MENU

【転職面接】30代女性必見!おすすめの服装とは

転職 面接 服装 女性 30代

女性は、結婚や出産、子育てなど、人生の中で転機がたびたび起こります。20代から30代ではライフスタイルが変化していき、仕事のスタイルも変わっていきます。子育てのために、「働き方を変えたい」「子供にお金がかかるので高収入の仕事に就きたい」と考える30代の女性は多いのではないでしょうか。

転職したいと考えたとき、一番の壁は面接です。新卒のときに面接は経験したものの、いざとなると、どんな服装で受けたらいいのか迷ってしまう方は多いはずです。面接では、質疑応答のほか、第一印象も大切ですから、失敗のないように挑みたいものです。

そこで、今回は30代女性の転職面接で、おすすめの服装について説明していきます。

目次

面接にふさわしい装いとは

面接でまず目にとまるのは、きちんとした挨拶や礼儀はもちろんのこと、第一印象ではないでしょうか。人は、数秒で第一印象が決まると言われるほど、目から入る情報が重要になります。第一印象で好印象を残すことができれば、その後の質疑応答がスムーズに進み、成功へ導くカギとなるでしょう。

基本の面接時の服装は、礼儀の正しさや真面目さが際立つものを選びましょう。

基本はビジネススーツ

迷わずに「ビジネススーツ」を選ぶことをおすすめします。なぜなら、面接という公式の場にそくした、礼儀正しさが際立つ、最適の装いであるからです。企業は、面接の限られた時間の中で、必要な人材かチェックしなければなりません。

入室した時点の服装から、しっかり見ていると言えるでしょう。ビジネススーツを着用していれば、単に真面目な印象を与えるだけではありません。求職者が、「TPOに合った装いができているか」「ビジネスマナーをどのくらい理解しているか」を見極める判断材料の一つとなります。

新卒者とは違い、30代女性の社会人としてのビジネスマナーが備わっていることを十分にアピールしましょう。

リクルートスーツは就活生

新卒採用での面接に、リクルートスーツを着用した経験のある方は多いのではないでしょうか。新卒時は、初々しさがあり、清潔感のあるリクルートスーツが向いています。しかし、30代になってからの転職面接で、リクルートスーツを着用していると、頼りないイメージや大人としてのビジネスマナーに欠けていると思われがちです。

30代女性の転職では、社会人としてのマナーや落ち着き、即戦力になるかが期待されます。ですから、落ち着いた雰囲気のビジネススーツが最適と言えるでしょう。

セレモニースーツは派手な印象

一方で、30代女性は、ちょうど子育て中の方、少し落ち着いた方などもいるでしょう。子供の行事に合わせて、セレモニースーツを持っている方は多いはずです。セレモニースーツとは、幼稚園の入園式や卒業式などのお祝いの場で着用するスーツのことです。

お祝いの場で着用するスーツですから、ツイード素材やラメ入りの装飾が多く、過度な装飾は派手な印象を与えるでしょう。面接の場には、ふさわしくなく、ビジネスマナーが備わっていないと判断されてしまいます。服装だけでマイナスの印象に判断されてしまうのは、非常に残念なことです。

服装で失敗しないために、きちんと場に合った装いで挑みましょう。

スーツ選びのコツ

転職面接は、ビジネススーツが基本ですが、選ぶカラーやデザインなどによって印象が変わってしまいます。ここでは、実際にスーツを選ぶ際、気を付けておきたいポイントを説明していきます。基本を押さえておけば、どの企業の面接でもしっかりと対応できるでしょう。

カラーはネイビーかグレー

スーツを選ぶときは、基本的に「ネイビー」または「グレー」がおすすめです。ネイビーは、正装のイメージに近く、きちんとした印象をもたらします。企業にふさわしい落ち着いた社会人の印象に仕上がります。

選ぶ際は、ダークカラーにすると間違いありません。一方で、ライトカラーであるベージュは、やわらかさや優しいイメージです。リラックスしている印象を与えるので、企業の社風や業種によってはライトカラーが好まれる場合もあるでしょう。

企業の業種によって、好まれる服装が違いますが、一般的な商社やメーカー、医療系の業種であれば、迷わずダークカラーのビジネススーツを選びましょう。30代女性の落ち着きと安定した雰囲気作りをしましょう。

身体に合ったデザイン

20代の時と比べて、体形が変化してくる30代の女性。昔購入したスーツを着る予定の方は、どれくらいいるでしょうか。身体に合っているか、転職面接の前に試着してみましょう。

