MENU

年収が上がりすぎる?転職で年収アップを叶えるためのポイント

転職 年収 上がりすぎ

転職の目的は人によって異なります。たとえ年収アップが目的ではなかったとしても、できれば前職よりも年収が上がってほしいと考える人が多いのではないでしょうか。実際には、転職後に年収が下がってしまう人、変わらない人のほうが多いのが現状です。

しかし、インターネットやSNSで「転職後に年収が上がりすぎた」という体験談を見かけることがあります。そのような経験をした人は、どのように転職活動をしたのでしょうか。成功体験から学べることがあるかもしれません。

そこで、転職で年収がアップする人の特徴と、転職によって年収アップを叶えるためのポイントをご紹介します。高収入の求人を探している人や、転職を検討中の人も参考にしてください。

目次

転職によって年収が上がりすぎる人はいるのか?

転職をして年収が上がった人は、どれくらいいるのでしょうか。厚生労働省の「令和3年上半期 雇用動向調査結果」を見てみると、転職後にどれくらいの人が賃金アップしているのかがわかります。

・前職よりも賃金が増加した:34.2%

・前職よりも賃金が1割以上増加した:25.3%

・前職よりも賃金が低下した:36.6%

・前職と賃金が変わらない:28.2%

この結果から、転職によって賃金が上がった人は3割程度であることがわかります。転職後の年収アップは、多くの人が望むことです。しかし、転職したからと言って、必ずしも年収が上がるとは限りません。

その一方で、「転職で年収が上がりすぎました」という経験をした人もいます。「年収が上がる人」「年収が下がる人、変わらない人」には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。転職に対する考え方や転職活動への取り組み方などを、比較してみましょう。

転職によって年収が上がる人とは

転職によって年収が上がる人の特徴は、以下の4つです。

◆平均年収が高い業種を選んだ

◆前職よりも規模が大きい企業に転職した

◆転職エージェントを活用した

◆需要のあるスキルを複数持っている

平均年収が高いと言われている業種は、金融、メーカー、総合商社、IT・通信関連などです。これらの業種に未経験で挑戦しても、年収アップするまでに時間がかかります。前職の経験が生かせる業種を選んだほうが、無理なく働けるでしょう。

上場企業からベンチャー企業、中小企業への転職で年収がアップすることもあります。理由は、管理職や責任あるポジションは、給与が高いことが多いからです。また、これまでの経験を活かせるため、仕事へのやりがいもアップするでしょう。

転職後に年収が上がっている人の多くは、転職エージェントを利用しています。転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが希望年収に合った求人を紹介してくれます。また、内定後の年収交渉も可能です。

また、転職に成功している人は、複数のスキルを身につけています。たとえば、英語とエンジニアの資格、英語と経理などです。もちろんエンジニア資格のみでもアピールできます。複数のスキルを組み合わせることで、ほかにはない強みとしてアピールできるでしょう。

転職によって年収が下がる人とは

転職によって年収が下がってしまう人の特徴は、以下の3つです。

◆希望の年収額を伝えなかった

◆年収よりも働きやすさを重視した

◆年収が上がると思い込んでいた

面接時に希望年収額を聞かれなかったため、そのまま希望年収を言えずに入社してしまった人も多いと言われています。年収交渉をする勇気がない人は、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。キャリアアドバイザーが企業と直接交渉してくれます。

前職の労働条件や職場環境が悪くて転職した場合、年収よりも働きやすさを重視して転職先を探す方が多いでしょう。入社後に「年収についてよく考えるべきだった」と後悔する人も少なくありません。

また、転職によって年収が下がる人は、自分を過大評価しているかもしれません。「年収がアップするはず」と思い込まず、自分が企業の求める人材であるのかを冷静に判断することが大切です。

見落とし注意!転職後に一時的に収入がダウンする?

