MENU

新会社への源泉徴収票提出?

転職 源泉徴収票

転職時に新会社に提出しなければならないのです。最終税の報告を直接行う必要があるため、時間と労力が必要です。

転職時に必要な書類も紹介していますので参考にしてください。

目次

源泉徴収票の持つ意味?

会社が1年にいくら支払ったのか、税金をどれだけ控除したのかです。

年末決算は、徴収すべき所得税総額と源泉徴収総額を比較して所得税の超過または不足を調整する手続きです。徴収された金額が多い場合は返金され、不足する場合はお支払いが必要です。

ただし、年俸が2000万円を超える場合には年末精算対象ではないためです。この場合、税務報告を直接行う必要があります。

また、副業で年間所得が30万円以上の方や免除の一環として源泉徴収した方も確定申告をしなければなりません。

源泉徴収票の交付

当該年度の1月1日から12月31日までの1年間納付した給与と税金を記載します。

途中退職する労働者の場合、退職した年の1月から入社した月までの給与及び税額控除額が源泉徴収票に記載されます。通常12月に引き継ぐが早期退職の場合には、定年退職後1ヶ月以内に引き継ぐことにします。

退職金を受け取ると、退職所得の源泉徴収票も一緒に交付され、退職後1ヶ月以内に交付されます。

新雇用主に源泉徴収票を提出?

退職すれば年末精算を受けられなくなります。したがって、以前の職場の所得を含め、全職場の源泉徴収票を提出しなければなりません。本人が直接税申告をしてください。

退職した年に新しい会社に入社した場合は、提出する必要があります。

一方、退職後1年以降に新しい会社に入社する場合には、本人が直接税報告をしなければなりません。

ここで重要なのは決済時点です。たとえば、2021年12月に退職し、2022年1月に12月の給与を支払い、2022年に新しい会社に入社した場合です。

2021年12月に退職し、2021年12月に給与が支払われた場合は、不用です。

前職で退職して翌年に新会社に入社しても源泉徴収票が必要です。

また、破産等により以前の会社と連絡が断られた場合には、何が起こっているのかわからないので、給与明細をよく保管してください。

年末に近づく11月頃に転職すれば、税務報告を直接行う必要があります。

税金源泉徴収票をなくした場合

紛失した場合は、職場の会計担当部門に再発行を依頼してください。再発行申請後1~3週間以内に発送されます。

また、あなた以外の人が再発行を依頼することもできます。

ただし、源泉徴収票の紛失は本人責任であり、会社からの再発行を要請することが煩わしいので、なるべく本人が直接要請することが望ましいです。

入社後すぐに提出していただくことをお勧めします。

源泉徴収票それ以外の書類

転職時に必要な他の書類があります。

年金手帳

年金手帳は職場で、または一人で保管することができます。以前の会社に保管されていた場合は退職時に返却されますので、新しい雇用主に提出してください。本人が保管しておらず紛失した場合は、年金事務所に訪問して再発行を受けてください。

雇用保険カード

雇用保険カードは、雇用保険の加入に必要な書類です。退職時に譲渡します。紛失時にハローワークで再発行が可能ですが、時間がかかりますので、紛失事実を認知したら直ちにお申し込みください。

給与振替の確認

新しい雇用主から給与をどこに振り込むべきかを知るには、振込先を確認できる銀行通帳のコピーが必要です。会社によって銀行口座情報を所定のフォームに記入して提出してください。

免税申告

多様な控除を受けられるように控除フォームを提出します。年末精算に必要な書類です。配偶者や家族への控除がないことが確認できるため、控除対象でなくても提出する必要があります。

健康保険変更通知

扶養家族がいる場合は必要です。社会保険手続きに使用されます。

提出をリクエストできる文書

以上で、ほとんどの企業が提出すべき書類を紹介しました。ただし、上記で紹介した書類以外の書類の提出を求める会社もあります。

健康証明書

入社日までに、以前の会社から受け取った健康診断を提出するか、新しい雇用主が指定した医療機関から健康診断を受けるように指示することができます。

保証書

保証人として機能する人は、新しい雇用主があなたに渡したフォームに署名します。親戚が保証人として署名することが多いが、それが難しい場合は保証人を探さなければなりません。

従業員記録

従業員の家族と個人情報を入力します。人事管理資料として活用します。ほとんどの企業は履歴書の基本情報を確認するための文書として活用しますが、まれに提出を求める場合もあります。

