MENU

裏事情を熟知している転職エージェントとは?無料活用や利用で効率のよいやり方を紹介!

転職エージェント 裏事情

裏事情を熟知している転職-エージェントの意味?無料活用や利用で効率のいいやり方を紹介!

しかし、強く転職を押し進められてしまうというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

いろいろな方法をまとめていますのでご覧下さい。

また、無料というのは何らかの意味がある訳で単なるサービスでないことも知ることです。

転職-エージェントとは?

その意義は、転職を考えている人と企業の間に入り、より条件の合った転職ができるように支援するサービスです。

転職の時に、より自分の条件にマッチングする企業を発見したいですよね。

しかし、膨大な求人情報から条件の良い職場を探すのは大変で手間もかかります。

求職活動といえばハローワークを思い浮かべる方も多いと思いますが、ハローワークだと自ら条件を見ながら転職先を探さないといけません。

その点、転職-エージェントは希望に合う転職先を無料でサーチしてくれます。一方では自分でも冷静によく考える必要があります。例えば、残業はないものの高度の能力を求められることがあります。当然、労働はハードになります。

条件を伝えるだけで自分に合った転職先を見つけてくれるため、探す手間が省けてとても便利なサービスですよね。

特に、働きながら転職活動をする場合はなかなか時間を確保する事が困難です。

そのため条件に合わない転職をしたり、転職したいのに転職時期が伸びてしまったという方も多いのではないでしょうか。

特にそういった経験がある方にとって、企業とコミュニケートしてしっかり支援してくれるため転職-エージェントを活用します。

なぜ無料で活用や利用できる?

無料で活用や利用できるワケがあります。

裏事情報酬

例えば年収400万円が見込める人の転職が決まった場合、転職-エージェントは企業から120万円の報酬をもらうことができます。

裏事情アドバイザーは一見優しそう

転職をせかしたり希望と違う職種を勧めてくることがあるのは、ノルマ・目標があるためです。

転職-エージェントの活用時、1人1人に担当アドバイザーがつきます。

アドバイザーにもよりますが、最近ではネットやSNSの普及により、悪い口コミを書かれてしまうリスクが増えました。

そのため無理な転職の進め方をするアドバイザーは減少していますし、担当アドバイザーが合わないと感じた場合には変更することもできます。

裏事情報酬は退職すると返金(3か月以内)

働いて直ぐに辞めると報酬が返金される仕組みになっているんです。

大体の相場は3ヶ月以内の退職で返金される形になります。

中でも1ヶ月以内は全額返金が求められる場合が多いため、転職-エージェント側も早々に退職されるのは避けたいところです。

そのため、採用後もしばらくはフォローがあったり、順調に職場に馴染めているか確認の電話がある場合が多いです。

転職-エージェントを活用して新しい企業に転職した時、働き出してから電話がかかってきます。

その電話で新しい仕事に慣れてきたか、なにか不安なことがないかなど簡単に聞かれます。

せっかく転職したのにすぐに退職して報酬が返金されるような自体を避けるためにアフターフォローをします。

裏事情裏の取引がありそう

求人には無記載です。

特に求人を見る場合、30歳代以下しか受け入れないというような企業も存在します。

法律上、性別や年齢、国籍などの制限を求人情報に入れることができません。

しかし、実際には企業側の希望があります。

また、求職者側からその求人について尋ねてもやんわり断られることになります。

転職-エージェントを上手く運用するやり方は?

活用者にとって心強い味方になる転職-エージェントは、アドバイザーには厳しい目標やノルマがあります。

そのため、転職を急かされたり、別の職種を紹介してくれることもありますが、ただ転職して欲しいだけなのか見極めも難しいところですよね。

上手く活用して、希望条件に近い転職ができるように参考にしてみましょう。

賢い活用方法

転職-エージェントの賢い活用方法としては下記があげられます。

  • 転職時に希望する条件をはっきりさせる
  • 条件の優先順位を決めておく
  • 譲れない条件をあらかじめ決める
  • 複数のサイトを活用や利用する
  • 転職-エージェントの中味を十分に確認してから登録
  • 転職時期をはっきり決める
  • 必要なら担当アドバイザーの変更が必要