入社したタイミングと給与振込日によっては、入社1か月間は無収入になってしまうことがあります。給与が「月末締め、翌月25日払い」などの場合は注意が必要です。

また、賞与がある企業であっても、入社1年目は支給されず、前職よりも年収がダウンすることもあるのです。賞与は必ず支給されるものではないため、賞与を含めた年収を想定していると、前職よりも年収が少なくなってしまうかもしれません。

年収アップを叶えるために転職で気を付けたいこと

「少しでも年収を上げたい」という方に向けて、転職活動で気を付けたいポイントを4つご紹介します。

1.面接または内定の前に希望年収を伝える

面接で希望年収を聞かれた場合、履歴書や応募書類に記載した希望額を答えるのが無難でしょう。素直に答えることも大切ですが、書類と異なる金額を出すと印象が悪くなるかもしれません。面接時に年収について聞かれなかった場合、内定前の条件提示のときに伝えると良いでしょう。

2.応募先の平均年収を下調べしておく

年収交渉をする際、応募先企業の平均年収を上回る金額を提示しないように注意しましょう。業界全体の平均年収を知っておくことも大切です。的外れな金額を提示してしまうと、「自分を過大評価している」と思われてしまいます。

事前に平均年収をリサーチして希望年収を決めるようにしましょう。インターネットで検索すれば調べられます。

3.転職の目的を年収アップのみにしない

年収にとらわれていると、転職活動が行き詰ってしまいます。年収、働きやすさ、勤務時間など、総合的に判断して応募先を探すことで、入社後のミスマッチを防げるでしょう。

求人情報を見ていると「高収入の企業がほかにもあるかもしれない」という欲がわいてくるものです。しかし、応募までに時間をかけすぎてしまうと、採用先がなかなか決まりません。

4.希望年収の最低額を決めておく

年収希望額を決める際、最低額も一緒に決めておきましょう。年収額にこだわっていると、転職活動が長引くかもしれません。また、年収交渉のときに「最低額」を伝えることで、スムーズに採用が決まる可能性があります。

最低額を決めておくと、「希望額には届かないけれど、最低額を上回っているので条件クリア」など、転職活動をする上での基準となります。

年収と年齢の関係から考える転職のタイミング 

厚生労働省の「令和3年上半期 雇用動向調査結果」を見てみると、転職によって「賃金が増加した」人の割合は、34歳までは40%以上ありますが、35歳以上になると40%を切っています。この結果から、若年層のほうが転職によって年収が上がりやすい傾向にあるのがわかります。

35歳以上で転職した人の賃金は、「減少」よりも「変わらない」のほうが多いため、年齢のせいで賃金がダウンしてしまうわけではありません。働きやすさや福利厚生などを重視している人は、年収が変わらなくても満足しているでしょう。

また、30代後半の人は、経験や能力を生かしたキャリアアップが可能です。管理職に就いたり、インセンティブを得たりすることで、高収入が期待できます。自分の力を試したい人は、仕事での結果を社員に還元する職場を選ぶのも1つの選択肢です。

30代後半の人の武器は、高いビジネススキルです。若年層よりも高いスキルを、年収交渉の場で生かせるかもしれません。年齢を理由に転職や年収アップをあきらめるのは、もったいないと言えるでしょう。自分の武器を最大限にいかしてチャンスを勝ち取りましょう。

転職で年収が上がりすぎる人をお手本にしよう

転職活動のコツを押さえることで、「上がりすぎた」と言えるほどの年収アップは難しいかもしれませんが、「前職よりも少しでも年収を上げたい」という願いは叶いやすくなります。

転職準備の段階では、企業および同業種の平均年収をリサーチしたり、希望年収額と最低額を設定したりするのがおすすめです。年収だけに固執せず、働きやすさやそのほかの条件もしっかりと確認しておきましょう。

年収交渉をおこなうタイミングは、面接時または内定時です。事前にリサーチした情報をもとに、希望額と最低額の両方を伝えるようにしましょう。印象が悪くならないように交渉することが大切です。

転職エージェントを使ってみる

「年収交渉がうまくできないかも」と思っている人は、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。
転職エージェントは求職者(転職希望者)と求人企業の間に入って利害関係を調整してくれます。

「企業に年収をあげて欲しいと直接お願いするのは難しい」という方には打って付けです。
また、転職エージェントしか持っていない求人(非公開求人)などもありますので話を聞いてみるだけでも損はないと思います。下記におすすめの転職エージェントを書いておきますので参考にしてみてください。

おすすめの転職エージント

リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
非常に有名な転職エージェントですので、登録をしておいても損は無いと思います。

マイナビエージェント

リクルートエージェントと同じぐらい大手で有名な転職エージェントです。
こちらもアカウントを持っていて損は無いと思いますのでぜひ、登録してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次