MENU

大人の転職、40代女性の面接勝負服

転職 面接 服装 女性 40代

40代での転職って勇気がいりますよね。敷居が高いのも去ることながら、他社からヘッドハンティングされていない限りはライバルも沢山。40代女性ともなると、経歴もしぐさも大切ですが、見た目もとても大切です。

お顔の表情とともに、ぱっと目に付く洋服等の見た目も勝負となります。40代女性の転職では、その見た目が評価に繋がるレベルは20代の人と比べると、断然に上がってしまいます。

だからこそ、大切にしたい面接の時の服装。この記事では、面接官に好印象を持たれる40代女性の面接勝負服を徹底解説していきます。

目次

面接時は第一印象重視!面接官に好かれる人になろう

初対面の人と会うとき、あなたはまず、どこに目が行きますか?通常、初対面の人に会うときの目線は、相手の顔、服装、雰囲気に目が行きます。面接官のほとんどは初対面の人を相手にするため、目線は同じ。

緊張している中、笑顔を作ることもとても大切な事の一つですが、見た目の一つとして、面接時の服装も、相手に好印象を持たれるためにはとても大切です。では、どの様な服装が面接官に好印象を残せるのか?

それは、色合いや洋服の組み合わせ、汚れやほつれがないか、派手過ぎず、地味すぎず、40代女性として、落ち着きや清潔感が感じられる服装になります。その様な服装は、面接官に好まれ、第一印象を良くするための自分のアピールポイントになります。

また、カジュアルすぎるのはNG。面接時にはスーツの着用をお勧めします。次の項目では具体的にどのような洋服が好まれるのか、40代女性の転職に適した服装を紹介します。

40代女性、転職の面接時にリクルートスーツの着用は大丈夫?

大人の面接だからと張り切ってカチカチのスーツで面接に挑む人がいます。それはそれで良いのですが、面接と言ったらリクルートスーツという様に、勘違いされている人が中にはいるかもしれません。

面接時に来ていく洋服に対して、必ず守らなくてはいけないという様なルールはありませんが、40代女性の面接だからこそ、気をつけたい点があります。その一つとして、リクルートスーツの着用です。

リクルートスーツは上下のセット販売がされていたり、一つ一つ揃えるより、安価に購入できる事もあるため、手が出しやすく、面接時に気兼ねなく着ていけるイメージがあります。

しかし、リクルートスーツは、一般的に若々しいイメージがあり、40代女性のように人生経験を積んでいる年代に、リクルートスーツは不釣り合いに見えてしまう場合があります。絶対にダメという訳ではありませんが、40代の女性ならば、避けた方が無難といえます。

大人のコーディネート、ジャケットは必要?

結論からいうと、面接時にジャケットを着用した方が好印象を持たれやすい傾向にあります。では、どの様なジャケットが好まれるのか?ジャケットも探してみると色々な形、色味、柄があります。

大人の転職では、カジュアルなものより、少しフォーマルなものを意識した方が面接時に好印象を持ってもらえます。

結婚式や子供の入学式、卒業式で着用するようなスーツ、おしゃれ着として襟のついていないジャケットや、ストライプ、ドット等の柄の入ったものはビジネスシーンではお勧めできません。

また自宅にあるジャケットでサイズが合わない、色あせてしまっている、ほつれがあるなど、シミやしわ、ヨレがあるなど見た目で気になる事がある場合は避けた方が良いでしょう。

面接時に好まれるジャケットは、無地のもの、柄が入っていないもの、色はネイビーか黒が40代女性の安定や落ち着き、信頼の印象を面接官に残せます。ジャケットの生地にもよりますが、光沢が程度入っているものを選ぶと清潔感が出ます。

また、着丈や袖の丈、肩幅などご自身の体形に合ったものを選ぶこともとても大切です。

パンツスタイルで挑むか、スカートスタイルで挑むか。どちらが面接時には良い?

