MENU

転職エージェントどこが悪い?どんなデメリット

転職エージェント デメリット

職業紹介、履歴書修正、面接練習など、職務を完全無料でサポートする便利なサービスが転職エージェントです。

しかし、使いながら不便な点はないのか、本当に良い職業を紹介してくれるのか気になるでしょう。

実際、次のようなメリットとデメリットがあります。

デメリット

転職エージェントとのコミュニケーションが面倒

キャリアでの強みをうまく見つけられない

時にはでき質の悪い担当者がいます。場合によっては、希望する仕事を紹介できないことがあります。

メリット

急いで退職することができ、履歴書の作成と面接の準備に役立つ

欲しい仕事を見つけやすい

就職提案を受けるという保証はありません

目次

デメリットを上手に活用しよう

デメリットを正確に理解していれば、転職エージェントをじょうずに活用できます。

デメリットはそれなりにあるが、やっぱり転職エージェントは心強い味方です。

転職エージェントは、登録後に電話を受けた際にコミュンケーションがうまくいかないなどのデメリットがあります。

しかし、さまざまな職務の職務を比較することができ、合格確率の低い職務に支援しなくても効率的に進めることができます。

初めてお使いの方は採用公告を見るだけでなく、転職相談にも活用できます。

業界最多就職率を誇るので、都心から農村に転職を希望する人々にも推薦できます。

転職相談から始めましょう。

転職エージェントとは何か?

