MENU

女性の転職活動の服装は?NG例と選び方のポイントを紹介!

転職 服装 女性

転職活動で避けて通れないのは「面接」です。いざ面接に向かう際に、どのような服装をすればよいか迷うこともあると思います。この記事では、女性の転職活動の服装NG例や、服装の選び方についてご紹介します。

目次

転職活動における服装とは?

転職活動をはじめるぞ!と思った時、会社研究や自己分析など、やることはたくさんあります。その中でもおろそかにできないのは、面接時の服装。服装なんてスーツでいいでしょ、と思っているかもしれませんが、気を付けなくてはならないことがあります。

当たり前なことばかりかもしれませんが、意外と見落としている事もあると思いますので、事前にしっかり確認しましょう。

転職面接の意味

なぜ転職活動で面接があるのでしょうか?それは当然、会社があなたを見極めるため。しかしそれと同時に、会社をよく知るためでもあります。これはいわば、会社とあなたの「お見合い」の場です。

初対面で、相手に敬意を払いながら、自分のことをよく知ってもらわなければいけません。第一印象が悪ければ、話を聞く気になれない、と思われてしまう恐れもあります。そのためには第一印象を重視しましょう。

服装で個性は出さない

自分のことをよく知ってもらうためには、自分を表現しようと思いますよね。しかしそれを服装に持ち込むと、場合によってはマイナスの印象になってしまうこともあります。個性を表現するのは、面接時に話す言葉、プレゼンテーションです。

面接時の個性的すぎる色、柄、自分の好きなスタイルを持ち込みすぎるのは控えましょう。

転職活動の服装NG例

転職活動の面接は、自分をアピールできる絶好の機会です。せっかくの機会を無駄にしないためにも、服装のNG例を紹介します。あなたはこんな、NG例、やってしまってはいませんか?

リクルートスーツ

転職活動では基本的にリクルートスーツはNGです。リクルートスーツは新入社員のイメージが強いので、転職活動で着ると、どこか頼りない印象を与えてしまいます。

しかし例外として、20代前半までならリクルートスーツはOK。20代前半は、まだ若くてフレッシュな印象が魅力だからです。そのため、20代半ば以降の方は、リクルートスーツは避けましょう。

子供の入学式のスーツ

子供の入学式で着たスーツは、フォーマルなスーツだからよいのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし入学式用のスーツは、ビジネス用に作られたものではないのでNG。華やかな装飾がついているものもありますし、面接の場にふさわしくありません。

女性らしさを強調しすぎている

スカート丈が短すぎる、胸元が開きすぎている、ボディラインが強調されている、などはNG。私服でこのようなものを着ている方は、注意が必要です。もちろん似合っていても、ビジネスの場ということを意識して避けましょう。

面接官からは、「ビジネスの場にふさわしくない」、「TPOをわきまえていない」と評価されてしまいます。

サイズが合っていない

上着が大きすぎる、スカートやパンツがゆるすぎる、などはNG。自分の体に合っていない服装は、とてもだらしなく見えます。反対に、サイズが小さすぎるのも問題です。窮屈そうに着ている服装も、見た目が美しくありません。

服にシワや汚れがついている

意外と見られているのが、服についたシワや汚れです。ジャケットのヨレや、パンツやスカートのシワはNG。特にシワは、後ろの方がつきやすいものです。自分の姿は前面しかチェックしない方もいると思いますが、後ろ姿もしっかり確認しましょう。

転職活動の服装の選び方

面接官は、面接時の受け答えの内容や態度のほかに、服装もよく見ています。服装はあなたを表す、いわば「履歴書」のようなもの。これまでの経験や知識、マナーを、服装を通じてチェックしています。

服装のNG例をおさえたら、実際の服装選びをみていきましょう。高価なものをそろえる必要はありません。ポイントをおさえて、自分のお財布と相談して揃えましょう。

パンツ・スカートどちらでもOK

悩むポイントですが、自分に似合う、自分らしさが出せる方を選んで問題ありません。印象としては、アクティブでテキパキしたイメージを出したい場合は、パンツスタイル。落ち着いた女性らしいイメージを出したい場合は、スカートスタイル。

営業や販売などの職種はパンツ、事務やサポートなどの職種はスカートを選ぶなど。自分の希望する職種によって変えてみるのもよいでしょう。

色・柄は無難なものを選ぶ

服装の色や柄で、印象は大きく変わります。転職活動の服装には、黒・紺・グレーがおすすめです。この3色は、落ち着いた、上品で知的な印象を与えるので、ビジネスの場で好まれる色です。

柄は無地が無難ですが、細いストライプなら問題ありません。太いストライプやチェック柄などは目立つので、避けるようにしましょう。

スーツじゃなくてもよい

転職活動の服装はスーツじゃなきゃダメ?と思っている方も多いと思います。服装は、スーツ着用の指定がない限り、スーツでなくても問題ありません。女性の場合、転職活動の服装はオフィスカジュアルで対応できます。

オフィスカジュアルとは、社内で仕事をするのに適した服装のこと。カジュアルでありながら、来客対応にも適した身だしなみを備えている服装です。面接を受ける会社が、どのような社風なのか、社員の雰囲気など、事前に調べられる情報があれば、取り入れましょう。