面接時の服装として、パンツスタイルとスカートスタイルどちらが好まれるのか?その答えはどちらでも構いません。パンツスタイルの方が相手に与える印象として、スマートで洗礼されたイメージを、スカートの場合はフェミニンで柔らかく女性らしい印象を持たれます。

面接を受ける会社の印象や社風、女性が多く働いている環境か、男性が多く働いている環境なのか、転職する職種によってパンツスタイルで行くか、スカートスタイルで行くかを決めても良いかもしれません。

ジャケットとのバランスや色味を考えて上下セットで販売されているものがコーディネートも簡単で好ましいのですが、もし別々に購入、もしくは手持ちの物で合わせたりする場合は上下の色を合わせたり、インナーとのバランスを見てパンツやスカートを淡いベージュや白に変えても良いでしょう。

パンツスタイルの場合、履いていく靴とのバランスをよく確認し、長すぎず、短すぎないように気をつけましょう。パンツを履いて座った時にくるぶしから大幅に上に上がる場合は短すぎです。また、靴を履いた時に靴のヒール部分が隠れてしまうのは丈が長すぎます。

スカートの場合は、立った時に膝が見えると若々しい印象、膝が隠れると大人っぽい印象を与えることができます。ただし、座った時に膝より大幅に上に上がってしまうと印象が悪くなるので注意が必要です。

逆にロングスカートはカジュアルな印象を与えやすくなるため、避けてください。パンツスタイルにせよ、スカートスタイルにせよ、上下のバランスと相手に与える印象を考えて選んでください。

大人の女性のインナー選び

スーツといったら、白いワイシャツがセットのように思われがちですが、大人の女性の面接スタイルでは白いワイシャツだけでなく、カットソーの様にフォーマルながらも少しくずしたスタイルも面接官に好まれます。

ワイシャツを選ぶ場合は、白色や薄いブルー色で襟付きの物を選ぶと真面目さや清潔感、責任感の強さなど、とても良い印象を与えることができます。

また、カットソーでコーディネートする場合は、白やオフホワイト、淡いピンクやグリーンやブルー色を選ぶと女性らしさや柔らかさ、柔軟性、清潔感といった印象を相手に持ってもらえます。

ワイシャツを選ぶ場合や、カットソーを選ぶ場合に共通した注意点として、胸元が大きく開いたものはNGです。また、インナーに淡い色を持ってくると中の下着が透けやすくなります。

下着が透けないように配慮することも非常に大切です。また、シミ、シワ、サイズ感などにも気を使えると、しっかりとした印象を与えることができます。

大人の面接、靴やバッグ、アクセサリーの選び方

靴やバッグ、アクセサリーは出来れば自宅にあるものを身に着けたいと考えている方も多くいらっしゃると思います。しかし、40代の転職を考えている女性にとって、アピールすべきポイントは他にもあるはずです。

では、どのようなもの靴やバッグ、アクセサリーが面接時に適しているのか?例えば靴。上はしっかりとしたスーツで決めているのに履く靴が汚れていたり、履き古していたり、サンダルやミュールであったりすると面接官への印象がダダ下がりしてしまいます。

面接時に履く靴のお勧めとして、ある程度の品のあるヒールがある靴、擦れや汚れがなく、歩きやすさを感じられる靴、デザインがシンプルなものがおすすめです。色は黒が無難ですが、インナーカラーやボトムスとのバランスを考えて選ぶことをお勧めします。

バッグは布生地のものは避けて、派手過ぎず、大きすぎず、汚れやヨレのない物、ブランドのロゴが派手に入っていないものを選び、黒やネイビー色のシンプルなものを選ぶと良いです。

また、面接時に沢山の書類等が配られる可能性も考えて、書類の入る大きさの肩掛けバッグが使いやすいものになります。アクセサリーは全く無しだと40代女性の品が下がってしまいます。

しかし、大きく派手なものは面接では好まれないため、大人の気品を醸し出す、小さめな一粒ダイヤや小ぶりなパールのネックレスやイヤリングがお勧めです。若いころには持っていなかった豪華な装飾品やブランド品を今は沢山持っている方も多いと思います。

しかし、40代女性の転職ともなると、装飾品で身を固めてはご自身の良さを面接時にアピールできなくなってしまいます。装飾品や服装はあくまで控えめに、自分の良い部分が前面に出るよう心掛けてください。

面接時に何を身に着けていくかで面接官への印象が大きく変わります。人とは違う、差をつけたい気持ちが前面に出ていては、自己主張が激しいと思われ逆効果。まずは第一印象をよくするために、他の人からの目を意識するのが40代女性の転職、面接に大切です。

40代女性の転職は色々な見方をされることがありますが面接の際は、40代女性の持つ品の良さや、優しさや賢さを外見からもアピールし、面接官に若い方とは違う良さを表現できると、次へつながる転職への歩みを進められるので、ぜひ服装に気を使ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次