転職エージェントは、企業と求職者の間の仲介者の役割を果たし、転職活動を全面的に支援する転職サービスです。

転職活動では、専門の登録キャリア相談員が相談します。

転職エージョントは転職に悩む人を助けてきたプロでもあるため、あらゆる角度で転職に関するアドバイスを行ってくれます。

初めての人でも利用しやすく、無料で丁寧にサポートしてくれるので、転職を考えている人は利用してみるのがおすすめです。

転職エージェントのサービス提供

転職相談、職務紹介、履歴書/経歴書の修正、面接対策、面接スケジュール管理、入社日/年俸交渉、入社手続き支援

一人で作業している場合は、上記のすべてを行う必要があります。

しかし、転職エージェントの利用により、初めての方も安心して転職することができます。

無料サービスシステム

求職者を企業に紹介する際、「紹介費」で収益を上げます。

ただし、転職エージョントごとによって魅力が異なるため、自分に合ったサービス先を見つけることが大切です。

転職エージェントの機構やしくみ

求職者は無料でサービスを受けることができます。

また、転職エージェントは「加入後6ヶ月以内に退社すれば会社から受け取った補償金を返す」という規定があります。

利用者が補償を目的として強制的に転職をするようになっても会社と両立できない場合には、利用者が6ヶ月以内に退社するリスクが高いです。

転職エージェントがユーザーに強制的に職業を変更して手数料を受けとりを防止します。

転職エージェントを活用する際のデメリット

転職エージェントの特徴は、多くのサービスを無料で受けることができます。利用前に知っておくべきデメリットがあります。

転職エージェントとのコミュニケーションや連絡に時間がかかることがあります。

時々質の悪いマネージャーもいます。

場合によっては、希望する仕事を紹介できないことがあります。

時々強制的に仕事を変更します。

常に就職提案を受けられるわけではありません。

デメリット 転職エージェント とのコミュンケーション

問題は担当者と意思疎通しなければならないという点です。

例えば、応募者は面接時に希望する条件を調整し、職務紹介要請に応じるなど、「担当者に対する時間と努力」が重要になります。

電話をかけるか、電子メールを送信するか、キャリア転職エージェントに直接行く必要があります。

「このようなコミュニケーションが面倒」とお考えの方には、転職エージェントが向かないことがあります。

対策

職業エージェントとのコミュニケーションが面倒な場合は、転職ウェブサイトを利用することも一つの方法です。

転職サイトはサポートが不十分ですが、自分のペースで進行したい人にとっては使いやすくなります。

デメリット 担当者のレベルが低いことがある

「悪質な担当者」が事務所に来ることがあります。

悪い担当者に会うと次のような問題が発生しますのでご注意ください。

不良担当者を扱う際の問題

自分の意に合わない案件を盲目的に導入

連絡をしても返事が来ない。

正直言って悪い人とぶつかるには強い「運」要因があります。

うまく機能しない人が少なくとも数人いることに注意してください。

対策

能力の低い担当者に対処するには、重要ポイントがあります。

転職エージェントのアドバイザーを比較して、真剣にサポートする担当者を特定する必要があります。

反応の悪い担当者に出会ったり、自分に合わない担当者の場合は、必要に応じて担当者の変更を依頼してください。

担当者に直接お伝えいただくか、お問い合わせ掲示板を利用して担当者の変更を要請します。

デメリット 場合によっては、最初から仕事が紹介されない場合があります。

登録しても求職者の条件にマッチする案件がない場合があります。

これには具体的な理由があります。

キャリア、学歴などを基準に審査します。

もちろん学歴やキャリア以外の面で紹介してもらえないケースもあるため、相談員に対して話し合いを行うときも丁寧に対応するようにしましょう。

原因 1. キャリア、学歴などで判断します。

求職者たちは、経歴と学歴だけで判断して「紹介する職業がない」として最初から拒絶される場合があります。

だから、採用されないこのは就職提案を受ける可能性が低いと判断される人です。

資格を所有していると転職できる可能性が高くなるため、紹介してもらえる案件が増えやすいです。

原因2.採用公告を上げて人材を採用するとき

会社は転職エージェントに手数料を支払わなければならないため、費用がかかります。

そのため、雇用費用の削減のために「転職サイト」と「ハローワーク」に常時外食業、不動産売買など大規模採用公告を上げる場合が多いです。

このように多くの人員が募集されている会社への転職をお考えの方は、転職サイトやハローワークでより簡単に仕事を見つけることができます。

そのため、地域によっては求職が難しい場合がありますので、転職サイトを利用するなど柔軟な措置が必要です。

対策

キャリアや学歴に自信がない場合は、「ハタラクティブ」や「うずかり」などの転職エージェントを使用してください。

また、農村での転職を考えているなら、各地域と密接な転職支援を受けることができる「地域キャリア」をお勧めします。

あらかじめ各転職相談員で希望職務を検索し、登録後支援することも有効です。

デメリット強引に無理に転職

転職エージェントのやりかたで増えているのは、転職支援期間を「登録後3ヶ月」の設定です。

したがって、その期間内に転職が完了するように入社決定が早くなる可能性があるためです。

また、転職エージェントは、転職者が入社するまで給与を受け取ることができないため、求職者個人にそのように多くの時間を割くことができない状況があります。

対策

サポート期間が不十分な場合は、無制限のサポートを提供する「タイプテンッシュエージェント」または「スプリングテンッシュエージェント」を使用することをお勧めします。

デメリット いつも転職先があるわけではない

転職エージェントを利用しても就職提案を受けることができるという保証はありません。

結局、転職エージェントは転職を支援するサービスです。

転職エージェントに「すべて委任」ということだけだと転職活動が難しいかもしれません。

対策

一番重要なことは、転職エージェントと信頼関係を築くことです。

マナーを遵守し、担当者と協力して書類の修正と面接の準備をし、完璧なシステムを整えるようにします。

良いエージェントはまた、各会社のインタビュー(面接)を準備する方法について有用なアドバイスを与えることができます。

まとめ

転職エージェントをうまく活用すれば強い味方になってくれるサービスです。

転職エージェントとのコミュンケーションに時間がかかることがあります。

この記事を参考にして自分に適していると思われる場合は、ご活用ください。

どこに行くべきかわからない場合は、主要エージェントの1つを試してみることをお勧めします。

自分の能力と力量を知ることが重要です。言い換えれば、自分の強みと弱みを把握して、強みはさらに強く、問題は弱みをどのようにカバーするかです。常日頃から考える癖をつけましょう。そこから突破口が見つかるかもしれません。辛抱強く着実に前進しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次