用できる業種へキャリアチェンジしたい

上記の3つの条件を揃えておかなければ、キャリアチェンジは難しいです。そのため、未経験の業種や職種に挑戦したい時は、ポテンシャルや熱意で採用してもらえるように転職活動に努めましょう。

【年齢別】転職に最適なタイミング

ここでは、年齢別の転職に最適なタイミングを4つ解説します。転職活動は、若ければ若いほど採用されやすい傾向にあります。ただ、前の職場を早く退職しすぎると、早期離職を懸念して人事担当者は不安に感じてしまうでしょう。本記事と自分の年齢を比較検討し、自分が何歳頃に転職するべきかを一度検討してください。

1.20代前半

20代前半が最も転職活動に成功しやすい時期です。基本的に中途採用であればスキルを重視する傾向が強いのですが、20代前半の転職の場合はポテンシャル採用を行っている傾向があります。

ポテンシャル採用とは、潜在的な可能性や資質を重視して採用活動を行うことです。つまり、スキルよりも自身の転職先に対する熱意を一番汲んでもらいやすい時期でもあります。

ただ、入社してから1年以内で退社した場合は、いくら20代前半とはいえ早期退職のリスクを懸念されるでしょう。そのため、20代前半での転職を検討している方は、新卒で入社してある程度勤務を重ねた23.24歳ごろに転職をするとよいですよ。

2.20代後半

20代前半よりも、20代後半の方が転職活動は厳しくなります。例えば、20代前半は最低限のビジネスマナーができればよかったものの、20代後半ではビジネスマナーは完璧にできて当たり前とみなされます。

また、20代後半では、スキルに重視を置いた採用活動を行う場合が多いため、ポテンシャル採用の求人は少ないです。20代後半で転職をするのなら、前職で何かしらのスキルを獲得した後、転職活動をする方が成功しやすくなるでしょう。

3.30代前半

30代前半の場合は、多くの場合即戦力としてみられるため、前職でのスキルが転職活動を成功させる鍵となります。もし、30代前半で前職にて得たスキルが見当たらないのであれば、自分が納得できるスキルを獲得したうえで30代前半のうちに転職活動を再開させましょう。

また、30代前半ではポテンシャル採用を行っている企業はあまりないため、他業種へのキャリアチェンジは期待できません。キャリアチェンジを検討しているのなら、20代前半か20代後半のうちに転職活動をするべきです。

4.30代後半

30代後半での転職は、多くの企業が管理職か管理職候補として求めているため、労働者としてのスキルだけでなく、ある程度のマネジメント能力も必須です。たとえば、前職で直属の部下はできたことないものの、後輩の指導役やAプロジェクトの取りまとめ役を行ったことがあるなど何かしらを管理する役割を担った経験があれば、転職活動で役立つでしょう。

ただ、転職活動で実際そのエピソードを語るからには、仕事を教えるコツや後輩をまとめるポイントなどのスキルを取得しておかなければいけません。30代後半で転職するために、スキルに加えてマネジメント能力も兼ね備えておきましょう。

【最適なタイミングを迎えたら参考に】転職する際の流れ

ここでは、転職する際の流れを解説します。先ほど解説した転職に最適なタイミングを見て「今が転職に適している」と感じた方は、ここで解説した内容を参考にしてください。

1.【内定入手】入社日の決定

転職活動をして内定を獲得したら、入社日の決定をしなければいけません。入社日の決定をするうえで欠かせないポイントは、以下の2つです。

  • 現在の仕事の引継ぎにかかる期間
  • 有給休暇の消化

あまりにも引継ぎ機関や有給休暇にかかる時間が長すぎると、転職先へ内定を取り消されるかもしれません。そのため、長くても1~2カ月までには仕事の引継ぎや有給休暇の消化を終わらせる必要があります。

2.現在の会社の上司へ退職報告

入社日を決定したら、現在の会社の上司へすぐ退職報告をしましょう。法律上、退職を14日前にいえば、会社は皆さんの退職を引き止められません。ただ、仕事の引継ぎに1カ月以上かかる場合が多いので、1カ月前には上司へ伝えておいた方がよいでしょう。

3.現在の会社の引継ぎ準備

同業種の会社へ転職するのであれば、今の会社の人と取引先の関係で顔合わせをする可能性があるため、引継ぎ準備は欠かさず行いましょう。社内だけでなく、社外の引継ぎもあれば迷惑をかけないように丁寧に行ってください。

4.転職先でも活躍できるように事前準備

上司へ退職を告げてから、転職先へ入社する前の期間は事前準備を行うと早めに活躍できます。例えば、飲食業へ勤めていたのにいきなりIT業界へ転職することになったら、IT用語が分からないのではないでしょうか。

そんなときにあらかじめ知識を取得しておくことで、転職先でミスをすることなく活躍しやすくなります。

【最適なタイミングではないなら】転職しない場合の対処法

本記事を読んで「まだ転職するタイミングではない」と感じた方も多いでしょう。ここでは、転職しない場合の対処法を3つ解説します。本記事で今は転職をしないことを決意した方は、ぜひ参考にしてください。

1.転職エージェントで定期的に転職情報を入手しておく

いつか転職するときのために転職エージェントへ登録し、定期的に転職情報を入手しておくとよいですよ。転職エージェントへ登録しておけば、現在ある求人や給料の相場をあらかじめ把握しておけます。

また、仕事に毎日追われていると転職したいことを忘れてしまう可能性も十分にあるでしょう。転職エージェントへ登録すれば、自分の現状のスキルで転職活動を成功させられるかといったことも考えられます。

2.何かしらの不安を感じているのなら、解消法を探ってみる

上司と合わなかったり、業務に飽きたりなど何かしらのマイナス要素があって転職を検討していた方は、解消法を探ってみましょう。たとえば、上司と合わなければ、部署移動をすれば解消するかもしれません。このように解消を探って自身の不安要素が解消すれば、「転職したい」とは思わなくなるでしょう。

3.転職するときのために今の仕事で成果を出す

転職活動をする際に、重要視されるのは前職で得たスキルです。20代前半であればスキルがなくてもポテンシャル採用をされるかもしれませんが、20代後半以降の転職活動ではスキルの獲得が必須です。

転職活動を行うために自分には何のスキルが足りていないのかを書き出して可視化し、実際の行動に移しましょう。

まとめ|転職するなら早めの行動が肝心

転職活動をするのなら、早めの行動が大切です。20代前半はポテンシャル採用でスキルがなくても採用されるケースもありますが、20代後半になったらスキルの獲得は絶対に必要です。

30代前半になったら即戦力が求められ、30代後半になれば管理職となる人材が企業に求められています。このように年齢を重ねるとともに、転職活動をする難易度が向上していきます。

ただ、早めに退職しすぎると早期退職のリスクがあると疑われて、不採用になる可能性もあるでしょう。そのため、転職活動を検討している方は、1年以上現在の会社で勤め上げてある程度のスキルを獲得したうえで、若いうちに転職をしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次