MENU

転職エージェントの比較

転職エージェント 比較

転職の心強い仲間になってくれるのが転職エージェントです。

だが、一度も使ったことがない人には、どのように選び、どのように使うべきか分からないことが多いです。

転職エージェントの選択・活用について解説します。

目次

転職エージェントとは何ですか?

転職サイトとどう違うのか?

どのように適切に使用する必要がありますか?

それぞれの長所と短所があるので、基本的にさまざまなサービスを一緒に使用することをお勧めします。

転職サービスは、大きく2つのタイプに分類できます。

企業から公示手数料を受け、各種求人情報を掲示するサービスです。希望事項が明確であれば、直接申請できます。

会社がバイネームであると決定された場合、関係者にアプローチすることも一つの方法です。

しかし、特に若いときは、希望は漠然とし、逆に視野が狭すぎる可能性があります。

転職エージェントは、自らは気づかなかった「潜在力を最大化できるオプション」を提示できるという長所があります。

転職エージェントのビジネスモデル

何も知らない初心者に適しているようです。

特に年収1000万円以上の高級(高経歴)求人は機密に分類され、転職サイトに公開されない場合が多いです。

この利点の1つは、「このような求人を見つけました」と思うようにする求人に触れることです。

転職サイトと転職エージェントの違い

・転職サイト、転職エージェントとも無料で利用可能

・転職サイトは自ら求職申請ができるので希望が明らかな人に適しています。

・視野を広げたい人に適しています。

選定方法① 最初から一つに絞ってはいけない

それでは、転職エージェントを使用している場合は、提供される多くのサービスの中からどのように選択する必要がありますか?

転職エージェントは異なる技術と考え方を持っています。自分と相性が合わない人が責任を負うことになると、意図しない転職をする危険があります。

結局のところ、転職エージェントに満足しているかどうかは、アドバイスがどれほど良いかによって異なります。したがって、サービスを比較することは役に立ちません。

まず、いくつかのサービスに登録し、さまざまなアドバイザーに会い、その人が素敵だと思うかどうかを判断するのが現実的な方法だと思います。

・最初は複数のサービスに登録する必要があります。

・様々なアドバイザーに会い、互換性などを基準に使用を決定しましょう。

選定方法 ②「クール」という言葉をどのように評価するか?

会って話してみるとある程度理解になるでしょう。

もちろん会って話す時の印象も大切です。

たとえば、IT関連の求人の業界動向は何であり、その求人のために募集される役職にはどのような戦略が必要ですか?

このように公開されていない情報を正しく話せる人は、かなり信頼できると思います。

ビジネスでコンサルティングもしてくれるので親しく過ごすのは当然です。

仕事の提案に関する知識の量は非常に重要です。

選定方法③専門型と総合型の相互的関連性

それでは、複数の転職エージェントに登録する場合は、「包括型」という総合就職提案と、専門分野を専門とするいくつかの「専門タイプ」に登録することをお勧めします。

アドバイザーとのミーティング後の互換性に応じて、2〜3社を選択してください。

優良転職エージェント

約1,000人を対象に転職の相談員実態をよく知っている方々の協力を得て、推薦転職相談員を調べました。

アンケート調査の結果と専門家との過去の面接に基づいています。

マイナビエージェント、リクルートエージェント、ドーダ、パソナキャリア

推奨転職エージェントをキーワードで検索

20代、第二新入生と卒業生を対象、30代、女性のため、IT産業向け、エンジニアのため、英語力を活用したい、フリーターのために、無経験者就職したい、特定の地域に強い、土曜日と日曜日に利用可能

適切な転職エージェント/転職サイト診断

転職エージェントの市場価値を確認する必要があります。

登録の動機は、市場価値を確認することでした。「適切な年収を知らせてあげる」などの訴えに関心が集まったのです。

会社内の井戸の中のカエルにすぎないので、アドバイザーのフィードバックと受け取った提案に基づいて市場で私の価値を知りたいと思いました。

では、すぐに退職するつもりはなかったのでしょうか?

健康診断を受けるのと同じです。

中長期的にキャリアを向上させたい場合は、客観的に「診断」してくれる転職エージェントに連絡しなければならないのです。

ビジネスの人々が自分の状況を追跡することが不可欠だと思います。

確かに需要が多いです。むしろ早く転職をしたくて相談に来る人が少ないです。

しばしばどれほど価値があるか、そして現在会社が受けている治療がそれほど価値があるかどうかを確認するように求められます。

転職を考える前の段階で多くの相談をする。

転職エージェントとの相談は無料です。気軽に健康診断のために会いましょう。

活用法1:まず自分の置かれている立場を面接で言う

転職エージェントに登録すると、通常、このようにして元の活動が行われます。

転職エージェント使用フロー

主な前提として一次面接(聴聞会)段階で入場を伝えよう。

すぐに転職をしますか、それとも1〜2年後に転職をしますか?この認識がオフになっている場合は、良いと思う提案をするのがやや面倒です。

だが、転職エージェントは転職結果に対する補償を受けるビジネスモデルなので、「今転職するつもりはない」とすれば、大まかに扱われないのだろうか?