ジャケットは必須

スーツでなくてもOKですが、ジャケットは必須です。パンツでもスカートでもジャケットを合わせましょう。面接の季節が夏の暑い時期でも、面接時はジャケットを着ることがマナーです。面接以外の移動の際は、もちろんジャケットを脱いでも大丈夫。

面接時に汗だくになってしまい、面接に集中できないという危険もあります。

夏場は服装の調整が難しいですが、清潔感をだすように注意しましょう。

ジャケットの形は襟付き・襟なしどちらでもOK

ジャケットの基本的な形は襟付きのものですが、中には、襟なしのノーカラージャケットがあります。ノーカラージャケットは顔周りがすっきりしているので、小顔効果がある人気のデザイン。

洗練された大人の着こなしができるので、転職活動に取り入れても問題ありません。

しかし、中には丈が短いものや、デザインが個性的なものもあるので、選ぶ時は注意が必要です。迷った場合は、スタンダードな襟付きジャケットにしましょう。

ジャストサイズを選ぶ

面接時に着る服装は、必ず事前に着て全身をチェックしましょう。特にスカートスタイルの場合は、立ち姿と座り姿を確認することが大切です。椅子に座った際、思ったよりスカート丈が短くなり過ぎた、ということもあります。

スカート丈は、ひざ下が安心です。服装のサイズが合っていないと、見た目が悪いだけではなく、自分自身も着心地が悪く、面接にも集中できません。

転職活動の髪型・小物の選び方

服装だけばっちり揃えても、髪型や小物が残念なら、せっかくの良い印象が台無しになってしまいます。面接時の服装は、トータルコーディネートを意識することが大切です。髪型、くつ、鞄などの小物類までしっかり意識しましょう。

髪型は清潔感第一!

髪型は、顔の印象を左右する重要なポイントです。面接の際は清潔感を重要視しましょう。そして、顔の表情がよく見えるような髪型にすることも大切です。前髪が目にかかりすぎていない。セミロング・ロングヘアの場合はひとつにまとめる。

ボブ・ショートヘアの場合はサイドの髪は耳にかける。顔周りをすっきりと見せましょう。

おじぎをした時に、顔に髪がかからないような工夫が大切です。

髪色は明るすぎないカラー

自分本来の、そのままの髪色がベストです。しかし、すでにカラーリングしている方でも、暗めのブラウンであれば問題はありません。髪色の基準は、あくまで自然な印象を与えるかどうか。

金髪や明るすぎる色は不自然な印象を与えてしまうので、転職活動を機に、変えることをおすすめします。

くつはプレーンなパンプス

身だしなみが足先まで整っているか、くつを見ている面接官も多いです。パンツでもスカートでも、装飾のないプレーンパンプスがおすすめです。ヒールの高さは、3センチから5センチだと安定感があり、スタイルもよく見えます。

ヒールが低い分には問題ありませんが、高すぎるヒールは避けましょう。あわせて、くつの汚れも綺麗にしておくのも忘れずに。

アクセサリーは控えめに

転職活動では、基本的にアクセサリーはつけない方がよいでしょう。結婚指輪は問題ありませんが、ピアスやネックレス、指輪など、アクセサリーが目立つのはあまり印象がよくありません。

アクセサリーをつける場合は、小ぶりなデザイン、控えめな色のものを選びましょう。服装同様、アクセサリーも自己主張は必要ありません。

鞄はA4サイズ以上

転職活動の面接では、履歴書や職務経歴書が折りたたまずに入る、A4サイズ以上の、大きめのサイズがおすすめ。会社から、資料をいただいて帰る場合もありますので、書類が余裕をもって入るかどうか確認しましょう。

面接時、鞄を自分の足元に置く場合も考え、自立するタイプだとさらに安心です。鞄の色は、黒や茶、紺など落ち着いた色だと問題ありません。

ストッキング必須、タイツNG

スーツでもスーツ以外でも、くつには必ずストッキングを合わせてください。色はベージュ系の肌なじみの良いもの。冬の寒い時期はタイツにしたいところですが、そこは我慢。足元が美しく見えるストッキングを選びましょう。

転職活動の服装は、一見、没個性のように感じられると思いますが、それがビジネス面でのマナーであり、相手に好印象を与えています。せっかく面接の機会をいただいたのであれば、見た目の印象で、マイナスの評価は避けましょう。

第三者に意見を聞いてみる

結論として一番大切なことは「人からどう見えるか?」ということだと思う。
友人など第三者から意見をもらうことが非常に重要ではないかと思う。

ただ、「友人に見てもらうのは恥ずかしい。。。」といったケースもあると思う。
その場合、転職のプロである転職エージェントに相談してみるのも一つだと思います。
たくさんのケースを見ているので、有益なアドバイスをくれると思います。

転職エージェントは多数あると思いますが、例えば、まずは無難に大手(求人数、転職支援実績No.1で国内最大手)のリクルートエージェントなどに1回相談をしてみるのは良いかもしれないです。


非常に有名な転職エージェントですので、登録をしておいても損は無いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次