転職-エージェント運用方法転職時に希望する条件をはっきりさせる

1つ目は、希望する条件をはっきりさせることです。

転職-エージェントに登録すると、電話がかかってきます。そして転職の希望条件などの話などがあります。

その時に明確な条件がないと、いい転職先を見つけることが難しくなったりします。

そういった事態を防ぐためにも、希望条件を明確にしておくことが大切です。

希望条件の例は、

  • 職種
  • 最低でもどのくらいの収入が欲しいか
  • 残業の有無
  • 土日・祝日など働けるか
  • 勤務地
  • 正社員か、非正規雇用か
  • 育児休暇が取れるか(実例があるか)
  • 退職金があるか
  • 福利厚生

などがあります。

電話で急に聞かれても戸惑ってしまい伝え忘れてしまうことがあるかもしれません。

その方が有利に転職が進められます。

運用方法条件の優先順位を決めておく

2つ目は、条件の優先順位を決めておくことです。

希望条件をはっきりさせたら、その中でも優先順位を決めることも必要になります。

そのため、譲れる条件と絶対条件を決めることも大切です。

例えば、収入面で年収500万円以上の希望があったとしても、他の条件がぴったりなのに年収は500万円に届かない…という場合もあるかもしれません。

そういった時に、収入面は譲れる条件であればこの企業も視野に入れることができますよね。

案外条件的には満たされていない部分があってもその他の面で良い条件がありそうです。

人間関係などの働きやすさなどは、実際に就職してみないとわかりません。

そのため、条件に囚われすぎずに優先順位を考えながら転職を進めることをおすすめします。

運用方法複数のサイトを活用や利用する

4つ目は、複数の転職-エージェントを活用や利用することです。

そのため面倒ですが、複数の転職-エージェントを活用や利用することをおすすめします。

運用方法譲れない条件をあらかじめ決める

3つ目は、自分の中で譲れない条件をあらかじめ明確にしておくことです。

優先順位を決めることと似ていますが、それに合わない条件の求人紹介はなくなります。

それで順調に転職ができて、ストレスも減るため譲れない条件を決めることも重要です。

運用方法転職時期をはっきり決める

6つ目は、転職したい時期を明確に決めておくことです。

直ぐに転職をしたいのか、半年後がいいのかなどの転職時期によっても違います。

そのため、働いている方は現職の退職時期を早めに決めて、転職時期を決めることをおすすめします。

ただし、働いている状態だと転職時期が左右されるため、余裕を持って挑むようにしましょう。目安としては2ヶ月から6ヶ月程度を目安にして行動しておくと自分の希望に合った方がベストです。

運用方法転職-エージェントの口コミを確認してから登録

最近では、SNSなどで素直な口コミが書かれていることが多いです。

実際に活用や利用した人の口コミがあまりにも悪い転職-エージェントだと、スムーズな転職が行えない場合があります。

運用方法アドバイザーの変更要請

アドバイザーも転職を希望している活用や利用者も人間なので、合う合わないがあります。

合わないと感じていたり、不信感を持ったままアドバイザーから求人を紹介されてもなかなか転職に前向きにはなれないと思います。

早めに変更の希望を出したほうが円滑に転職活動を進めることが出来ます。

そうはいっても、担当のアドバイザーに直接変更の申し出をするのは気が引けて言いづらいですよね。

可能性が高い転職の人を優先

登録すると、求職者が希望する条件に合った雇用よりも転職の可能性が高い雇用を優先的に紹介する場合が多いことを理解することが重要です。

転職エージェントは転職に成功し、補償が発生する成功手数料型ビジネスモデルであれば、効率的に転職に成功したいという考えをする傾向があります。

このため、進路相談は求職者の希望条件ではなく、転職可能可否を基準に雇用を見つけることができます。希望する職業と全く異なる求人だけを提示する場合もあり注意が必要です。

転職-エージェントの利用は無料ですが、強引な転職の勧められ方をしたという声もあります。なぜ無料で活用や利用できるのか、強引な勧められ方をするのかがポイントです。そういう意味で転職-エージェントを活用や利用する際には、すべてお任せでなく自分でもよく考えることです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次