ライセンス/資格証明

新しい職場で働くためにライセンスまたは資格が必要な場合は、ライセンスまたは資格があることを証明する文書を提出するように求められます。資格手当を提供する会社には提出が必須です。 

源泉徴収票とは、支払った総額(賃金など)と所得税の納付額

会社が支払う賃金、賞与などです。会社がいくら支払ったか、また所得税をいくら支払ったかがわかります。

個人は所得税を支払う責任があるので、ケースバイケースで納税する必要があります。しかし、すべてを個人に引き継ぐと手間がかかり、脱税が多発する可能性があります。そのため、個人に給与が支払われる前に税金が天引きされ、会社が個人に代わって税金を支払う仕組みが採用されています。

給与所得源泉徴収票

その年に会社が支払った賃金、賞与の総額、および会社が支払った所得税の額が記載されています。給与明細と一緒に受け取ります。

年末調整とは、単純に「毎月の概算所得税を再計算し、差額を調整すること」です。所得税は本来、その年の所得金額を決める税金ですので、その年の総支払額が決まらないと正確な金額を知ることはできません。つまり、12 月の給与計算が完了するまで、個人が支払わなければならない所得税の額を知る方法はありません。

ただし、その年の所得が確定した後に所得税を一括で納付すると、その時点で負担が大きくなる可能性があります。そのため、所得税の源泉徴収・納付は「概算納付」という制度を採用しています。毎月の給与をもとに所得税額を見積もって前払い(給与天引き)し、12月に固定所得税額と比較して差額を精算します。年末調整です。

中途退職者については、退社予定時期は、退社後1ヶ月以内が一般的です。

年金が支給される際に交付される書類です。これには、会社が退職金として支払う金額です。当時の年金は固定額だったので、給与所得のような年末調整の手続きは必要ありませんでした。

賃金所得の源泉徴収票の見方

支払い

会社が1年間に従業員に支払う給与の総額です。ここには、基本給、役職手当や資格手当などの固定手当、時間外手当やインセンティブなどの変動手当、賞与など、会社が従業員に年間を通じて支払うすべての金額が表示されます。給与所得や所得控除を差し引く前の金額です。

給与所得控除後の金額

支給額から給与所得控除を差し引いた額です。 「給与所得控除」とは、各事業所・事業所世帯の必要経費のことです。会社から給与を受け取っている従業員の所得税は、必要経費ではなく、支払った金額から「給与所得控除」を差し引いて計算されます。控除額は、年収に基づいて IRS によって決定されます。

総所得控除

総合所得控除とは、「社会保険控除」「生命保険控除」「配偶者控除」「扶養控除」「基礎控除」「地震保険料控除」などの控除の合計です。 .所得税を計算する際、扶養家族の有無や地震保険の加入の有無など、個々の事情に応じて、「【2】給与所得控除後額」から各種所得控除が差し引かれます。

源泉徴収税

1年間に支払う所得税の額。「【2】給与所得控除後額」から「【3】総所得控除額」を差し引いた「課税所得額」に所得税率を乗じて算出した額です。所得税率は、課税所得によって決まります。この所得税率と所得ごとの控除額は、源泉徴収票には記載されていませんので、国税庁のホームページでご確認ください。

所得控除の詳細

社会保険料控除額、生命保険料控除額、配偶者控除額、扶養控除額、基礎控除額、地震保険料控除額、その他の所得控除額、保険料控除額、扶養家族数などの計算記入する内容は、「給与所得者の扶養控除等申告書(変更)」「給与所得者の配偶者等控除申告書」「給与所得保険料収入控除申告書」であり、申請前に提出する必要があります。

退職金の読み方

H3支払い

退職金には、退職に伴うすべての費用が含まれます。退職金には、退職金だけでなく、早期退職時の給付も含まれます。いわゆる「退職」です。

源泉徴収税

退職金にかかる所得税の納付額です。退職所得の課税対象額は、通常の給与所得とは異なり、(支給額-退職所得控除額)×50%で計算されます。

退職所得控除は、勤続年数に応じて控除額が増える制度です。退職金は、退職後の生活費としての意味が強いため、税負担が少ないです。

特別税

退職金に対する住民税の納付額です。 「課税対象退職所得額」から退職所得控除額を差し引いた上で、「市税6%」「県税4%」の割合で計算します。都道府県ごとに別途支払います。固定賃金所得と同様に、住民税の総額は 10%程度です。

年末調整に必要

年度の途中で転職した場合でも、推定所得税は毎月差し引かれます。合計額、差し引かれた所得税を合算して年末調整を行います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次