・身体のラインを拾いすぎていないか

・パンツやスカートがぴったりしすぎていないか

・ジャケットのサイズ感が身体にあっているか

スーツ選びには、上下ともに身体のラインを拾わないものがよいでしょう。適度なフィット感の服装は、上品な印象に仕上がりおすすめです。好印象につながります。

身体のラインが出て気になる方は、スーツの生地感を工夫して選びましょう。薄手の生地より厚手のものを選ぶと目立ちにくくなります。

インナーはシンプルに

スーツのジャケットの下に着るインナー選びにも、気を配りましょう。装飾のついていないシンプルなシャツやカットソーを選びます。30代女性は、ノーカラーのシャツやカットソーを選べば、首がすっきりとして凛とした女性に見えるでしょう。

ただし、襟元が開き過ぎていると、印象が悪く見えますので注意が必要です。また、真面目な印象に見せたい場合は、襟付きのシャツを選びましょう。カラーは、白系が最適です。

顔色が明るく見え、清潔感がでるからです。

面接にぴったりな小物選び

ビジネススーツが決まったら、合わせる小物にも向き、不向きがあるのをご存じでしょうか。せっかく、スーツをきちっと決めても、かばんやシューズが面接の場に合っていなければ台無しになってしまいます。

A4サイズの書類が入るかばん

服装以外で、気をつけたいところはかばんです。面接時には、履歴書や書類をいれることが多いです。大事な書類が、折り曲がらないようにするにはA4サイズが入るかばんを用意しましょう。

椅子の横においても倒れないで自立するタイプが望ましいです。かばんの素材は、黒系の革素材を選ぶとフォーマルな印象になります。ブランドのかばんは、華美になりすぎる印象があるので、避けた方が無難でしょう。

3~5㎝のヒールパンプス

シンプルなプレーンパンプスがおすすめです。オープントゥのパンプスを選ぶ方がいますが、フォーマルではないので、先が覆われたものを選びましょう。また、フラットパンプスも人気ですが、面接向きではないので、3〜5㎝の少し太さのあるヒールがあると上品に仕上がります。

逆に、7㎝以上のピンヒールになると、エレガントすぎるので、好まれません。また、素材やカラーは、黒系やダークカラーの光沢のない革素材が品がでて好印象を与えます。

上品な印象のジュエリー

ノーカラーのインナーを選んだ時、少し胸元がさみしいと感じることはないでしょうか。その場合は、ジュエリーを身につけることで華やかさがでます。しかし、大振りのものや派手過ぎるデザインは品格を下げてしまいますので、注意しましょう。

おすすめは、一粒ダイヤでシルバーカラーのネックレス。さりげない一粒ダイヤが、知的な印象を与え、その輝きが女性らしさを引き立たせるでしょう。おそろいのイヤリングやピアスを身に着けるのもよいです。

うっかり見落としがちなチェック項目とは

転職面接に合った服装をしていても、まだ完璧とはいえません。誰でも見落としがちなことですが、大人としての常識を問われる注意点があります。

しわや汚れはないか

意外と見落としがちなのが、しわや汚れです。面接官は、意外にもしっかり見ていて、しわや汚れがあると身だしなみができていない、だらしないイメージを持たれてしまいます。久しぶりにスーツを着る方は、クリーニングに出した後、アイロンがけをするといいでしょう。

とくに白いシャツやカットソーは、クリーニングに出しても時間がたつと、襟まわりが黄ばみやすいです。余裕をもって確認しておくことが大切です。

身体のサイズに合っているか

大きすぎる、小さすぎるなどサイズの合っていない服装は、だらしない印象になりがちです。きちんとした人格が備わっていたとしても、見た目の印象で誤解を招きかねません。サイズ確認の目安としては、以下を参考にしてみましょう。

・肩のラインが大きすぎないか、小さすぎないか

・ジャケットの丈は、長すぎないか

・パンツの長さは、裾を踏まない長さか

肌が出すぎていないか

肌の露出が多いとどうしても、悪い印象を受けてしまいます。肌の露出を少なめにした方が、上品に見え、真面目さが醸し出されます。転職面接にくる人の多くは、清潔感があり、上品で真面目な印象の服装の方が多いでしょう。

その中で、肌の露出が多い服装だと、面接の会場で浮いてしまい、よくない目立ち方をしてしまいます。インナーの胸元が開き過ぎていないか、スカートの長さが短すぎないか、確認を怠らないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次