いいえ、適切なアドバイスが多ければ多いほど、お客様に相談します。これらの潜在的な職業変更者は、職業変更エージェントのサービスに適しているためです。

すぐに転職を計画していて明確な意欲があれば、転職サイトなど多様なサービスを利用して直接申請できるべきです。

つまり、潜在的な転職者にアクセスしない限り、転職エージェントは成功しにくくなっています。

クールな人々は基本的に彼らが働いている会社に不満はありません。そのため、まともな職業変更エージェントは、そのような職業変更の潜在層を嫌うことはありません。

非常に相性の良い求人提案があれば、心を変えて「すぐに退職したい!」と言えます。

・まずは転職に対する立場を表現します。

・即時転職をしなくてもアドバイザーに相談します。

活用法2:心を開いてアドバイザの力を引き出す

面接をした時、どんな話を交わしましたか?

現在の状況と期待を簡単に教えてください。アドバイザーは最終決定権がないので、必要以上に自分自身を良く見せようとすることは意味がありません。

事実を言いたいだけで、非常に「ポンピング」されないことを願っています。

アドバイザーはエスコートに過ぎないので求職者を眺め、相性が合うような仕事を探してより高い待遇を引き出すために努力する。

そこにオーバートルクがあると問題が発生する可能性があります。

例えば、年俸1000万円で入社すれば当然年俸1000万円を達成しなければならないとします。

実際の能力が1000万円以下であれば、その違いによりさらに圧迫を受けることができます。

年間収入はいわば「会社への期待」なので、能力と能力の差が大きいと困るのに…。

また、アドバイスも人なので、開いた心で率直に言う人がより信頼性が高く、コミュニケーションがスムーズになるのが事実です。

状況によっては協力を優先させたい場合もあり、様々な情報をいただければ求人の適合性を考慮する資料となります。

また、思わぬ角度から良い雇用提案をすることで、企業との「化学的反応」につながる。

求職者の潜在的なニーズと企業の潜在的なニーズをできるだけ詳細にマッチングします。一種の通訳のようなものです。

提案された採用提案が想像したものと異なる場合は、率直なフィードバックをいただきたいと思います。そうすることで、提案の正確性を向上させることができます。

このように転職を望む人々の可能性を広げてくれるのが、転職エージェントの価値だと思う。

・相談員に現状とお願いを率直に話そう

・開いた心で話すと優先権が与えられます。

・提案が十分でない場合、精度を高めるためにフィードバック

使用法3:候補企業に対する自己調査の実施

最終的にどの会社に参加するかを決めるのはあなた次第です。アドバイザーは責任を負いません。

そのため、候補企業が独自に調査しなければならないと思います。

引っ越すところはどう調べましたか?

原則として企業のIR情報(投資家のための広報)を見ます。公開情報はできるだけ調査する必要があります。

また、可能であれば最近引退した人々に会い、自分だけの仮説を推測してみるのも非常に効果的な方法だと思います。

状況を理解し、率直に話すことができるはずです。

・新入候補となる会社は常に自ら調査しなければならない

・IR情報、口コミサイトなど公共情報を徹底調査

活用方法4:過去の選抜情報を学習して合格率を上げる

様々な調査をして「転職相談社を通じて書類選考を通過すれば合格率が高くなる」という評判を見たのですが、そんなことはありますか?

あると思います。その理由の一つは、そもそも互いに両立できる職業を提案するからです。

また、アドバイザーは、履歴書だけでは明確ではない「推奨」情報を申請書に添付します。

それで、イメージでは書類選考に合格する確率が20%ほど高いと思います。

面接支援はありますか?

はい。過去の情報に基づいて合格率を高めるお手伝いをしています。

例えば、以前の面接から面接官にどんな人物が出てきて、どのような質問を受けたかなど、過去の事例をあらかじめ用意すれば、当日急がずに選抜に取り組むことができる。

要望に応じて模擬面接を行うことができます。

本当にたくさんやってますね。

「エージェント」は英語で基本的にエージェントではないですか?したがって、自分でやりにくいことを求めると、基本的に彼らがやってくれると思います。

たとえば、上司になる人について詳しく尋ねます。

転職に関するご質問がございましたらご相談いただくと思ったより意外な回答をいただくと思います。

・転職エージェントを経ると書類選考に合格しやすいです。

・過去の選抜情報が気になった方はご相談いただければ幅広い要望に対応いたします。

活用方法5:年俸交渉を委託して年収の最大化

給与交渉は、代理人を要求するという点で、転職を望む人にとって特に高く評価されます。

ああ、お金の明確なニーズが悪い人が多いようです。

さらに、給与は基本的に会社の給与表によって決定されるため、理解できなければどのくらい適正なのか分からない。

求職者に対する会社の評価をどの程度理解し、交渉の余地がどれだけあるのか探索しながら動く。

したがって、会社で否定的な認識のリスクを回避することができます。

ところで、「入社すれば年収を最大化しなければならないのか?」という質問が少し鎮められます。入社後給与が上がれば、真の成長感を感じる方が良いと思う人もいるだろう。

だから個人的にはそれだけこだわらず無理に上げようとする方がよいという考えがあります。

いいですね。また、報酬を受ける方法に柔軟に対処することをお勧めします。

驚くべきことに、企業は既存の従業員とのギャップを作りたくないので、給与表について心配しています。

そうすれば、入社を決定する際、一時的な「ボーナス」を受けて入社当時の年俸を最大化することができます。多いほど、リクエストが承認される可能性が高くなります。

・給与交渉も採用担当者に任せることができます

・ただし、入社当時の年収増加にあまりこだわらない方が良いかもしれません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次